このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
03-6230-9216
受付時間:平日10:00~17:00
トップページ

空き家活用や売却なら「株式会社Pursuers」へお任せください!

空き家の活用方法は多岐に渡るため、悩むことも多々あると思います。また、相続や転勤などの事情により所有して空き家を持て余している方も多いと思います。不動産に関しては、専門家に相談することで、お客様は、余計な時間を取られることなく、効率的に資産を活用する事が出来ます。

大手不動産仲介会社で長年の営業実績を有しており、不動産物件に対する目利き力と営業力を活かし、お客様の実情にあった解決方法をご提案いたします。

空き家問題

社会問題化する「空き家」

社会問題化する「空き家」

近年、少子高齢化や地方における人口減少などの理由により、空き家数の増加が社会問題となっています。
平成25年におこなわれ、平成27年に発表された「平成25年住宅・土地統計調査」(総務省統計局)では、空き家数は820万戸で全国の住戸の13.5%を占め、過去最高となりました。
平成30年は約846万戸に及び(総務省調査)空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)は25年と比べると、13.6%と0.1ポイント上昇し、過去最高を更新。
管理が行き届いていない空き家は地域に防災上、衛生上、景観上などの観点からさまざまな悪影響を及ぼします。
今後予想されるさらなる空き家増加に向けて、有効的な対策が求められています。
相続問題

相続問題

空き家が増える理由の一つに、相続問題があります。
所有者が亡くなった家は相続人に相続されますが、相続人のうち誰が継ぐかについては、相続人間で話し合われます。
しかし、不動産は数人で割って所有するのが難しい資産で、この点から「争続」になってしまうことが少なくありません。
結果として相続人全員で家を共有することになった場合、将来その不動産を売却するときには共有者全員の同意が必要となってしまいます。
こうして「売却するのが難しい家」となり、空き家が放置されてしまうのです。

空き家放置するリスク

土地と建物の機会損失
土地と建物の機会損失

空き家として放置されることで、土地または建物としての機会損失につながります。
土地を有効に利用すれば、経済活動や地域活性化に一役かうであろう空き家が、利用されることなく放置されているのは、とても残念なことです。また、世界的に見ても可住地面積の割合が低い日本において、人が住める土地を生かしきれないのは大きな機会損失ということになります。

老朽化による価値の低下
老朽化による価値の低下

劣化した空き家は資産価値が低下するため、経済的なリスクが高いです。空き家として人が住まずに長期間放置した場合、家はすぐに劣化します。土台や柱の劣化やカビや異臭などの問題が生じた空き家は、売却の際の修繕費など費用がかかる上に資産価値が低くなります。
不動産価値、つまり所有者の方にとっての資産価値が目減りする前に、対策を取る必要があります。

周辺地域への悪影響
周辺地域への悪影響

空き家を長期間放置した場合、建物の老朽化や景観の悪化により近隣住民へ悪影響を及ぼす可能性があります。
家は人が手入れをしないと劣化していきます。空き家が放置された場合、敷地内の管理も放置されている状態ですから、雑草や虫の繁殖、また小動物が家に棲みつき悪臭を放つなど様々な問題が発生します。劣化した住宅が街並景観を乱す場合もあります。

犯罪リスクの増加
犯罪リスクの増加

空き家問題は、不法侵入など犯罪に関連する恐れもあります。
空き家は住む場所のあてのない人、人目を逃れたい犯罪者にとっては、絶好の場所です。
不法侵入だけでなく、放火や薬物栽培などのケースも見られます。
こういった場合、近隣住民に大きな被害が生じたり、地域の治安の悪化につながってしまいます。

老朽化による価値の低下
老朽化による価値の低下

劣化した空き家は資産価値が低下するため、経済的なリスクが高いです。空き家として人が住まずに長期間放置した場合、家はすぐに劣化します。土台や柱の劣化やカビや異臭などの問題が生じた空き家は、売却の際の修繕費など費用がかかる上に資産価値が低くなります。
不動産価値、つまり所有者の方にとっての資産価値が目減りする前に、対策を取る必要があります。


空き家対策特別措置法

空き家対策特別措置法
国は増え続ける空き家問題に対処するため、2014年に空き家対策特別措置法を制定(2015年に施行)しました。
空き家対策特別措置法では倒壊の危険や周辺環境の悪化につながる可能性のある空き家を「特定空き家」とします。特定空き家に指定されると税金の優遇を受けられなくなり、所有者は空き家を所有し続けることの意味がなくなります。
なお、市町村は特定空き家の可能性がある空き家については、所有者に対して改善するよう指導・勧告し、所有者がこれに従わない場合は改善命令が下され、それでも従わないと特定空き家に指定されます。
特定空き家に指定されると、行政が撤去などの強制対処をとることもできるようになります。

特別措置法に指定されるポイント

ポイント
倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
部材の破損や基礎に不同沈下がある場合は、建物に著しい傾きが見られて倒壊する危険性があります。
ほかにも基礎の破損や変形、基礎と土台のずれ、土台の腐食や破損によっても倒壊を招く危険性があると判断されます。
ポイント
そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態
建築物の破損が原因で、アスベストが飛散していたり、排水の流出による汚臭が発生している。
またはごみなどの放置や不法投棄が原因の汚臭の発生や、多数のねずみなどが発生し、地域住民の日常生活に支障が出ている場合になります。
ポイント
適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態
景観法で制定されている既存のルールに著しく適合しない場合や、屋根、外壁などに汚物や落書きがあり、そのまま放置されていたり、立木などが建物の全面を覆う程度まで繁茂している場合が想定されます。
ポイント
その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態
立木の倒壊や枝折れなどにより近隣道路や家屋の日常生活の妨げになっている、ほかにも空家に住みついた動物の鳴き声や糞尿などの衛生面、空家への不法侵入などにより犯罪の温床になっている治安面で不適切だと判断される場合があります。
ポイント
そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態
建築物の破損が原因で、アスベストが飛散していたり、排水の流出による汚臭が発生している。
またはごみなどの放置や不法投棄が原因の汚臭の発生や、多数のねずみなどが発生し、地域住民の日常生活に支障が出ている場合になります。

特定空家の固定資産税が6倍になる

不動産を所有していると「固定資産税」と地域によっては「都市計画税」の課税があります。
ただし実際は「住宅用地の特例」が適用され、住宅用地に対する固定資産税は最大1/6、都市計画税は最大1/3まで減額されています。
しかし行政機関の判断で、空き家が倒壊もしくは保安上で危険のある建物である「特定空家」に指定されると、この住宅用地の特定の適用から除外され、固定資産税の支払いが最大で6倍、都市計画税が最大で3倍に増額されるので特に注意していください。

空き家売却

古家付き土地で売却
古家付き土地で売却
古家付き土地とは、建物がついている土地として売却する方法で、解体をしないので出費費用を抑えて販売できるので高く 売れるでしょう。
土地や建材の値上がりにより新築の価格が値上がっている今、古い家を購入し自分でのリフォームを考える買主も多くいますので古家付き土地で販売すればそのような買主に検討してもらえるのです。
更地にして売却
更地にして売却
空き家を解体し土地を更地の状態で売却する方法です。
更地は買主が解体費用を追加で支払わなくて良い、土地を取得してからすぐに家を建てられるなどのメリットがあるので、古家付き土地より買主が見つかりやすい と言われています。
古い家を解体してしまうので、空き家が原因でトラブルに巻き込まれる心配もなく、必要以上のメンテナンスを必要としません。
不動産会社に買取ってもらう
不動産会社に買取ってもらう
古家付き土地や更地は不動産会社を通して買主を探す仲介という方法ですが、家を早めに売却したいのであれば買取という方法もあります。
買取とは不動産会社に買主を探してもらうのではなく、不動産会社に不動産を買取ってもらう 方法のこと。
通常家を売却するには3~6ヶ月程度かかると言われていますが、買取なら1~2ヶ月程度で売却が完了します。
不動産会社に買取ってもらう
不動産会社に買取ってもらう
古家付き土地や更地は不動産会社を通して買主を探す仲介という方法ですが、家を早めに売却したいのであれば買取という方法もあります。
買取とは不動産会社に買主を探してもらうのではなく、不動産会社に不動産を買取ってもらう 方法のこと。
通常家を売却するには3~6ヶ月程度かかると言われていますが、買取なら1~2ヶ月程度で売却が完了します。

空き家売却の流れ

STEP.1
空き家の売却価格の相場を調べる
まずは空き家の売却価格の相場を調べましょう。
築年数の古い空家の場合は建物に価格がつかないことも多いですが、築年数が新しい物件や中古建ての需要が高いエリアでは価格がつくこともあります。
STEP.2
不動産会社に依頼をする
査定価格に納得がいけば、不動産会社に売却の仲介を依頼し媒介契約を結びます。
不動産会社と結ぶ媒介契約には取引形態の異なる「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があり、それぞれメリットやデメリットがあります。
STEP.3
空き家を売りに出す
不動産会社が広告を出すなどして空き家の購入希望者を募ります。
購入希望者に対して建物の内覧や金額交渉などを行って契約内容を詰めていきます。
空家の場合は不動産会社へ鍵を預け、売り主が内覧に立ち会わないことも多いです。
STEP.4
売買契約締結、引き渡し
売買契約書重要事項説明書などを用意し、売買契約を締結します。
決済と同時に物件を引き渡し、空き家売却が終了となります。
STEP.2
不動産会社に依頼をする
査定価格に納得がいけば、不動産会社に売却の仲介を依頼し媒介契約を結びます。
不動産会社と結ぶ媒介契約には取引形態の異なる「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があり、それぞれメリットやデメリットがあります。

空き家売却に必要な費用

不動産仲介手数料 不動産会社を通して売買契約を結んだ時に、売却金額に応じて下記を上限とする仲介手数料がかかります。
  • 200万円以下:売買価格の5%+消費税
  • 200万円超~400万円以下:売買価格の4%+2万円+消費税
  • 400万円超:売買価格の3%+6万円+消費税
登記費用
(登録免許税)
不動産の所有権など登記内容を変更するためにかかる費用です。
土地、建物それぞれの所有権移転にかかります。
印紙代
(印紙税)
不動産売買契約書に添付する収入印紙の費用です。
売却金額に応じて印紙税の金額も変わります。
土地の測量費用や
建物の解体費用

古い土地で隣家との境界線が曖昧な場合は、土地の測量をして面積や境界線をはっきりさせる必要があります。
また、空き家を解体して更地で売却するケースでは建物の解体費用もかかります。

印紙代
(印紙税)
不動産売買契約書に添付する収入印紙の費用です。
売却金額に応じて印紙税の金額も変わります。

空き家活用や売却なら「株式会社Pursuers」へお任せください!

空き家の活用方法は多岐に渡るため、悩むことも多々あると思います。また、相続や転勤などの事情により所有して空き家を持て余している方も多いと思います。不動産に関しては、専門家に相談することで、お客様は、余計な時間を取られることなく、効率的に資産を活用する事が出来ます。

大手不動産仲介会社で長年の営業実績を有しており、不動産物件に対する目利き力と営業力を活かし、お客様の実情にあった解決方法をご提案いたします。

空き家活用・売却のことなら株式会社Pursuers

お電話でもお気軽にお問い合わせください
03-6230-9216
受付時間 10:00〜17:00(土日祝を除く)
メールでのお問い合わせ
お急ぎの場合はお電話でお問い合わせください

会社概要

企業名 株式会社Pursuers(パーシュアーズ)
住所

東京都港区赤坂6-5-25プラウド赤坂203号室

代表 向井 大祐
TEL / FAX 03-6230-9216
宅建業免許番号 東京都知事(1)第103917号
リンク ホームページ
空き家活用.net
住所

東京都港区赤坂6-5-25プラウド赤坂203号室

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信