なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

Kakehashi

'おもてなし箸'の
     ご提案

箸のこれまで

日本の箸は元々、神事の場で使用される礼器として 使用されていました。平安時代に律令国家体制の整備が進む中で、宮中の儀礼的な食事や宴会の場でも 使用されるようになり、やがえ都城の官人たちの家庭にも 広まっていき、一般大衆も使用するようになっていきました。

森羅万象に神が宿るという「八百万の神」という思想をもつ 日本人は、食べ物にもそれぞれの神が宿っていると考えてきました。

そして日本人は、箸を神の宿る食べ物と人の間に横に並べ て置き “神聖な自然界と人間界の間に結界”を作りました。 箸を手に取って結界を解いてから 「いただきます」と唱えて神聖な食べ物を頂く習慣は、 そのような思想から生まれたと言われています。

神と人を繋ぐ道具、内と外を分ける道具であった箸は、 個の食具として共通化しないことで、その神聖さを保ち、また疫病などの媒介を未然に防いできました。

*箸を使う国は、日本だけでなく、中国、韓国、アジア諸国でも 使用されていますが、箸を横に並べて置くのは、 日本独自の文化です。

箸のいま

自然をいただくため、自然の一部である竹や木を 箸の材として使用してきた日本人。 木箸の箸先の細さ、漆を使った装飾は簡単に真似出来るものではなく、職人達によって、 繊細な技術が、今なお受け継がれています。

そして、個の食具、自分の為だけの「マイ箸」として 私達の食事に、必要不可欠な存在として これからも、その伝統や技術を伝えていくのも、日本人の使命だと私達は考えています。

選べる色

『ひのき』 などの国産材を使い、日本ならではのシンメトリーな形状の箸に カラフルな『漆』で色をつけ、モダンなカラーリングに仕上げています。 カラフルな漆の色は、食卓のコーディネートを華やかに演出してくれます。

多色のカラーリングは、お店やお料理のコンセプトや パーティーやイベントのシーンでのコーディネートのイメージに合わせて、

お好きな色をチョイスしていただけます。

選べるパッケージ

箸には、専用の箱をつけてお届けします。 ひとつひとつ箱に入った箸は、非日常の高級感を演出してくれます。

また、箸を箱に入れられることで、特別な日の思い出として 箸を持ち帰って頂くことが可能になります。

表面にオリジナルのロゴも入れられる箱は ゲストの方に持ち帰ってもらうことで、広告効果も期待出来ます。

天然の抗菌素材「漆」

私達の取り扱う箸は「漆」を主としています。 漆は、はるか縄文時代から塗料や接着剤として使われてきました。

漆を使った器は、安全性、堅牢性、耐久性に優れた食器として、 長く日本人の生活に親しまれてきました。

漆は化学薬品や合成物質ではない100%天然素材です。 大腸菌やMRSAも、4時間後には半減、24時間後には「ゼロ」になる検査結果も

環境へ配慮した取り組み

気候変動による 災害や震災により、日本中で増えている倒木は途中から折れてしまったり、 雨に打たれて放置され、建築材や家具にするための大きな材を確保するのは難しく、

使用用途が限られてしまいます。また戦後に増やし過ぎてしまった、杉やひのきの間伐材も、現在行き場を失っています。

そういった木材に着目し、積極的に採用しています。 お箸は元々、端材から削りだして作られていたもので、少量の木材から作る事が可能です。 行き場を失った木を、お箸に変える事で、貴重な国産材を有効活用でき、たくさんの人の手に渡るというサスティナブルなサイクルをご提案しています。

箸のこれから

日本人にとって 食事をする際に必要かつ当たり前と捉えられている「箸」 お店でお使い頂く箸も、これからは、ただの「食具」としてではなく

料理演出の重要アイテムとしての位置づけが可能になります。

これからのニューノーマルな時代において、個別にパッケージングされたお箸は 衛生面でも安心・安全をお伝えできる 機能性的にも優れたものとしてアピール可能です。

また、ノベルティ代わりになったり食のシーンでの記憶に残る記念の品になったりする箸の可能性は、無限大に広がっていくと、私達は考えています。

  

サービス料から演出料という捉え方に(お客様の声)

パッケージやお箸が、彩り鮮やかに なることで、テーブルコーディネートが より華やかになり、お料理の見え方にも 影響することから、全体のクオリティが 上がったように思います。 お客様にとっても、お持ち帰り頂くことや、 SNSでの投稿などから、印象・記憶に残る 食体験となっているようです。

About US 

食卓を通じて人と人を繋ぐ

🥢美味しい料理を記憶に残すお手伝いをします

美しい食卓を彩るコーディネートアイテムは、おいしいお料理を『記憶』に残す大切な役割があります。

🥢美しい食卓の為のデザインアイテムを発信

日本人ならではの、繊細な心づかいとこだわりのコンセプトをもつ『モノ』たちは、食卓と人・食卓と国をつなぐ KAKEHASHIに・・・ 私達は、おもてなしのシーンにふさわしい逸品をご提案しております。