本屋での彼女の作り方とは?

本屋で実践できる彼女の作り方なんて聞くと、クエスチョンマークが頭に浮かぶ人も多いかと思います。しかし、本屋というものは男女の出会いに満ちている場所で、特にお客さんもスタッフも女性が多いことに気付かされます。

本屋での彼女の作り方はナンパが苦手な人には難しい

本屋での彼女の作り方は、基本的にいきなりの声掛けから始まります。つまり、ナンパに近い形にはどうしてもなってしまいます。本屋や書店でナンパするというのは、お客さんにもスタッフにも嫌われがちな行為。しかしながら、事実、声をかけられるのを待っているという女性がいることもあります。そのため、例え本屋だとしても、好みの女性を見つけることができたら、声をかけてみる。もし嫌がられたらそこで引き下がればいい。それくらいの心構えでいるといいのかもしれませんね。

本屋での彼女の作り方のメリット

読書好きの女性を彼女にしたい…そう思ったら、まずは本屋へと足を運んでみましょう。本屋に通う女性には当然、読書好きが多いものです。そのため、「読書を一緒に楽しめる女性」を彼女にしたいという方は、ある意味本屋で彼女を探すのは最善の方法の一つかもしれませんね。
また、本屋での彼女の作り方のメリットとしてもう一つ大きなものがあります。それは、知識や雑学の引き出しが豊富な、理知的な大人っぽい女性と出会えるという点です。若い女性に多いキャピキャピした雰囲気ではなく、大人の冷静さを兼ね備えたミステリアスな彼女もいいですよね。本屋での彼女の作り方には、こうした女性と知り合えるというメリットもあるのです。

本屋での彼女の作り方のデメリット

本屋での彼女の作り方の最大のデメリットは、どうやってもナンパのような形での声掛けをせざるを得ないという点にあります。本屋に来る女性は、基本的に本が読みたくて来ているのです。そのため、彼女作りを目的として来店し、ナンパをしてしまうと嫌がられる可能性だってあります。

また、本屋での彼女の作り方のデメリットとしてもう一つあげられるのが、無口な女性が多いという点です。万が一彼女にすることが成功したとしても、無口すぎてあまり一緒にいて楽しくないということになりかねないかもしれません。

そのため、よく喋る元気な女の子が好きな男性の彼女の作り方としては、あまり向いている方法では無い可能性があります。


彼女 作り方 本屋

本屋での彼女の作り方はおすすめしない

同じ本屋さんにしょっちゅう通って、彼女の作り方を試行錯誤するのだけはやめておきましょう。本屋の店員さんは意外にもお客さんが店内で何をしているか見ています。監視カメラだってあります。

本屋で彼女を作ろうとして何度も何度も同じ書店でナンパを繰り返していると、それが監視カメラに映像として残り、その証拠をもとにナンパされた女性と店が繋がって通報される場合だって考えられます。

そのため、本屋を利用した彼女の作り方はおすすめできません。どうあがいても、その方法がナンパ風の手段になってしまうからです。爽やかにナンパできるイケメンであれば話は別ですが、なかなかそうもいきませんよね…。