愛知県名古屋市熱田区にある耳掻古流「耳現流道場」で師範代を勤める橘葉子は、近ごろ名古屋市内に出没する怪盗“カンフー阿波踊り”退治のため自主的に夜警を買って出ていたが、ある夜、名古屋市中区の街角で怪しい人物に遭遇、声をかけたのであった。

鈴木南瓜庵は親友の在日彗星人ワマ・エ・チョボヌを伴って愛知県東海市にある大池公園に来たところ、以前期間社員で雇っていたことのある出稼ぎミマシロゲ星人のクチクラギスが、五匹の幼生と散歩しているところに出くわした。
ミマシロゲ星人は地球時間の100日周期で排泄するが、その排泄物が幼生となり繁殖する。
クチクラギスが地球に来て、もう500日以上経ったのかと感慨にふける、南瓜庵であった。

我らが千葉ロッテマリーンズは、今シーズンもどん底であった。
秋風とともにシーズンは終わり、あとはドラフト会議の結果に期待するのみである。

フェルメールの有名な作品の模写。
奥の絵は本物。
模写にもなっていないけど、作画上のヒントを多く得られた。

参加しているFacebookの作画同好グループで雑誌を作ったらこんな表紙、というパロディ。
表紙画は昭和の月刊誌テイストを意識して描いた。
モデルは作画同好グループで人気のあるTVアニメ「セーラームーン」からセーラーマーズ。
見出しにグループの作画巧者4名の名前を借りている。