水漏れ修理を業者に依頼するとき
知っておきたいこと

水道の蛇口や排水管から水漏れを起こしていると、慌ててしまいます。自力で直せるならいいのですが、多くの場合は修理が必要でしょう。水漏れを修理業者に依頼するときのコツを紹介します。

水漏れの種類とは?

・パッキンが劣化している
水道の蛇口を閉めてもぽたぽたと垂れるような場合は、パッキンの劣化が関係している可能性があります。パッキンはホームセンターでも売られており、道具があれば自分で交換も可能です。交換はそれほど難しいことではなく、自分で対処ができます。

・給排水ホースの劣化
金属の給排水を使っていない場合は、経年により劣化している恐れがあります。劣化で亀裂が入ったり、穴が空いたりすれば、漏れている箇所を特定できるでしょう。長年使って劣化したホースは交換が必要です。

・ナットのゆるみ
蛇口周りや給排水ホースの水漏れは、ナットの閉め忘れがないか確認しましょう。交換をしていなくても、長く使っているとゆるんでいる場合があります。ナットのゆるみで水漏れが発生しているときは、ナットをしめるだけで水漏れを解消できます。

水漏れで起こるリスク

・水道料金が上がる
水道料金がいつもより上がっているときは、どこかから水漏れしているかもしれません。検針でも水道使用量が増えていることが確認され、水漏れがないか注意勧告してくれるケースもあります。普段から水道料金に注意しておき、水漏れを予防しましょう。

・カビや腐食の原因
少しの水漏れであっても、長期にわたって水漏れしていれば、カビや腐食の原因となります。見えない部分で水漏れが発生していると、なかなか気がつきません。カビや腐食があれば、水道回りを交換する必要性が出てきます。

・集団住宅で損害賠償の恐れ
賃貸住宅など集合住宅に住んでいる場合は、水漏れに注意が必要です。大量の水が漏れてしまえば、下の階にも影響が及びます。他人の家の家具や家電製品を破損してしまえば、弁償しなければなりません。集合住宅は水漏れを早めに確認し、被害を最小限に食い止めましょう。

水漏れ修理業者の選び方

・24時間365日対応の業者
水漏れは緊急性が高いため、24時間365日の対応が可能な業者を選びましょう。早朝や夜中でも対応してくれる業者なら、被害を最小限にできます。水漏れの量が少なくても、放置時間が長ければ水道料金が上がり、住宅被害も出るため早めの対応がおすすめです。

・費用が納得できる業者を選ぶ
水道の水漏れといっても、原因はさまざまです。一概にいくらで直せるとはいえません。それぞれのケースで費用が異なるため、事前に見積もりを出してもらってください。納得できる金額を提示してくる業者なら、そのまま修理を依頼してもいいでしょう。

・保証が付いている
水漏れの修理をしても、再び不具合が出ることがあります。保証制度が付いている業者を利用すれば、修理後のアフターサービスが整っています。確実に修理をお願いしたいときは、修理後のトラブルに対応できる保証付き業者がおすすめです。

水漏れ修理後に確認したいこと

・火災保険の確認
水漏れで被害が出たときは、火災保険をチェックしましょう。火災保険は火事の被害だけでなく、水漏れにも対応しているものがあります。床材や家具に被害が及んだときは、火災保険で修理料金をまかなえるかもしれません。

・水漏れ箇所は乾燥させておく
水漏れした時間が短くても、周りに水が触れています。後々カビや腐食の原因にならないためにも、しっかり乾かしておきましょう。完全に乾くまで物を詰めないで、ドアや引き出しを開放しておくのがおすすめです。すでにカビがあるときは、除菌対策も加えておいてください。

プロに依頼したい修理内容

・水道管が破裂している
水道管が破裂している場合は、管ごと交換が必要です。自分で取り換えは難しいため、修理業者に依頼しましょう。一部の管が破損している場合は、見えない部分も破損している恐れがあります。プロの目でしっかり確認してもらい、水漏れを防いでください。

・すぐに漏れを解消したいとき
集合住宅で水漏れを起こしているときは、素早い対応が求められます。自分で対処できないと判断したら、早めに修理業者へ依頼しましょう。水道のトラブルで大量の水があふれることは少ないですが、緊急性が高いときは迷わず修理業者に依頼してください。

・屋外で水漏れしているとき
屋外にある給排水管が水漏れを起こすこともあります。地面に埋まっている排水管から水が染み出ている場合は、配管の破損や故障を疑いましょう。被害が大きくなってからだと高額な費用が発生するため、早めの修理がおすすめです。
水漏れ修理のコツは、下記リンクからもご確認いただけます。

まとめ

家庭の水漏れで最も多いのが、蛇口からの水漏れです。
蛇口の水漏れは、パッキンの交換で直る場合があります。
それ以外の部分で水漏れが発生している場合は、特殊な工具が必要となるケースがあります。
自力で直せない水漏れは、業者に修理を依頼しましょう。