DMMの問題点・改善方法

STEP

1

問題点

他社でも定額動画配信は行なっている。
認知度のある他社のサービスを例に出して御社のサービスと比べて見つめ直すことが私には必要だと思った。

STEP

1

問題点

他社でも定額動画配信は行なっている。
認知度のある他社のサービスを例に出して御社のサービスと比べて見つめ直すことが私には必要だと思った。

Hulu

メリット

月額933円(税抜)でコンテンツ数は3万以上もありさらにHD画質を課金することなく視聴できます。中でも海外ドラマに力を入れていて海外ドラマ好きには外せないサービスです。

Netflix

メリット

 月額1450円と割高になるが4Kという高画質で視聴できる。何よりもオリジナルコンテンツが豊富で、NetflixのCCOテッド氏によれば2020年には世界で最も多くのオリジナルコンテンツを仕掛ける制作者となり、従来のテレビで見られるコンテンツを越えようとしています。

dTV

メリット

会員数・作品数No.1のこちらのdTVで注目されるのは月額500円(税別)というコストパフォーマンスです。さらに圧倒的な12万というコンテンツ数を擁しています。dTV最大の目玉の「BeeTV」は、携帯電話向けではありますがオリジナルのドラマやバラエティなどの配信がとても充実しています。

U-NEXT

メリット

dTVと同じく12万という豊富なコンテンツ数。月額1990円と割高ですが、毎月1000ポイント付与され実質990円で視聴可能です。そして最新作が充実しているというのも強みで、ポイントで最新の作品をレンタルすることが出来ます。さらに、動画以外にも雑誌やコミックなども読み放題で、動画配信サービスでは珍しいアダルトコンテンツも配信されています。

Amazon プライム・ビデオ

メリット

年間3900円なので一ヶ月あたり325円ととてもリーズナブルで、作品数も徐々に増えていっておりオリジナルコンテンツもとても充実しています。Amazonの即日配送無料やPrime Musicという100万曲が聴き放題といったサービスなどの様々な特典があるのも特徴です。

DMM.com

デメリット

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit. Laudantium, cupiditate ea eaque aliquid recusandae ducimus porro nihil accusamus repellendus! Ipsam.

コンテンツ数

DMMの欠点

 まずご覧になっていただきたいのがこちらのコンテンツ数のグラフです。見放題chライトのコンテンツ数は7000ほどしかなく、映画やドラマなどを視聴してみたいというユーザーの獲得は厳しいと思います。さらに映画・ドラマの最新作や話題作などもなく定額動画配信サービスの利用者のほとんどのニーズには答えきれてないと思います。