お風呂を20万円で格安リフォームしました

夫も子供もお風呂が汚いとよく言うので、我慢せずにリフォームしたいと考えるようになりました。

ただ、生活にそれほどゆとりがあったわけではなく、子供を三人も抱えていたので、無駄にリフォーム費用はかけられないというのが正直な気持ちでした。

格安でリフォームするにはDIYしかないと思って勉強を始めたのですが、あるときに夫がタウンライフリフォームで色々と調べてきてくれました。

プロに依頼しても格安でお風呂リフォームができるかもしれないと言うのです。

夫に言われるがままにタウンライフリフォームの公式サイトで見積もりを取ってみると、20万円くらいで十分にきれいにできるとわかりました。

新品同様のお風呂になって、とても良かったと思っています。

お風呂・浴室リフォームを激安で行う方法

リフォーム費用を安く抑えるためにできることの中には、商品そのものと工事費があります。

激安・格安のお風呂リフォームのポイントは、低価格のユニットバスを選び、工事費の安い業者に任せることです。また、リフォーム会社によっても購入価格や工事費は異なります。

一方で、商品自体の価格が低ければ低いほど、購入価格だけではカバーできないので安心です。リフォームパッケージで提示されるのは、機器自体の交換のみの価格です。

工事費の内訳には、「接続工事」や「交換工事」など、詳細がわかりにくい表記が含まれていることが多いので、各費用項目の内容については、リフォーム会社に聞いてみるとよいでしょう。

逆に、メーカーやデザインにこだわると本体価格が高くなるので、求める機能は最小限に抑えましょう。

以下の本体価格は、業者の仕入れ価格によっては半額以下になることもありますので、最終的に必要となるリフォーム費用の見積もりを依頼する際には、ぜひご相談ください。

業者の中には、どこよりも安い価格を提示して契約させておきながら、わざと欠陥のある工事をしたり、追加料金を請求したりするところもあります。

"安価な商品を使ったユニットバスを選び、工事費の安い業者に工事を任せる"ことで、リフォーム費用を抑えることができます。

格安でお風呂リフォームをするポイント

リーズナブルにバスルームをリフォームするためには、総費用と内訳ごとの費用相場をしっかりと把握しておく必要があります。その中でも、すべての人が持っているわけではない浴室テレビやジェットバスの費用は、いずれも10万円台前半となっています。

浴室リフォームの費用は、ユニットバスなどの浴室そのものにかかる費用と、リフォーム工事にかかる費用の2つに大きく分けられます。どの専門業者を利用したらいいかわからないという方には、一括見積もりサイト「ヌリカエ」がおすすめです。

リフォーム費用には、大きく分けて「浴室本体の費用」と「工事費用」の2種類があります。

また、「次世代住宅ポイント制度」では、高断熱浴槽や節水型水栓などの設備を導入すると、設備費用に相当するポイントが付与され、さまざまな商品と交換することができます。

ただし、機器を購入する場所によっては、価格が安かったり、商品の品揃えが豊富だったりと、メリットがあるので、機器販売会社を選ぶことが大切です。

以下の3つのオプションをすべて加えると、相場は坪単価20万~60万円、お風呂のリフォーム費用の目安は総額80万~170万円程度になります。

追い焚きや自動給湯ができる給水・給湯機能を備えたお風呂であれば、相場は7~30万円です。

給湯機能が付いていない安価な給湯器もありますが、機能性を考えると給湯機能が付いているものを選ぶと良いでしょう。

浴室・ユニットバスのリフォームと交換費用

バスルームのカビや汚れが目立ち始めたり、一見きれいに見えても内部が劣化し始めていたりと、バスルームのリフォームを考え始める時期でもあります。

各商品ページでは、オンラインでオプションを変更したり、見積内容や価格をリアルタイムで確認することができ、大変好評です。ぜひお試しいただき、無料見積もりをご依頼ください。

浴室の半分を占めるほどの大きさなので、今回のリフォームでも「こんな風にしたい」とこだわりを持つ方が多いです。

以前にはなかったオプションが用意されていたり、同じパーツでも進化していたりするので、ぜひプラスアルファの機能をチェックしてみてください。

例えば、TOTOでは「床ワイパー洗浄」、LIXILでは「まる洗いカウンター」、パナソニックでは「酸素美泡湯」などがあります。

他にも、同じメーカーの製品でも、特定のオプションのために○○と△△に分かれている場合がありますので、欲しいオプションが決まっている場合は注意が必要です。

デザインオプションによる外観のカスタマイズや機能性の向上だけでなく、お風呂をリラックスする場所と考えて、浴室テレビなどのオプションを付ける人も増えています。

また、ヒートショックや花粉症対策のために洗濯物を室内で乾かしたいというニーズは年々高まっており、浴室換気乾燥機やヒーターなども人気のオプションとなっています。