東京で目の下のたるみ治療ができる
クリニックについて

目の下のたるみに悩まされている女性も多いのではないでしょうか。今回は、目の下のたるみの原因や東京で治療できる美容クリニックなどについて紹介していきます。どんな治療法があるのかも見ていくので参考にしてみてください。

 

目の下のたるみの原因

こちらでは、目の下のたるにはどんな原因があるのかを見ていきましょう。目の下のたるみにはどんな原因があるのかを知ることで予防や対策をたてることができます。

 ・筋肉の衰え

目の周囲を覆っている「眼輪筋」という筋肉があります。眼輪筋が衰えることで、脂肪が前に出ないように押し込めていた役割がどんどん弱くなってくるのです。弱くなることで脂肪を支え切れなくなりたるみにつながります。

 ・肌のハリや弾力の低下

肌のハリや弾力が低下することで目の下のたるみにつながると言われています。そのため、スキンケアとして肌内部のコラーゲンやエラスチンの生成を促すことが重要なのです。

 ・紫外線

肌の状態を悪化させるものとして「紫外線」があります。先述した肌のハリや弾力の低下は紫外線の影響によって引き起こされると言われています。スキンケアをせずに放置していると肌の状況がどんどん悪くなってたるみを悪化させてしまいます。

目の下のたるみ治療法について

こちらでは、目の下のたるみ治療にはどんなものがあるのかを見ていきましょう。さまざまな治療法があるので自分に合うものをしっかり見つけてください。

 ・脱脂法

余分な脂肪を取り除く施術であり、切らない目の下のたるみ治療と言われています。下まぶたの裏側から脂肪を取り除くのでメスを使うことがありません。傷跡が残らない、ダウンタイムが短期間などさまざまなメリットがあります。

 ・ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸を注入することで目の下をふっくらとさせる治療法です。注入した直後から効果を体感できるので、即効性のある治療を求めている人におすすめです。ただ、赤みやむくみ、内出血などのリスクもあります。

 ・金の糸

髪の毛ほどの細さしかない糸を肌の真皮層に埋め込む治療法です。金の意図を埋め込むことで細胞を増加しようとする作用と異物を排除しようとする作用が働いて肌の活性化につながります。

目の下のたるみを悪化させる行動とは?

こちらでは、目の下のたるみを悪化させる行動について見ていきましょう。自分にとっては何気ない行動であっても状態を悪化させる場合があります。

 ・長時間のスマホやPC作業

アプリゲームなどが主流になってから、スマホを使う時間が増えた人もいるはずです。長時間のスマホ操作、PC操作は目の下のたるみを悪化させる可能性があります。

 ・睡眠時間が取れていない

忙しい人は睡眠時間をまともに取れていない人もいるでしょう。実は、睡眠時間が短い人は目の下のたるみが悪化しやすいのです。その理由としては、睡眠は疲労回復効果があります。睡眠時間が短いということは疲労が抜け切らずに身体に悪影響を及ぼしてしまうのです。その結果、改善されるはずだった目の下のたるみがいつまでも残り続けることになります。

 ・目元に刺激を与えている

クレンジングやマッサージなどで目元に刺激を与えすぎていても目の下のたるみを悪化させる原因になります。眼輪筋を鍛えるためにフェイスマッサージをしていたつもりが、実は逆効果になっていた問う人もいます。

東京で目の下のたるみ治療ができる美容クリニックについて

こちらでは、東京で目の下のたるみ治療が受けられるクリニックについて見ていきましょう。加齢と共に目元の悩みが出ている人は、前向きに美容治療を検討してみてください。

 ・セオリークリニック

切らない目の下のたるみ治療に特化したクリニックです。患者に合わせた治療提案をしてくれますが、なるべく身体に負担がかからない施術を提案してくれます。

 ・SOグレイスクリニック

脳神経外科学会専門医が院長を務めるクリニックです。脳外科手術顕微鏡を用いた治療を行っているので技術力の高さに定評があります。切らない目の下のたるみ取りは院長オリジナルの施術方法であり、東京以外からも治療を求めてやってくる人がいます。

 ・オザキクリニック

レーザー治療や注入術のように切らないたるみ治療をメインにしているクリニックです。メスを使わないことで身体への負担を最小限に抑えることが出来ます。たるみが進行している場合はしっかりと症状を把握して、患者に適切な治療を行います。

東京で目の下のたるみ治療に特化したクリニックについて知りたい人は
こちらのサイトをご覧ください。

まとめ

東京にはさまざまな美容クリニックがあります。
その中には目元治療を得意とするクリニックも少なくありません。
目の下のたるみに悩んでいる人は、
身体に負担が少ないメスを使わない治療を検討してみてはいかがでしょうか。