TTS 前向きでポジティブな
人だけのコミュニティ


イタリアからマンマミキこと、

江川 ミキです💛

ここでは、

いわゆる

【見た目華やか
キャリアウーマン生活】

を続けることに疑問を
持った私が、

海外在住繋がりの
信頼できる友人からの紹介で、

今まで想像もしていなかった
コミュニティに出会えた
お話をします。

夢の実現を志す世界中の仲間と、
そのコミュニティの
素晴らしいリーダー。

惜しみないギブの気持ちで、
リーダーと仲間は皆、

自己成長を楽しみながら、
仲間のサポートも自身の喜びの
ように行ってくれます。


そんな前向きで
ポジティブな人だけの
コミュニティをご紹介します。


マンマミキの略歴

1973年生まれ、丑年、みずがめ座、
O型、東京都出身の47歳です。

イタリア人の主人と国際結婚、
子供3人の5人家族。

ミラノ郊外の自然に恵まれた環境で、
元保護犬のレオンも一緒に
のびのび、明るく暮らしています。

大学生時代にアメリカへ1年半留学。

そこでのある出会いがきっかけで
イタリア留学を決意、
かれこれ在住26年目となりました。

日系、外資系企業でこれまで
主に営業職を担当。

2019年に長年勤めた会社を退社。

現在は某イタリア企業で
海外営業部長をしています。

ふ~ん、海外で正規雇用なのね、と、

「キャリアウーマン」

とか

「輝かしい」

といったイメージを抱かれる方が
多いかもしれません。

◆◇◆ 

自分のキャリアの為に家族を
犠牲にしているんじゃないの?

    ◆◇◆    

   ↑ 過去そうでした。

もしくは、

 ◆◇◆

どうやってキャリアと子育て
を両立させているのかしら?

◆◇◆

と気になる方もいらっしゃるかも
知れません。


今回はその実態と、
そんな一見キャリアウーマンが、

なぜ「安定性」があるように思われる
過去のライフスタイルとおさらばし、

本業を続けながら


コミュニティサロン活動
を決意するに至ったのかを
ご紹介したいと思います。




キャリアウーマン。

それ、
ずっとやりたいの?

それで、
幸せなの...?



『忙しい』


『疲れた』

『時間がない』

『徹夜するしかないか』

『今日も遅くなりそう』

『又会議?』

『1週間出張だって』

『ママ、お迎え行かれないんだ』

『ママは疲れてるから、
パパと出かけてきて』

************************************

これまでのキャリア生活の中で、

何度これらの言葉を
繰り返しただろう。

そして、これらの言葉を
繰り返す度に

【これが私のやりたいことなんだ。
私にはできるんだ。
私はもっと上に行けるんだ。】

これを呪文のように唱え、
自分に言い聞かせてきた。

ストレスから不眠症や
バセドウ病になっても、
過労で倒れても…

仕事に対する責任感と
コミットメント、出世欲。

やりがい、やりたい、
やらなければという気持ちの混乱。

妻であり、母である私の
そんな後ろ姿を見ながら、

主人も子供たちも
ずっと私を支えてきてくれた。

わがままや文句の一つも言わずに。

それを

『ありがとう』

とも思えなくて、思う余裕もなくて、
ただ我武者羅に走り続けてきた。

1年前までは。

私は一体、どこへ行くつもり
だったのだろう。


神様からの忠告
グローバル会議中に腹膜炎。
生と死のはざまで。

痛み止めを何錠飲んだのかも
覚えていない。


会議前日の夜中に、
宿泊先のホテルのベッドの中で

言葉で表せないくらいの激痛を
腹部に感じました。

寝返りすらうてない…。

『陣痛の方が楽だ!』

と思ったことを覚えています。

持参の痛み止めを何錠飲んだか、
多分ひと箱の半分くらい。

そんな激痛に苦しんでいても、

私の頭の中は翌朝からの
会議のことばかり。

自覚症状のない

【ワーカホリック】…

さっさと2日間の会議を片付けて、
イタリアで待っている

家族のところへ帰らなければ!

なぜなら、

東京からミラノへ戻って数日後に
南イタリアでのバケーションが
始まるから!

平常心を装いながら、

痛み止めは新しいものを
又買い足して、

大切な身体を騙し騙し、
何とか2日間の会議を終えた。

翌日にミラノ行きのフライト
(直行で12時間)を
予約していたので、

ホテル近くのクリニックで
一応診てもらうことにした。

【腹膜炎】

『残念ですが、ここでできることは
何もありません。

すぐに救急車を呼んで
もっと大きな病院に行って下さい。

もちろん、このままの状態で
飛行機に乗ったら
死んでしまいますよ。』


実家の妹に電話。

妹がホテルまで
タクシーで飛んできた。

スーツケースなど全て妹が
準備してくれて、チェックアウト。

タクシーで実家へ向かう中、
母は既に救急車に電話をしていた。

実家へ到着して数分後、
救急車が到着。

私はそのまま都内の大学病院へ
運ばれ、緊急で手術が決まった。

意識朦朧、

何が起こっているのか
わからない状態の時、

初めて、

もう主人と子供たちに会えない
のかも知れないと思った。


初めて、

私は本当にバカだったと思った。

初めて、

幸せではなかったと思った。

初めて、

本当にやりたかったことをして
生きてこなかったと

気付き、

認めた。


まだ死ねない。


神様にもう一回のチャンスを
お願いしながら

全身麻酔の1、2、3…を数えた。

正規雇用は本当に
「安定」「安全」か?

〇労働時間分だけ毎月決まった
 収入がある

〇病気や入院などで欠勤しても
 収入はある

〇有休、育休制度

〇国民保険

〇健康保険
✘時間と場所の拘束

✘通勤、渋滞など
 時間のロスとストレス


✘家族と過ごせる時間が少ない

✘優秀な人材でも
 やる気のない人材でも、

     
労働時間=お金
 

  ⇒ モチベーションダウン


✘子供たちの夏休み
(イタリアは3か月!...)

毎年恒例の
逃げられない家族問題!


✘2020年のコロナウイルスで
実感した怖さ。

倒産、リストラが
当たり前のような話に。

テレワーク導入。
勤務時間削減制度 ⇒ 給料激減

時代は有無を言わさず
一気に新しい方向へ。

一つの収入柱では
もう安心していられない!

安全、安泰なんてもうないんだ。

✘時間と場所の拘束

✘通勤、渋滞など
 時間のロスとストレス


✘家族と過ごせる時間が少ない

✘優秀な人材でも
 やる気のない人材でも、

     
労働時間=お金
 

  ⇒ モチベーションダウン


✘子供たちの夏休み
(イタリアは3か月!...)

毎年恒例の
逃げられない家族問題!


✘2020年のコロナウイルスで
実感した怖さ。

倒産、リストラが
当たり前のような話に。

テレワーク導入。
勤務時間削減制度 ⇒ 給料激減

時代は有無を言わさず
一気に新しい方向へ。

一つの収入柱では
もう安心していられない!

安全、安泰なんてもうないんだ。

なぜ「キャリア生活」の
レールから外れるべきか?

どうして一見「安全な」レールから
外れるべきなのかは、

先ほどのPROS&CONSと、
私の実体験談でお伝えしました。

「安全地帯」で守られている
ように思われる

「キャリアウーマン」が、
なぜその

【コンフォートゾーン】
を抜け出し、
複業をする必要が有るのか。

既にご理解頂けたかと思いますが、
答えは簡単です。

【コンフォートゾーン】
の本当の正体が

実は全く

【コンフォート】ではないからです。


正社員として、
会社だけに頼っていては、

『コロナのような事態が起こった時に、
運が良ければ
給料激減、
運が悪ければ倒産や解雇もある』

あなたがこれまで、
どれ程会社に貢献してきたとしても、

あなたがどれだけ
優秀なスタッフでも、

「職の安定も保障される時代
ではなくなってきている」

ということです。

過去の私のように、
大切な家族を犠牲にして、

大切な身体に無理ばかりさせて、

その先に

「安定」「安全」はないのです。

どんな大金を積んでも、
過ぎてしまった
「時間」はもう戻ってきません。

だから、あなたも、
この「今」からの時間を
大切にしませんか?

あなた自身と、
あなたの大切な人の為にも。

ここで一つ重要なのは、

この状況は転職したからと言って
解決される問題ではない

ということです。

AIで対応できてしまう
作業やスキルが今後ますます
増加していくでしょう。

一例ですが、

私の一つのスキルである外国語。
(イタリア語)

同時通訳・翻訳の分野でも
既にAIの導入、活躍が
目立ち始めています。

車の自動運転や、
ロジスティックス倉庫の
仕分けもそうですね。

「私はこのスキルがあるから、
一生問題なく暮らしていけるんだ!」

という特定のスキルも、
今度さらに絞られていくでしょう。

では、どうすれば良いのか?

自分で分からなければ、
自分よりも視野が広く、

経験豊かな人との繋がり、
【ご縁】を作ること。

その【ご縁】、
繋がりこそが

これからの時代に
重要になっていくはずです。

いきなり頭からバケツいっぱいの水をかけられたらどう?

ハッ!とさせられた
動画との出会い

2019年9月末。

長年に渡って

代表取締役社長の
右腕として勤務していた会社
を退職しました。

『神様』から
与えてもらったチャンス。

それでもまだ1年は
退職の決意が固まらないで
いたところ、

今度はオフィスで
気絶するというハプニングが。

そのエピソードをきっかけに、
人生の再スタートをきる
決断をしました。

退職時、転職先はまだ決まって
いなかったものの、

まずは自分の身体とマインドを
しっかりとケアすること
を決め、数か月間は
『自分ケア』に専念しました。

いくつかのオファーも
頂いたのですが、

目先の【コンフォート】
には目を向けずに、

『今から、ここから』
の人生のレールと
初めて向き合いました。

ビジネスセミナーなどにも通い、
これからの生き方、
在り方について
じっくりと考えていました。


情報収集や
資格取得の為の学習で、

ノウハウコレクター
になりそうだった私でした。


ただ、心の声はクリアでした。

「もう時計ばかり見ている
私には絶対に戻らない。

家族、子供たちとの時間
を大切にする!」


そんな中、

睡眠中にバケツいっぱいの水を
ぶっかけられたような

 ↑ 例えにコレが
ピッタリなんです。



衝撃的な動画に出会いました。



私の生き方を変えた動画


信頼している友人からの紹介で、
この動画を拝見しました。

動画は3本に分かれていました。


最初は半信半疑で、
よくある話の一つだろう
と思いながら見始めました。

1話を終えたら、
「え、もう終わり?」

続きの2話、3話も
集中力は全く落ちず、

どんどん動画の世界に
引き込まれていきました。

この動画に出会うまで、

このようなタイプのビジネスは
全てお断りしてきたのですが、

この動画だけは
ストンと腑に落ちたというか、

恋愛に例えたら

『一目惚れ』でしょうか。

全ての動画を見終えた時点で、
80%は参加を
決めていたと思います。

いくつかの疑問点や質問が
ありましたが、

通話コンサルの場で
全てクリアになりました。


よくある悩みや質問

  • Q
    従業員としてこのまま働き続けて
    いいのだろうか。

    かといっていきなり脱サラも
    勇気がいるし、
    何から始めていいのか分からない。
    A

    と、サラリーマン人生に
    不安を覚えている方。


    自営業だけど、精神的にも金銭的にも
    なかなか辛いという方。


    どうすればそのような状況を脱出できるのか分からない方。
  • Q

    何に取り組めば良いか分からないし、
    誰に相談すれば良いか分からない。
    A

    と、信頼できる相談役が身の回りに
    いらっしゃらない方。

    自分よりも視野の広い人、
    経験豊富な人との繋がりの必要性を
    感じている方。
  • Q
    前向きに人生を好転させようとする
    仲間が欲しい!
    夢を応援し合える味方が欲しい!
    信頼できるメンターに会いたい!
    A

    と、コミュニティや
    仲間を求めている方。


    そんなあなたが求めている答えが
    きっと見つかります。
  • Q

    何に取り組めば良いか分からないし、
    誰に相談すれば良いか分からない。
    A

    と、信頼できる相談役が身の回りに
    いらっしゃらない方。

    自分よりも視野の広い人、
    経験豊富な人との繋がりの必要性を
    感じている方。

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

2話以降をご覧になりたい方は

DMでお問い合わせ下さい

❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖❖

    
   ※ 江川ミキのアカウント


       ↓ ↓ ↓ ↓ 

Facebook


https://www.facebook.com/emamikimilano

アメブロ

https://ameblo.jp/emamikimilano 

Twitter

@EmanuelliMiki

LinkedIn

http://linkedin.com/in/miki江川4723282a