大阪で矯正歯科へ行くときに
知っておきたい点とは?

昔から歯並びに自身がなくて、人前で上手く笑顔を作れないという方におすすめしたいのが歯列矯正です。この記事では歯列矯正の基本から、歯列矯正のメリット、歯列矯正に使われる器具などをまとめました。また、大阪でも評判の良い矯正歯科に関する情報についてもご紹介しますので、お近くの方は参考にしてください。

矯正歯科の基本

・そもそも歯列矯正って?

歯列矯正とは、さまざまな器具を使って歯並びを物理的に美しくすることを指します。よく子供が銀色の矯正器具を歯に装着していることを見かけますが、歯列矯正を行っているのは子供だけではありません。大人になってからでも歯並びを美しくしたい方が矯正歯科で治療を受けているのです。

 

・歯列矯正の流れ

歯列矯正をするにあたり、まずは矯正歯科でカウンセリングを受けることになります。歯列矯正で使われる器具にはさまざまなものがあり、それぞれメリット・デメリットがあります。自分にはどのような器具が適しているのかじっくりと相談してください。次に行われるのが精密検査です。精密検査ではレントゲン撮影や口内の写真撮影などが行われ、この結果に基づいて治療計画が立てられます。もしこの段階で虫歯が見つかれば必要に応じて治療・抜歯が行われます。そして、口腔内の環境が整ったらいよいよ矯正治療のスタートとなります。

歯科矯正のメリット

・自分のルックスに自信を持てるようになる

歯列矯正を受けるメリットにはさまざまなものがありますが、まず挙げられるのが「自分の笑顔に自信が持てるようになる」ことではないでしょうか。歯並びが悪いことをコンプレックスに感じていた方にとって、美しい歯並びは憧れそのものです。

 

・虫歯や歯周病のリスクを低減できる

歯列矯正はコンプレックス解消のためだけにあるわけではありません。歯並びが悪いとそこの部分だけブラッシングがしにくくなってしまい、虫歯や歯周病の原因となります。歯列矯正によって美しい歯並びを手に入れることができれば、日常のデンタルケアがよりしやすくなるのです。虫歯や歯周病によって歯を失ってしまうと、好きなものを自由に食べられなくなってしまってストレスを感じるほか、栄養面に偏りが出る可能性があります。

・大人の歯列矯正にはデメリットも

子供の頃に行う歯列矯正と比較して、大人になってから行う歯列矯正には痛みが伴うケースがあります。子供は歯や歯茎が成長過程にあるので、矯正器具を装着してもそこまで痛みを感じることはありません。しかし、大人は口内環境が完全に完成してしまっているので、歯列矯正により無理に力が加わると痛みが生じることがあります。

矯正器具の種類

歯列矯正を受けるに当たり使用される器具には大きく分けて、「ブラケット」と「マウスピース」の2つがあります。「ブラケット」というのは歯の表面に器具を固定し、そこにワイヤーを通すタイプのものです。

ブラケットはさまざまな歯並びに対応することができますが、自分で取り外すことができない、金属製のブラケットは非常に目立つなどのデメリットがあります。目立たない歯列矯正を希望するなら、「マウスピース」による治療をおすすめします。また、マウスピースはブラケットと異なり、自分の意志で取り外すことが可能です。いつもどおりデンタルケアを行うことができるというメリットがある一方で、マウスピース装着時は唾液が口内に行き渡りにくくなるため、虫歯菌が繁殖しやすくなるというデメリットがあります。矯正器具にも種類があることに加え、歯の表側で矯正を行うのか、裏側で行うかにもよって違いが生まれます。どの方法が自分に適しているのかわからないという方は、遠慮なく矯正歯科医に相談してくださいね。

信頼できる矯正歯科の見分け方

・「認定医」かどうかをまずはチェック

いざ歯列矯正を受けようと思っても、歯列矯正歯科が多くてどこへ通えばいいのかわからない!そんな経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。そんなときに一つの基準となるのが、「専門医」が在籍しているかどうかです。専門医は日本矯正歯科学会が定めた厳しい基準をクリアしているため、安心して治療を受けることができるでしょう。

 

・ホームページで実績を調べよう

認定医が在籍していることが矯正歯科を選ぶ上での一つの基準にはなりますが、認定医ではないからと言って治療の質が低いわけではありません。矯正歯科のホームページには治療実績が掲載されているケースがあります。そこで多数の症例に対応しているのが確認できれば、「百戦錬磨」の矯正歯科医と考えることができるでしょう。

以下に大阪で人気のある矯正歯科についてまとめたので、お近くの方はご確認ください。

まとめ

矯正歯科と一言で言っても、治療に使われる器具は多岐にわたり、
治療期間も年単位でかかってきます。
後悔のない治療にするためにも、どの矯正歯科に通うかは重要なポイント。
今回ご紹介した基準を参考に自分にぴったりの矯正歯科を見つけてくださいね。