なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

トイレのつまりを
自分で直す方法

毎日トイレを使っていると、一度や二度くらいトイレをつまらせた経験があるはずです。初めての経験だと焦ってしまい、直し方がわからないと思います。トイレのつまりを自分で直す方法を紹介していきます。

トイレがつまる原因

・水流が弱い
水道代の節約を心がけていると、トイレを流すとき小で流していることがあります。水流が弱いと排せつ物やトイレットペーパーを押し流す力が弱く、途中で詰まってしまうことがあります。また普段は小でつまらなくても、排せつ物やトイレットペーパーが多いときに注意が必要です。

・異物を流した
トイレの便器に異物を落としたときも、トイレのつまりの原因になります。とくに小さな子供がいる家庭では、おもちゃをトイレに持ち込み、そのまま便器の中に落とすことがあります。異物はそのまま放置してもつまりが解消できず、業者の利用が必要な場合も多いです。

・ペット用トイレ砂を流した
普段からペット用トイレの砂を流している場合も、トイレつまりの原因となることがあります。トイレに流せるペット用砂であっても、大量に流せばつまります。砂自体が溶けても、排せつ物や毛などが絡み合い、詰まりやすくなっていることがあります。

自力でトイレの詰まりの直す方法

・お湯でふやかす
トイレットペーパーや排せつ物が詰まったときは、便器内にお湯を入れてみましょう。異物がふやければ、流れやすくなります。1時間経っても解消できなければ、他の方法を試してください。また熱湯は陶器が割れる恐れがあるため、ぬるま湯で試しましょう。

・クエン酸とお酢で溶かす
ホームセンターなどで売られている重曹とクエン酸は、混ぜると詰まり解消に役立ちます。2つの成分を混ぜ合わせると、発泡して詰まりを分解しやすいでしょう。頑固な詰まりの解消には難しく、軽いつまりのときに重曹とクエン酸対策がおすすめです。

・ラバーカップ
一般的なつまり解消は、ラバーカップの使用がおすすめです。ラバーカップは異物を引き上げる力があり、途中で止まっている異物を流しやすくします。ラバーカップの使用は周りに水が飛び散るので、周辺をカバーしてからやると汚れません。

つまりを放置するリスク

・つまりが解消しにくくなる
トイレがつまっていても、トイレの使用は避けられないでしょう。つまりを放置してさらに排せつ物を流すと、さらにつまりをひどくします。無理に水を流そうとすれば、便器から水があふれる可能性があります。自力でつまりを直せないと感じたら、早めに業者へ連絡しましょう。

・トイレが故障しやすくなる
最近のトイレはシャワートイレが付属しており、トイレで電気を使っています。トイレのつまりを放置すれば、水があふれ出て、トイレの電気系統の故障の原因になる恐れがあります。故障すれば高額な費用が発生するため、トイレのつまりは放置しないようにしましょう。

・周りに迷惑がかかる
一戸建てであっても、トイレのつまりを放置すれば、衛生上よくありません。排せつ物がきちんと流れず、お腹を壊してしまうかもしれません。とくに注意したいのが集合住宅で、自分の部屋だけでなく、下の階にも迷惑がかかるでしょう。

トイレをつまらせない対策

・子供を1人で入れない
小さな子供がいる家庭は、トイレに子供だけで入れないようにしましょう。子供が1人で排泄できるようになったら、トイレにおもちゃを持ち込まない約束をさせるのがおすすめです。トイレは遊ぶ場所ではないことを言い聞かせておくと、トイレつまり予防になります。

・トイレットペーパー以外流さない
トイレに流していいのは、トイレットペーパーだけにしましょう。流してもいいお掃除シートであっても、できるだけトイレに流さない工夫が必要です。また紙オムツや生理用ナプキンは、絶対にトイレに流さないでください。ポリマーが水を吸い込んで膨張し、トイレをつまらせます。

・トイレットペーパーを使いすぎない
トイレで使用するペーパーの量は、多くなりすぎないようにしましょう。大量に流す必要があるときは、数回に分けて流すと、トイレがつまりにくくなります。

業者に依頼する目安

・自力で直せない
ラバーカップなど道具を使ってもトイレのつまりが改善できなければ、業者に依頼しましょう。簡単なつまりであれば、数千円程度から直してもらえます。業者は高圧洗浄機を持っているため、家庭用のラバーカップより強力です。

・水があふれてきた
自力でトイレのつまりを直そうとすると、便器から水があふれ出てくることがあります。まわりが水浸しになるようなら、早めに業者を依頼しましょう。そのままだとトイレの使用もできません。

・つまり以外のトラブルが原因
単に排せつ物がつまっただけではないようなら、業者への依頼を検討してみましょう。トイレ自体の故障があれば、修理が必要です。トイレのトラブルが大ごとになる前に、早めに修理を依頼してください。
トイレのつまり解消法は、下記リンクでもご確認できます。

まとめ

トイレがつまったときでも、多少のつまり程度なら自力で直せることがあります。
トイレットペーパーや排せつ物のつまりが原因だと考えられる場合は、
ラバーカップを使ってみてください。
異物のつまりや、トイレの故障が原因の場合は、業者への依頼がおすすめです。