なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

旅費規程で社長の
キャッシュを最大化する方法

旅費規程を作ることは会社と社長|従業員に多くの経済メリットをもたらします。この小冊子では「出張旅費規程」で社長の手取りを最大化する方法」について解説しています。
特別レポート|無料進呈

内容説明

出張旅費規程とは、出張費や日当の扱い方を各企業ごとにルール化するためのものです。出張旅費規程を作成することで得られる大きなメリットが2つあります。それは、精算事務の簡略化と節税対策です。

メリット1|精算事務の簡略化
出張に行くたびに出張経費を精算する手間が発生し、大変なことになってしまいます。出張旅費規程にて実費精算ではなく固定額を支給することを定め、出張旅費精算を行うことができます。出張先の距離や時間に応じて支給額が定められており、その金額内で交通費、宿泊費を収めるようにする形です。交通費や宿泊先を調べて処理をする出張経費の精算で苦労されている経理の方は多いかと思いますので、出張旅費規程をを作ることで煩雑な事務作業を減らすことができます。

メリット2|節税対策
「旅費」とは、交通費・宿泊費・出張手当のことをいいます。会社にとって旅費は経費となります。旅費は実費精算を求められませんので、超過分だけ節税につながります。また、旅費は消費税の課税仕入れの対象になりますので、消費税の節税にもつながります。
例えば、年間30日出張をする社長で出張日当が1日2万円だとすると、30日×2万=60万が旅費となります。この60万は会社の経費なので法人税額の軽減につながります。その上旅費は課税仕入れの対象です。消費税課税事業者は「60万円×消費税率」の消費税節税にもつながるわけです。
一方個人は、非課税で受取ることができ社会保険料もかかりません。例えば、旅費60万円受取ったとするとその60万には税金も社会保険料の負担もありません。さらに旅費は実費精算は求められません。極端な話、新幹線の格安チケット購入などで実費との「差額」をポケットマネーとする事も可能なのです。
出張旅費規程の導入について解説しています。
「出張旅費規程」で社長のキャッシュを最大化する方法
特別レポート|無料進呈
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
この内容で送信する
(個人情報保護方針)
マネジメント株式会社|カスタマーサポート
TEL:052‐914‐5425(月-金9:00~17:00)
E-mail:management@n1001500.insurance-agt.ne.jp
462‐0021 名古屋市北区成願寺1-6 ザシーン城北A-2807