プロミスで即日融資を受けるための方法

どうしてもその日にお金が必要になった場合には、即日融資を受けられるかが重要です。

プロミスでは、キャッシングやカードローンを提供していますが、即日融資を受けることはできるのでしょうか。

こちらでは、プロミスで即日融資を受けるためのポイントや注意点を詳しく解説します。

今は即日融資が必要なくても、今後のためにもチェックしておいて損がないでしょう。

プロミスで即日融資を受けるためのポイント

プロミスでは、ポイントをおさえて申し込みすることによって、即日融資を受けることが可能です。

即日融資を受けるためのポイントは、以下の5つです。

  • Webまたはアプリから申し込む
  • 審査実施時間内に申し込む
  • 利用している口座の振込時間を確認しておく
  • 必要書類を揃えておく

Webまたはアプリから申し込む

プロミスでは、様々な申し込み方法が用意していますが、方法によっては即日融資が難しい場合もあります。

店頭窓口や自動契約機は近くにない場合は利用しにくく、コールセンターや郵送では手続きのために時間が必要です。

即日融資を受けるためには、Webまたはアプリから申し込みましょう。

Webまたはアプリからの申し込みは24時間受け付けており、郵送や来店なしで借入可能です。

審査実施時間内に申し込む

プロミスの審査実施時間は、9時から21時までに設定されています。

Webまたはアプリで申し込みをしても、21時以降の申し込みでは即日融資はできません。

審査にはおよそ30分がかかるので、遅くても20時30分までに申し込んでおくと即日融資を受けられるでしょう

なお、土日祝日も審査は行われており、曜日を気にする必要はありません。

利用している口座の振込時間を確認しておく

利用している口座の振込時間にも注意が必要です。

申し込み当日に審査に通った場合でも、夜間や土日祝日の振込に対応していない口座を使っていると、プロミスから振り込むことができません

24時間365日振込に対応している口座をキャッシング用にしたり、平日の日中に手続きを済ませたりするなど、しっかり振込を受けられるように準備しておきましょう。

必要書類を揃えておく

プロミスの申し込みには、本人確認書類や収入証明書などの書類が必要です。

手元に必要書類がないと、申し込みが遅れてしまうので、即日融資が難しくなるでしょう。


あらかじめプロミスの申し込みに必要な書類を確認し、用意しておくことが大切です

申し込みに使える書類には、以下のようなものがあります。


  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票


※上記の書類に記載された住所と現在の住所が異なる場合は、以下の書類(発行日から6ヶ月以内)を合わせて用意

  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
  • 国税または地方税の領収書または納税証明書
  • 社会保険料の領収書

プロミスで即日融資を受ける際の注意点

プロミスで即日融資を受けるポイントとして、申し込み方法や必要書類の準備などを行っていても、状況によっては即日融資ができない場合もあります。

即日融資を受けるためにおさえておきたい注意点は、以下の2つです。

  • システムメンテナンスに注意する
  • 在籍確認ができる日に申し込む

システムメンテナンスに注意する

プロミスでは、毎週月曜日の0時~翌7時までのシステムメンテナンスを行っています。

メンテナンスが行われている間は申し込みを受け付けていないので注意が必要です。

年末年始や長期休暇などでもシステムメンテナンスが発生しやすいので、申し込みをする際は時間帯やタイミングに気を付けましょう

在籍確認ができる日に申し込む

プロミスに関わらず、消費者金融で借入するためには審査が行われます。

審査の過程で記載された勤務先が間違いないか、在籍確認の電話をかけます。

勤務先が土日祝休みの場合は、土日祝に申し込んでも確認がとれず、即日融資ができません

在籍確認ができる日に申し込むことが大切です。

まとめ

プロミスで即日融資を受けることは可能ですが、いくつかのポイントがあります。

Webまたはアプリで申し込む、審査実施時間に申し込む、口座の振込時間を確認する、必要書類を揃えておくといったことが重要です。

また、システムメンテナンスや在籍確認ができる日かなどにも注意しましょう。

ポイントや注意点をおさえて、プロミスで即日融資を実現してください。