効果を最大限に発揮!
LINE@活用術3選

メッセージ配信の効果を高めるには、メッセージの内容を充実させることはもちろんですが、配信時間帯や配信頻度を考慮することも大切です。

「時間」と「頻度」について、メッセージ配信の効果を高めるポイントをご紹介!

*LINE公式アカウントとは旧LINE@のことです

ポイント1:メッセージは話し口調で配信する

LINE@ではお客さまと接触頻度を高めて、信頼関係を構築していくことが大切です。

よりお客さまに親密度や信頼度を高めるためには、「〜ですよね」や「〜だよね」など話し口調で配信します。

まるでその人と1to1でやりとりをしているかのように柔らかめの口調でメッセージを配信すると良いでしょう。

LINE公式アカウントは「コミュニケーションツール」のひとつです。

お客さまがスタンプや一言メッセージを返信するなど、アクションを起こしやすくなるようにメッセージを配信すると親近感が湧いてきますね。

ポイント2:配信頻度は
3日に1回〜週5日・週1〜3回



コーチ・コンサル・セラピストなど無形の商品を扱っている場合、配信の頻度は3日に1回〜週5回です。

以前は3日に1回といわれていましたが、最近では週5回でもお客さまの反応が良くなっています。

また、店舗系の治療院や飲食店は週1〜3回が良いです。

このように、配信の頻度はお客さまの反応によって変えていくと良いでしょう。



ポイント3:生活リズムに合わせた配信時間を選ぶ

基本的には20時〜22時に配信します。

しかし、店舗や業種・ターゲット層によって効果的な
配信時間は異なります。

例えば、ターゲットが主婦層であれば、お昼の時間帯の少し前に配信をします。

お昼のちょっとした休憩時間にLINEをチェックしているので、反応が良くなります。

比較的ユーザーの余裕がある時間帯に配信することで、
メッセージを読んでもらいやすくなりますね。


*配信時間は少しずらすと埋もれにくい

メッセージ配信は毎時00分に配信するのではなく、例えば「02分」など少しだけ時間をずらして配信します。

なぜなら、多くのライバル店舗はメッセージを毎時00分に配信しているため、同じように00分に配信すると、メッセージが埋もれてしまうからです。

例えば、20時00分なら20時03分のように少し時間をずらすのがポイント!

このように少し時間をずらすだけで、自分のトークルームを上位に表示させることができ、メッセージ配信が見られやすくなります。

おわりに

LINE公式アカウントのメッセージ配信は、店舗や個人事業主とユーザーの距離を縮めるためのコミュニケーションツールです。

近年、増えつつあるリモートワーク。

SNS集客からLINE公式アカウントを活用する方も増えてきています。

最新のLINE公式アカウントの活用方法を参考に、自社の配信を効果的に運用してみてくださいね。