メカ設計全般をサポートする貴社の第2設計部隊

とにかく設計を何とかしたい。
何とかしたいけど、どうすれば良いのかわからない。
そんな声にお応えします。
中小製造業の
CAD設計が

何とかなる!

こんなお悩みありませんか?

求人をかけても、全く採用できない。
採用してもすぐ辞めてしまう。
社内・社外の設計者の高齢化で、この先心配だ。外注先の確保もままならない。
採用した人材に教育している時間もないし、どう教育したらいいのかわからない。
3D CADは買ったものの、操作をマスターする時間がない。
でも他に使える人間がいない。
3Dが自社に必要かどうかもわからないし、導入するにもどうしたら良いかわからない。
設計以外の仕様書だとか付帯業務までなかなか手が回らない。
3D CADは買ったものの、操作をマスターする時間がない。
でも他に使える人間がいない。

そのお悩みを解決します!

どのお悩みも実際にお客様からお聞きした声です。
設計工数のお悩み以外にも、CADの使い方や周辺実務についてもお困りの方が多くいらっしゃいます。
PtoCは「使えるエンジニアを、使いたい時に使いたいだけ使える」オンラインサービスからはじめましたが、そういった切実な困りごとも解決していきたいと経験豊富なメンバーを増員しています。 
悩んで終わりとせずに、まずはお問合せ下さい。考え方を変えるだけで道はあります。

     実施例

  • 岐阜県のプレス型メーカーA社様
    2D組図から部品図作製
  • 岐阜県のプレス型メーカーB社様
    2D設計から3D設計移行のサポート
  • 愛知県の専用機械メーカーA社様
    改造設計(3D)
  • 愛知県の専用機械メーカーB社様
    2D組図から部品図作製、取説作製
  • 岐阜県の建築金物メーカーA社様
    2D組図から3Dモデリング
  • 岐阜県の商品企画製造会社様
    構想図から3D設計
  • 愛知県の専用機械メーカーB社様
    2D組図から部品図作製、取説作製

サポートしている設計業務の事例

・3Dモデリング
・2D,3Dの組立て、バラシ
・3Dモデルから2D部品図作成
・設計補助
・製品設計

上記は代表的な業務ですが、これ以外にも対応可能です。
詳細はご相談下さい。

ご利用が想定されるケース

一人のエンジニアで対応
一人であっても全体の業務進行に支障がない場合にご利用いただけます。
設計経験15年以上のエンジニアが橋渡し役として窓口となります。
複数のエンジニアで対応
作業内容のボリュームがあって、納期までの時間が無い場合、同時に異なる作業が並行して必要な場合などにご利用頂けます。
複数のエンジニアで対応
作業内容のボリュームがあって、納期までの時間が無い場合、同時に異なる作業が並行して必要な場合などにご利用頂けます。

設計に関するノウハウが沢山

代表的な料金プラン

暦月毎にご利用頂ける作業時間は1時間からとなります。お支払いは、実作業時間分となります。
料金は新卒者を雇用する感覚でご利用できます。

※詳しくはお問合せ下さい。

よくあるご質問

  • Q
    使用しているCADは、何ですか?
    A
    2Dは、DraftSightを。3DはFusion360とSolidworksを使っています。
    対応できるファイル形式については、お問合せ下さい。
  • Q
    担当のチームは、毎回変わってしまいますか?
    A
    お客様の仕事の理解度を高めるため、原則的には同じです。
    但し業務の重なりなどが有った場合は別チームが担当となる場合もあります。
  • Q
    外注設計とは違うのですか?
    A
    はい。違います。私達は、単なる受発注という関係を目指していません。お客様が将来に渡って設計で不安を感じることの無いような体制を一緒に作っていくことを役割としています。実務の断片だけを切り取れば違いは分かりづらいかもしれませんが、全体を通してみれば違いを実感して頂けます。
  • Q
    残業対応や休日出勤対応はしてもらえますか?
    A
    可能な範囲で対応させて頂きます。海外のエンジニアもいますので、時差による稼働時間帯の違いや祝祭日・休日の違いを利用して実際の稼働時間を稼いで、短納期対応が可能になります。

私たちの思い

 日本の製造業、特に中小企業はリーマンショック前とは全く異なる環境にさらされています。
 国内市場の縮小・海外企業との競争・人手不足・働き方改革・後継者問題など厳しくなっていく一方です。将来を見据えた手を打つために「ないものねだり」から「あるもの探し」に切り替えて改革を進めていかねば生き残ることができません。変わることの難しさは知っていますが、硬直化したままでは淘汰されてしまいます。まず半歩踏み出してみようと行動するところから始めてみませんか。
 私自身は社会に出てから大企業や中小企業の製造業で実に様々な経験をさせてもらうことができました。今度は、そういった知見をお返ししていく番だと考えています。CADアシスタントサービスから始め、様々な経営課題解決のお手伝いを使命に活動をしていきたいと考えています。

代表者略歴

岐阜県岐阜市生まれ
岐阜大学工学部で機械工学を専攻
EPSON(現セイコーエプソン)でプリンターの開発設計などに従事。
生産機械や事務機器の設計などエンジニアとして通算18年携わる。
また自動車部品関連メーカーなどで技術営業として通算11年のキャリアを
積む。
その後、日印合弁会社の駐在員として4年間インドに駐在。
現在、製造業の課題解決の1つとしてCADによる設計支援サービスを展開中。

事業所概要


屋  号 P to C
事業形態 個人事業主
代表者名 森 圭二
所在地 岐阜県岐阜市
創  業 2018年2月
メール mori_ptoc@wh.commufa.jp
電  話 050-5480-3802
FAX 058-338-2544
事業内容 中小製造業向けCAD設計支援サービス
メール mori_ptoc@wh.commufa.jp

お問合せ

サービス内容などについてご不明な点などございましたら、メールアドレスmori_ptoc@wh.commufa.jp 宛にてお気軽にお問合せ下さい。
会社名、お名前、ご連絡先、お問合せの内容をお知らせ頂ければ、折り返し
ご連絡差し上げます。