プライムイングリッシュの
口コミ・評判はどうなのでしょうか?

英語の勉強方法で悩みを持つ方は多いです

学校での英語は勉強したけど、実際に英語を聞くと何を言っているか全然わからない。
実際に英語を使った仕事をしたい、使うときがくる可能性があるけど、どうしたらいいのかがわからない。
TOEICの勉強をしても、実際に英会話ができるようにならない。どうしたら英会話ができるようになるんでしょう?
英語の音声を聴いているだけで英語が話せるようになるとは思えない。
何が良い勉強方法はないのでしょうか?
英語の音声を聴いているだけで英語が話せるようになるとは思えない。
何が良い勉強方法はないのでしょうか?

プライムイングリッシュの教材が今人気になっています

英会話をきちんと基礎から学んでいきたいという方におすすめの教材としてプライムイングリッシュが人気となっています。

プライムイングリッシュは聞き流しでは英語は話せるようにならない!と従来の教材に対して異なるアプローチをしています。

音声変化をしっかりと練習することによって繋がって聞こえる英語がしっかりと効きとれるようになるというものです。

6ヶ月間のトレーニングで英語の聞き取る力を着実に上げることができるようになります。

聞き流しの英語教材では理解できなかったという人へ

英会話教材というと英会話の聞き流しによる学習法が人気となっています。
英会話をひたすら聞いていれば自然と英語が話せるようになってくるものです。

赤ちゃんは文法等を勉強するわけではなく、自然と英語を大量に聞いているから英語が話せるようになる。同じように英語を大量に聞けばいい、難しいことは学ばなくてもいいというのがよくある英会話学習のスタンスとなっています。

ただ、現実的にはこの方法で英会話を学ぼうとして失敗する人は多く出てきています。

聞き流しで言語をマスターするには、大人になってからではある程度の能力があることが前提となっており、一定レベルに達していない人が英語を聞こうとすると、よくわからない言葉の連続となってしまい、とても続けられないということが起こります。

赤ちゃんは大量の英語を聞いているとはいっても、本当に朝から晩まで英語に触れている環境、触れなければ生活できない状況に置かれているからできることであり、大人の日本人が日常で行うにはかなり厳しいというものになります。

それよりは初級レベルの方はプライムイングリッシュのような教材で、発音、音の聞こえ方についてしっかりと学んだ方が結果的に近道になるということになります。

英語を聞きとるためには音声変化が重要

プライムイングリッシュの教材で重視しているのは音声変化。
「What do you want to do?」
この英語が
「ワドゥヤワナドゥ?」
と現実には聞こえます。

学校英語の知識では、こんな発音でのこの文章を聴きとるなんて意識はないですよね?この学校の勉強の延長では、ネイティブ発音に対応できず、何を言っているかがわからなかったりします。

このようなネイティブの基礎的な音を理解できるようになっり、全体的に英語を聴きとれるようになれば、何か知らない単語を言われたとしても聞き返すことができるようになります。

単語等の知識・文法等よりもまずは基本的な表現が聴き取れるとかどうかというところが大事なのです。

ネイティブスピードに慣れることができるのが良い

この教材ではネイティブスピードに慣れながらも、じっくりと遅いスピードで細かい部分も聴くことができるというメリットがあります。

その分聴きこまなければいけないという大変さはあるかもしれませんが、最終的にネイティブスピードを自然に聴くようにするためには、このようなトレーニングは良いと考えられます。

ネイティブの方から話しかけれらたときに、英単語の意味がわからないではなくて、発音が速すぎて、音がくっつきすぎてわからないというのが問題となってきているはずです。

筆談だったらほとんどの日本人が文法は多少忘れているとしても意思疎通ができないなんてことはないでしょう。

でも、直接話しかけられると全然わからない。この話し言葉がわかるようにしていかないといけないのです。

ただゆっくりと発音していくだけの教材というのは実は多くありますが、こうした教材をいくら聴きこんでもネイティブの会話は聞き取れるようにはならないと思います。

もちろん1対1でしたら非ネイティブの日本人に合わせてゆっくりと話してくれるということもあるかもしれません。でも、目標とするのはそんなところじゃないですよね。

本気でネイティブのナチュラルスピードの会話を聴きとることができる教材を選びたいものです。

プライムイングリッシュ利用者の口コミ

プライムイングリッシュの口コミを調べてみると以下のような口コミ・評判が出ています。

・ボリュームがそこまで多いわけではなかったのですが、これが逆に良かったです。消化不良になるよりも、ここをやっておけば大丈夫というのが厳選されている方がいいですね。

・音声変化の部分がカタカナで書いてあるのがわかりやすかったです。

・確実に使えるフレーズが増えていくというのがいいです。

・スロースピードの音声とナチュラルスピードの音声があって、英語のリスニングがダメという人にとっては本当に役立つようになっています。とにかく聞き取れない音声が減っていくという感じがあります。

・他の英語教材のように高額で大変ということもありませんし、返金保証もありましたので、購入しやすいと思いました。

・学校英語の延長だとダメだということがよくわかりました。最初からこういう教材で勉強できればと思いました。

・テキスト6冊、CD12枚。やはりこのくらいの量がベストですね。6ヶ月の期間ということで、無理がない、飽きない、疲れない良いボリュームだと思います。

・リスニングとスピーキングが同時にできるようになっていて、教材ですがしっかりと話せるようになるというのがいいです。

・英会話教室に通おうと思っているのですが、いきなりではなく、プライムイングリッシュのような教材で基礎を身に着けてからというのでもいいと思いました。

・初心者向きの英語教材という感じがしました。本当にリスニングが苦手な人向きですね。

・他の教材で挫折した人にもこれなら大丈夫だと思います。

・大量の英会話を浴びるのは苦手という人もプライムイングリッシュであれば安心です。

・日本人は聞き取りと発音が苦手なので、こうした専用教材で勉強するのがいいと思います。

ボリュームは多すぎない教材です

プライムイングリッシュの内容を見ると
・CD12枚 (6枚組×2ケース)
・Introduction(教材取り扱い説明書)
・テキスト6冊 (各32P×6冊=192P)
となっています。

半年間かけて勉強する教材にはなるのですが、決してそんなにボリュームが大きいという教材ではありません。

これが良いポイントになってくるのです。

教材ボリュームが多いとなんだかお得な気分になって、かなりの英語が身につく気がしますが、実際には何もかも中途半端になる、なんてことは十分あり得ます。

消化できない量の英語を勉強してもNGなのです。時間がたっぷりあって、他にも英語を勉強する余裕があるという方は、この教材をベースとして1日30~60分程度をやって残りの時間は他の勉強方法を試してみればいいでしょう。

あくまでプライムイングリッシュは学習の基礎ベースとして使っていくというような方法です。

時間がそれほど取れないという人、社会人の場合、忙しくて時間が取れないという人がほとんどだと思います。

そんな人は、このプライムイングリッシュをじっくりやりこむでOKです。焦って下手に他のことに手を広げる必要はありません。

まずは単語や文法やいろいろな表現をというより基本的な表現を覚え、ネイティブのナチュラルスピードであってもきちんと聴きとれるようになることが大事です。

基本ができないのに、多くの応用のことができるわけはありません。基礎から地道にやっていくという気持ちが必要なのです。

プライムイングリッシュに向いていないという人はいるの?

プライムイングリッシュに向いているのか、向いていないのか、これを見極めるというのはなかなか難しいところはあるかもしれません。

1.ビジネス英会話を目指す人

まず大きな前提としては、日常英会話を学ぶのがこの教材になりますので、ビジネス英会話を身に着けたいという人には合わないかもしれません。

基本的な英会話ができないのにいきなりビジネス英会話に行くというのはもっと大変になってしまうかもしれませんが、中には仕事の都合などで、先にビジネス英会話をやらなければいけない、TOEICで高得点を取らなければいけないという人もいるでしょう。

こうした方には、プライムイングリッシュではなく、ビジネス用の別の教材か英会話スクールという選択肢をとった方がいいかもしれません。


2.精聴が苦手な人

プライムイングリッシュの教材はどちらかというと精聴型の教材になっています。これはどういうことかといいますと、英語の勉強の場合、とにかく多くの英語に触れる、英語を聴く多聴の勉強と、同じ英語をしっかり聴きこむ精聴型というのがあるのです。

一つの英語を何回も聴くのはどうしても飽きてしまう、とにかくたくさん聴きたいという人にはこの教材は合っていないかもしれません。

聴きこむことは非常に大事なことにはなりますが、やはり大変な部分はあります。とにかく量でカバーできればいいというタイプの人は向かないのかなと思います。

14日間の全額返金保証がついています

プライムイングリッシュを公式サイト経由で購入すると14日間の全額返金保証がついてきます。

そんな保証なんてついても別に・・・とか、たった14日では何もわからないのでは?なんて思う人もいるかもしれません。ですが、この全額返金保証というのは超大事な仕組みです。

14日間以内であれば、別に教材が壊れているとかそういうことではなく、中身を見た上で返金ができるということです。

家に届いて中身を見たらこんなはずじゃなかった・・・、買って損した・・・なんて事態は避けられるわけです。自分のイメージと全然違う英会話教材を買ってしまって後悔した、届いた瞬間にできるわけないと思った、なんて人にとっては本当に助かる仕組みです。

通販で不安になるのが中身がよくわからなということですが、この全額返金保証があれば最悪どうにでもなるということで安心できますよね。

もちろんいたずら等はNGですし、良いと思ったらしっかりと使ってみてくださいね。

プライムイングリッシュの購入について

ここではプライムイングリッシュについての内容を第三者から見た目で紹介させていただきました。
詳しい内容は公式の販売ページにも記載されています。是非チェックをして、既存の英会話教材と違うということを感じてみてください。今度こそ、英会話をしっかりと話せるように頑張ってみましょう!
以下からプライムイングリッシュの公式情報を確認してみてください。
































~追記・補足~

リスニングを体験してみました

プライムイングリッシュで本当にリスニングが上達するのか?ということで私も実際にリスニングを聞いてみました。

流れてくる英会話なのですが、確かに速いです。
本当にこんなに速いの?というくらいに速いんです。

そして音声変化が入っていて、単語がくっついてしまっている、繋がっているところでしょうか。本当に繋がってる部分が聴きとれないということが実感できました。

こんなに聴きとれないの?と驚いてしまうくらいです。
英会話スクールに通っていたことはあるのですが、講師がこんなに速く話すことはなかったような気がします。

もしかすると意図的に遅くしていたわけではなくても、ノンネイティブ向けの話し方、スピードになっていたのかもしれません。

一般的にyoutube等の英語を見ても英語を教えるというようなテーマの動画ではゆっくり聴きとりやすい英語になっていますけど、ネイティブ同士の会話。インタビューだと途端に聴き取りにくくなりませんか?

これも音の繋がりの話で、ノンネイティブ向けとネイティブ同士の会話は違うと考えた方がいいのかもしれません。

続ければ聴きとれるようになるのか?

プライムイングリッシュを続けていけば英語が聴きとれるようになるのか?ということに関しては、「聴きとれるようになる」と言えると思います。

発音に慣れるかどうかということは本当に大きいのです。

日本語も例えば「いらっしゃいませ~」というのが速くなって「っらしゃいせ~」と言われても意味がわかるのと一緒なイメージです。

英語も「Nice to meet you」が聴きとれない人はいないと思いますが、それと同じで定番フレーズはどんどん速く、言葉が繋がってきますが、何回もトレーニングすることによって、そのかたまりごと頭に入ってきて、聴こえるようになってきます。

英語でも難しい単語であったり、聞きなれないようなことを話すときは、それなりにスピードは落ちてきます。速いのは日常会話の日常的な表現という部分。この部分をしっかりとマスターすることができるのもプライムイングリッシュの教材ならではと思うのです。

ふと英語をさらさらっと話されたときに対応できるのかどうか、これは普通のリスニング教材、日本人向けに遅くつくられたリスニング教材ではなく、ネイティブスピードから学べる教材であることが必須だと思うのです。

話すことができる仕組みはいいと思います

プライムイングリッシュはただリスニングとして英語を聴くだけではなく、自分自身で話すことができるように工夫されています。

これは、面倒だと感じるかもしれませんが、いい仕組みだと思いました。

聴くだけのリスニング教材が多くて、もちろん聴いてみて実際に自分でも発音してみてください、というようなことは書いてあったりするのですが、なかなかやりませんよね。

これを強制的にやらせる仕組みがある、会話の登場人物になりきって自分も真似する仕組みがあるというのはいいです。

発音するのと聴くのとは全然違っていて、聴いて判断することはできても、自分で発音することができないというのはよくあるんです。

話すことが慣れていないと口から出てこないんですよね。
最終的にリスニングで聴くことができるようになるだけではなく、しっかりと英会話をしていきたいという人がほとんどでしょうから、この仕組みはありだと思いました。

ただ音声を聴いて終わりではないというところで、面倒なところはあります。何もしないで楽をして、英語がペラペラになるとはちょっと違うんですよね。

やはり楽をして英語を身につけるというのは日本で生活している限りは難しいです。この教材を使って頑張ることによって話すことができるようになるのであれば、いいのではないでしょうか。

カタカナ表記が書いてあるのは発音にいいの?悪いの?

プライムイングリッシュのテキストには英文にカタカナの読み方がついています。昔ながらの日本語で読むような書き方ではなくて、英語では実際にこう発音されているというような書き方です。

カタカナ発音が身についてしまっているという人にとっては、その発音を矯正していくにはいいかもしれません。

個人的には英文の上にカタカナが載っているのはちょっとかっこ悪いかなと思ってしまいました・・。とはいっても誰かに見せるようなテキストではないんですけどね。

カタカナ発音そのままでは英語は通じないけど、英語風に直したカタカナで発音すれば意外と英語は通じるなんてことも言われていたりします。

最終的には音声を聴いて、その発音を真似して、完全にカタカナ英語からは脱却したいですね。

でも本当にこれは難しいです。日本人の発音ってすぐにわかってしまいますよね。日本人ならではのクセがついてしまってなかなかネイティブレベルに近づくのは難しいというか。

これは、プライムイングリッシュよりももっと先のレベルの話になります。まずはネイティブ発音よりも、通じる発音を、そして通じるコミュニケーションを。

いきなりすべてを完璧にというのは難しいので、一歩一歩、身につけていくことが大事です。

オンライン英会話とプライムイングリッシュってどっちがいい?

ここで、他の勉強方法とどっちがいいのかについて考えてみたいと思います。
オンライン英会話のサービスは数年前くらいから流行り始めて、今ではもう当たり前に使われているものになりましたよね。

オンライン英会話で学習するのと、プライムイングリッシュで学習するのはどちらがいいのでしょうか?
オンライン英会話ももちろんいいと思います。

オンライン英会話とプライムイングリッシュのような教材とは役目が違うというように感じます。

オンライン英会話はどちらかというとアウトプット中心に使うのがいいですね。実際のネイティブしか使わない表現や、そんな表現もあったのかということをその場で知るには良い環境、実際に会話が通じるかを試して自分の実力をブラッシュアップしていくには良い環境だと思います。

オンライン英会話で基本的な表現をゼロから学んでいくというのはちょっと非効率かなと思うのです。

話す力が圧倒的に不足している人はまず基礎をある程度身につけてからやらないと、あまり会話にならないで終わってしまう、実力不足でストレスに感じてしまうというところがあるように思います。

いきなりネイティブ、ネイティブのように話せる外国人とオンラインで会話というのは結構大変なものです。

その前の準備段階としてプライムイングリッシュをやるのがいいと思うのです。中級者以上と自覚のある人はいきなりオンライン英会話でいいと思います。

プライムイングリッシュはどのくらいなんでしょうか。
TOEIC600点レベルを目指すような人がいいなんて書いてあるようなブログもありますね。
そのくらいかもしれません。あまり上のレベルになってくるともの足りないと感じる部分は出てくるかもしれません。TOEIC700-800点レベルになってくると、そのままオンライン英会話でもいいと思います。

ただ、音の繋がり部分を深く学ぶという点では、TOEIC高得点者でもプライムイングリッシュを学習する価値はあると思います。

プライムイングリッシュを6ヶ月間しっかりとやりこんで、そこからオンライン英会話に移行していく、そんなやり方が優れているのかなと思います。

聞き流しの教材とプライムイングリッシュを比較してどうだった?

実際のところ、プライムイングリッシュと聞き流しの教材を比較した場合にどんな結果になるんでしょうか?

聞き流しの教材、私も実際にやっていたので、内容はわかっています。
あの教材も内容は決して悪くありません。

飛行機やショッピングや旅行、ビジネス上のシーン等ある程度のシーンでの英会話がずっと続くので役に立つような会話にはなっているのかなとは思います。

ただ、ひたすらに量が多い、とても最後まで続かないという人が多いと思うんです。あれを最後まで完全に終えられる人はどのくらいいるんでしょうか・・・。ただ聞き流すだけで終えられる人はいるとは思いますが、はっきりいって聞き流すだけだと全然頭に入ってこないと思います。

日本語と英語、英語だけのバージョンがありますが、日本語が入っているものだと結局日本語のストーリーだけを覚えてしまって、英語はさっぱり頭に残らないというような状態になってしまいました。

やはり英語をマスターするのに楽はできないなということを感じました。
あの教材が悪いというのではなく、聞き流すのではなく、しっかりと発音したり、読みこんだり、書いたりということをしないと身につかないなということです。

それをあの教材の分量をやろうとなると、はっきりいって大変すぎ。無理がありすぎというような話になってしまいます。

それでもやればしっかりと実力はつきますが、費用対効果はどうなのか?というところ、同じ時間をかけるのであればもっと別のことができるのでは?という話が出てきます。

また、英文が遅いというのがあって、あれが致命的な欠点になってきます。ナチュラルスピードじゃないんです。英会話力は頑張れば身につくと思いますが、リスニング能力については上達は結構厳しいのかなとも思います。

こういったことを考えると、初級者レベルの人の場合、まずプライムイングリッシュでしっかりと基礎を身につけた方がいいのではということを思います。
補足も見ていただきありがとうございました。
以下からプライムイングリッシュの公式情報も確認してみてください。