第1回楽育講演会

日時:2021年2月21日(日)10:30〜12:00

会場:ハッシュタグ大津京
   (ブランチ大津京内)

参加費 500円
講師:楽育マイスター 山口育子

楽育講演会では子育てを楽しみたい方や子育てで困っている方に「気持ちを楽にして子育てを楽しめる」考え方や工夫をお伝えします。

当日は「あうただ」に関連する絵画、絵本等も展示されています。

“楽育”ってなに?

楽育チッチでは「0歳から100歳を過ぎてもすべての人が大切にされ、社会に貢献できる喜びを味わうことができる世の中」をめざしています。
奇跡的な確率でいただいた命、世界にたったひとつのこの命に感謝して、大切にする人を育みたいと様々な活動を展開しています。
「宇宙の平和は家庭から」をモットーに、子どもの宝物、自分の宝物探しをする「楽育学」は、気持ちを楽に楽しく、子育て、自分育て、人育てをしていく工夫を学ぶ実践的な講座です。 
“楽育”をもっと知りたい方はこちらから



主催者の“PukupukuihanA”の紹介

“PukupukuihanA”(ぷくぷくいはな)って?

「ihana」はフィンランド語で「すばらしい」という意味です。「pukupuku」には「福福」の願いが込められています。幸せがぷくぷくと湧き出てくるイメージです。
どんな活動をしているの?
子育て、人育てをしていく中で、言葉の大切さを痛感。温かい言葉が使われると、温かいエネルギー流れ出します。優しい&温かい言葉「楽育言葉」を広めるための講座、絵画展示、ワークショップなどの活動を行なう予定です。

楽育言葉のひとつ「あうただ」(ありがとう・うれしい・たのしい・たすかるわ・だいすき・だいじょうぶ)は温かい家庭と優しい家族や仲間を作ります。

活動紹介

「ありがとうのほん」

PukupukuihanAメンバー4人で製作しました。
読み聞かせ100人リレーをしました。
「楽育ありがとう」のYouTubeにUPしています。

「うれしいのほん」

「あうただ」の中の「うれしい」の言葉から作りました。



 

“PukupukuihanA”メンバー

小嶋十糸子

片岡由桂

樋口充代
田中尚美

田中尚美

“PukupukuihanA”(ぷくぷくいはな)
pukupukuihana@gmail.com