非常識
治療効果を得る方法

PT3研究会
~Theory & Technique~

【定期勉強会】
毎月最終週日曜日 9:30~16:00
東大阪市四条リージョンセンター

どんな勉強会?何が得られるの?

私たちはこれまでに14年間もの間、多くの理学療法・作業療法士の方に臨床に必要な知識や治療技術をお届けしてきました。その中で、治療に悩んでいる人のほとんどが、「治療に対して間違った思い込み」を持っているということに気がつきました。

その間違った思い込みのせいで、努力しているにも関わらず、なかなか思うような結果が出ずに苦しんでいる人をたくさん見てきました。

その間違った思い込みをなくすためにこの勉強会を続けてきました。この勉強会に参加すれば多くの人がハマる「間違い」に気づいて、どうやって臨床に向き合えば良いのか?どうすればもっと治療効果を出せるようになるのか?今あなたが取るべき行動が明確になるでしょう。

何が学べるの?

あなたがPT3研究会で手に入れられるもの


運動学を基礎とした治療技術
理学療法士・作業療法士は、【運動学】の専門家です。にも関わらず、運動学を臨床で使いきれていません。そう言ったジレンマを解消し、臨床で応用出来ます。


最新の技術を学べる
日々の患者さんを診ることで、疑問や技術の修正があります。その中で新しい技術が生まれます。それを更に効果あるものにアップデートした技術を身につけれます。


患者さんから選ばれる方法
「担当変えて」って患者さんから言われたことありますか?それってどれだけ人間性が良くてもダメですよね。本当の治せる技術こそが、あなたにみてほしいという患者さんが集まってきます。



一般的な間違いを回避できる
一般的にやればやるほどいいや、頑張ればいいと言った誤ったものが横行していますが、基本的にほとんど間違いです。やり方の問題、やる量の問題、PT.OT分野は間違いだらけです。

PT3研究会について

私たちの勉強会では、他では手に入らない技術や実際に使える実用的な知識など、その人の成長につながり、患者の人生はもちろん、治療者であるセラピストの人生を変えるような理論と技術を提供できるように全力を尽くしています。

何より、私たちがお教えする理論や技術は、常識にとらわれず、常識を疑い、自分たちが実際に患者の治療で使っていて素晴らしいと思った治療理論と技術ばかりです。私たちと同様にあなたも、きっと患者へ思いが強く、学ぶことが大好きな人種だと思います。なので一緒に学ぶことの楽しさ、成長の喜びを分かち合いたいと思っています。

私たちのミッションは、PT・OTの更なる治療に対する理論と技術の向上をさせ、患者を治す治療家として、勉強会を通じて、患者へ最高の治療を提供することです。

それは、現在のみならず、次の世代、未来の医療をも、豊かで明るく、希望に溢れた医療現場にする礎になると信じています。

治療技術の一部を無料公開

患者を本気で治したいあなたへ

もし、あなたが
「治療で成果を出したい」
「患者に貢献して感謝されたい」
「臨床を本気で楽しみたい」
と感じているのであれば、
PT3研究会はとてもあなたの役に立つでしょう。

「今まで以上の理論と技術で
あなたが望む結果を手にしたい」なら...

私たちと同じ思いを持つあなたの参加をお待ちしています。

勉強会情報

2021年 定期勉強会テーマ
【脳機能解剖と疾患アプローチ】

1月  ROM-exの基礎
2月  MS-exの基礎
3月  介助の基礎
4月  前頭葉
5月  頭頂葉
6月  側頭葉・後頭葉
7月  小脳
8月  大脳基底核
9月  脳幹
10月  特別講義
11月    脊髄

【無料!】zoomプレ発表


【日時】
5月19日(水)19:30~20:30(予定)

​​【テーマ】
脳機能解剖と疾患アプローチ(頭頂葉編)​

【講師】
​太田博之RPT近藤頌大RPT​


【参加費】 
500円
※クレジットカードでのお支払いとなります。​


【申し込み期限】
2021年5月17日(月曜日)


あなたのご参加、お待ちしております。


当日は、Zoomというオンライセミナーのソフトを通じてのセミナーとなります。
参加申込された方には、自動で当日の参加URLが返送されます。

※PCの場合、参加URLをクリックするとインストーラーが自動的にダウンロードされ、そちらをクリックすると自動的にルームへ繋がります。

※スマホやタブレットで参加される場合は、事前にZoomアプリのインストールをお願い致します。(ストアで「Zoom」と検索すると出てきます。)

【4月定期勉強テーマ】
脳の機能解剖と疾患アプローチ〜前頭葉実践編〜

臨床でCVA患者よく見ますか?


急性期、慢性期に関わらず
脳疾患に対してよく起こる
勘違いの一例を今から紹介します。


・CVAは必ずウェルニッケマン肢位になる
・誤用、過用と聞いてピンとこない
・口頭指示を加えながら動作訓練する
・麻痺側の筋トレを重点的にしている
・早期から装具をつけて動作させる


これは全てが間違った知識か
やり方によっては
取り返しのつかないことに繋がる
そんな危険な行動です。


4月の定期勉強会のテーマは
『脳の機能解剖と疾患アプローチ〜前頭葉実践編〜』です。


CVAと聞くと
「難しい」
「やることが多い」
「色々考えないと」
「リスク管理が…」等々


何かと難しい症例に
位置付けられることが多いと思います。


しかし、
世間のそういったイメージが
勝手に難しい症例にしているだけで、
根幹を理解することで
CVAへの考え方は簡素化できます。


障害部位、発症期間から
予後、開始時期、禁忌
これらを理解できれば
劇的にCVA患者への効果が変わります。


最後にこの3つの言葉の
意味を説明できますか?
・diaschisis
・overwork weakness
・zero cerebral muscle


これらはCVAを診る上で
必ず理解が必要な用語です。
もし一つでも分からない場合
この研修は必ずあなたの役に立ちます。
是非参加してみて下さい。


定期勉強会の詳細は以下


【日時】
4月25日(日)
9:30~16:00(受付 9:00~)

【テーマ】
脳の機能解剖と疾患アプローチ〜前頭葉実践編〜


【講師】
石田 萌子 RPT(矢木脳神経外科)
徳山 明日香 RPT(矢木脳神経外科)

【場所】
やまなみプラザ(東大阪市四条リージョンセンター)
2F 多目的ホール (最寄駅:近鉄奈良線 瓢箪山)
〒579-8054 東大阪市南四条町1番7番

【参加費】
4500円(会員) 6500円(非会員)

【申し込み期限】
​2021年5月28日(金曜日)​

 本テーマは4月25日に行う予定でしたが、大阪府の緊急事態宣言発出に伴って、公共施設が使用禁止となったため、5月30日に延期となりました。

 4月にお申し込みいただいた方にはお手数おかけしますが、再度フォームよりお申込み下さい。



PT3研究会各支部の紹介

宮崎支部

PT3研究会宮崎支部では高鍋町(または宮崎市大島町)にて日々技術研鑽を行なっており、多くの患者に必要とされる本物の治療者の育成に励んでいます。

【定期勉強会】
日時:毎週水曜日 19:00~
場所:
1週目→海老原総合病院
2.3週目→いしだ整形外科
4.5週目→海老原総合病院

詳細は宮崎支部HPへ↓↓
https://pt3-miyazaki-1.jimdosite.com/


滋賀支部

【準備中】
過去に爆弾会などユニークな勉強会を企画・開催。現在は不定期で勉強会を開催しています。

PT3研究会検査・測定部

PT3研究会検査・測定部では

・検査測定に必要な触診技術
・治療すべきimpairmentの選り分ける方法
・疾患名に惑わされない方法

など、理学療法士・作業療法士が本質を知り、臨床が楽しいと思える治療家へ成長できる勉強会を目指しています。

【定期勉強会】
日時:19:00~21:00
第2・4木曜日
場所:奈良県生駒市 たけまるホール

詳細はHPへ↓↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/pt3kenkyukainara

PT3研究会
【無料会員登録申込み】

下記をクリックすると無料会員登録フォームへ移動します。

Physical Thrapy's Theory & Technique 会則

第1章 総則

【名称】
 本会はPhysical Therapy’s Theory & Technique 研究会(PT3研究会、以下本
 会)と称する。

【目的】 
 理学療法士(治療者)であるために、本会は自己研鑽の場として臨床での疑
 問を解決し、更なる理学療法理論と技術の向上を目的とする。

【活動内容】
 目的を達成するために次の活動を行う。
 1)定期勉強会・技術研修会などの開催。
 2)臨床に有用な文献の収集と会員への紹介。
 3)その他、前項の目的を達成するために必要な活動。


第2章  会員

【会員資格】 
本会は理学療法士あるいは作業療法士免許を有するもの、及び承認を得た
医療職種であり、本研究会が任意の団体であると理解しているもの。
入会は役員により審査する。

【年会費】
 無料

【退会】
1年間の研修会の不参加が認められた場合、自動的に退会扱いとする。
退会した会員がすでに納入した研修会費その他の拠出金品の返還は行わない。
第3章 役員
会長1名、副会長1名、事業部長1名、事務局長1名、会計部長1名、技術学術
局長1名を置く。

第4章  附則

【会計年度】
会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わるものとする。
本会会則は、平成21年4月1日から施行する。
本会会則の第1章活動内容、会員資格、退会の項を一部改変し、
平成27年2月27日から施行する。