第5回ともいきフォーラム
「現代をともにいきる」
―多様化する人・家族・社会―

主催:公益財団法人 浄土宗ともいき財団
協力:芝学園 後援:読売新聞社
詳細は下にスクロールしてご覧ください。↓↓

お申し込み

モノがあふれる時代、インターネットが普及した情報化社会のなか、現代人のライフスタイルや価値観が多様化しています。
「個」を尊重することは大切なことですが、同時に「共生」を忘れてはいけません。
現代、そして未来へと続く豊かな日本社会づくりのために、今、私たちに必要な“ともいき”を語ります。

日程:2019年1月26日(土) 13:30〜16:00(開場13:00)
参加費:無料  定員:500名
場所:芝学園講堂
(東京都港区芝学園3-5-37)

プログラム

第1部 基調講演
「現代をともにいきる」
養老 孟司(大正大学客員教授、東京大学名誉教授、解剖学者)
「食にみる現代家族」
岩村 暢子(大正大学客員教授、キユーピー株式会社顧問)
第2部 パネルトーク
「豊かな日本社会づくり」
・パネリスト
養老 孟司
岩村 暢子
・コーディネーター
戸松 義晴(浄土宗総合研究所主任研究員)
第2部 パネルトーク
「豊かな日本社会づくり」
・パネリスト
養老 孟司
岩村 暢子
・コーディネーター
戸松 義晴(浄土宗総合研究所主任研究員)

講演・パネリスト

養老 孟司

大正大学客員教授、東京大学名誉教授、解剖学者
1937年神奈川県生まれ。1962年東京大学医学部卒業後、67年同大学大学院にて医学博士号を取得。81年同大学医学部教授。95年に退官後、北里大学教授、大正大学客員教授、同大学地域構想研究所顧問、東京大学名誉教授。解剖学者。2003年『バカの壁』は毎日出版文化賞、新語・流行語大賞を受賞。

岩村 暢子

大正大学客員教授、キユーピー株式会社顧問
1953年北海道生まれ。総研、大手広告会社を経て、大正大学客員教授、日本能率協会総合研究所客員研究員、キユーピー株式会社顧問。食卓を通して現代家族を見つめる調査を続けて22年目。「家族の勝手でしょ!」で、第2回辻静雄食文化賞。

コーディネーター
戸松 義晴

浄土宗総合研究所主任研究員

1953年東京都生まれ。慶應義塾大学、大正大学大学院卒業後、1989年よりハーバード大学神学校留学、神学修士取得。仏教者による生命倫理、死生観教育に携わる。現在、浄土宗心光院住職。浄土宗総合研究所主任研究員、国際医療福祉大学特任教授。

会場

芝学園講堂(東京都港区芝公園3-5-37)

東京メトロ日比谷線「神谷町駅」3番出口徒歩5分
都営地下鉄三田線「御成門駅」A5出口徒歩7分
JR「浜松町」徒歩17分
※会場には駐車場はありませんので、公共交通機関でご来場ください。

浄土宗ともいき財団のHPはこちら

お問い合わせ

浄土宗ともいき財団 事務局 ともいきフォーラム係
TEL 03-3436-3353 E-mail tomoiki-info@jodo.or.jp

※個人情報の取り扱いについて
お客様からいただいた個人情報は、当財団がフォーラムの事務処理および、今後のフォーラムの開催案内等に利用し、当該業務の委託に必要な範囲で委託先に提供する場合以外は、お客様の承諾なく第三者に提供いたしません。