コードキャンプとコードキャンプゲートについて色々と比較してみました

働き方改革の影響で、テレワークや副業の普及の関係でプログラミング学習が注目されています。

(出典:厚生労働省ホームページ) (出典:経済産業省)

理由の一つとしては、エンジニア人材が不足していることが挙げられます。

エンジニアを目指すには、プログラミング学習をするために学習環境が必要になります。

しかし、独学で学習する場合は続かなかったり、誰かに教えてもらう場合でもしっかりとした方に教わることができるか不安でもあり、前に進めないことがあります。

こういった不安を解消するにはどうすればいいか?

こんな時は、現役エンジニアの講師陣で有名なコードキャンプやコードキャンプゲートを利用することで色々と解消することができますよ。
コードキャンプ・コードキャンプゲートの違いとは?
  • 年齢制限は設けてない
  • 幅広いプログラミング言語を選択することができる
  • 今後もプログラミング言語が追加されることもある
  • 幅広いプログラミング言語を選択することができる
  • 年齢制限がある
  • 基礎2か月・実践2か月の合計4か月という短い期間で即戦力を目指す
  • 学習から就職まで一貫している
  • 基礎2か月・実践2か月の合計4か月という短い期間で即戦力を目指す

コードキャンプゲートは、コードキャンプに比べて条件があり厳しくはなっていますが、若いうちからプログラミング言語の習得や、企業への入社まで目指せるので、条件を満たす方にはオススメかと思います。

また、コードキャンプは無料体験・コードキャンプゲートは無料相談を受けることによって割引クーポンがもらえるので、気になる方はお試ししてみるのもいいかもしれませんよ。