プロミスの土日の電話対応について

プロミスは土日や祝日も電話での新規申込を受け付けています。但し、オペレーターが対応するお問い合わせについては平日のみとなっていますので、土日はオペレーター対応は出来ません。

一番気になるのは、WEBや自動契約機での申込み手続き中の操作方法に関するお問い合わせだと思われますが、手続きや操作方法に関する電話でのサポートは可能ですので土日でも安心してお手続きしていただけます。
自動契約機コーナーには直通の電話が設置されています。WEB申し込みの場合も専用番号が用意されていますので、お問い合わせについては、これらの電話を利用していただけます。

プロミスへの土日に関することで質問が多いのは、土日でも即日融資が出来るのかどうかといった質問です。
結論から言えば、プロミスでは土日でも祝日でも即日融資が可能です。

注意点としては、土日は銀行などの金融機関がお休みの為、即日融資をご希望の場合は審査通過後にはATMを利用してお金を引き出す方法での借り入れる方法のみになる点と、平日よりも審査受付をしている時間が短いので、早めに審査申し込みをするようにしてください。

審査をスムーズに進めるには、最初にWeb申込みをして、審査通過後(審査に自信のある方は審査をしている時間に自動契約機に移動)に自動契約機で契約を完了させて、発行されたプロミスカードを利用して併設されているATMもしくはコンビニや提携している銀行のATMでお金を引き出すという進め方がおすすめです。

ローンカードに申し込んでみました

借金は、世間的には悪いというイメージがつきますが、生活にはとても密接に関係しているのです。 

例えば、自動車を購入したいが手持ちのお金が足りなくて借金をした経験はあるのではないでしょうか。

フリーローンは、自動車購入資金・不動産投資の資金など使い道が自由で幅広く利用されています。ローンカードは借入金額が大きくなるので、
消費者金融などのカードと比較すると審査の基準が厳しくなります。

書類審査については、安定的な収入があり過去にカードの事故を起こしていなければ、比較的審査に通りやすいですが、職場の在籍確認があり
ますのでややこしくなります。

職場の人に、借金をしていることを知られたくないのが本音ではないでしょうか。在籍確認は、身分証明書や直近の給与支払い明細で代用
できるのか問い合わせてみましたが、融通が利きませんでした。

社員証があれば、在籍している証明にもなると思いますが、ローンカードを申込みした時に日本人会社独特の融通の利かなさや合理性のなさが
身に染みて感じ取られました。

その他にも、フリーローンは、週末起業などの初期投資資金にも利用できますので、サラリーマンとして働く人にとっては、借金している事実は
バレたくありませんね。下手すると、副業している事実がバレてしまったりすることもあります。

しかし、住宅の購入・高級車の購入・開業などを除いて、計画的に貯金していればローンに頼らなくても済みますよ。