貴社の人材開発の一番の仲間
(Primary Partners)でありたい。
それが私たち
「プライマリ・パートナーズ」の願いです
    お問合せ: Tel:  03-6403-4915  
                     mail:  tkato@primary-p.com     
             パソコンで ご覧の方はここをタップ

企業内の人材開発担当者様、

2019年「本気の人材開発」を
スタートさせましょう!


人材開発に充分取り組めていますか?

それはあなたの会社にとって最適なものですか?

社員研修・能力開発プランの設計・実行は
プライマリ パートナーズにお任せください!

プライマリ パートナーズが、
本気でご支援します。

ようこそ、プライマリ・パートナーズのホームページへ

「人材開発に充分取組めていますか?」…皆様の回答はいかがでしたか?

人材開発が重要でないと考えているご担当者様は1人もいないでしょう。
例えば、人材開発担当者様は、企業様の中で最も多く書店の「ビジネス書コーナー」に通う方だと思います。

「この本のテーマは当社にぴったりなのではないか?」
「この考え方を導入すれば社員のやる気が向上するんじゃないか?」
 などと考えながら、ご自身の読みたい「小説コーナー」には行かず、いつも「ビジネス書コーナー」に行ってしまうのです。
本当に頭が下がります。

しかし、そうした熱心な人材開発担当者様が溢れている反面、
「実際に人材開発プランが導入され、軌道に乗っている企業様が少ない」
という事も事実です。

…おかしいですね。これは何故なのでしょうか。


何故「人材開発プラン」は軌道に乗らないのか?

その理由は大きく分けて2つあると思います。

理由1:
人材開発は重要性は高いが、
緊急性は低い

例えば管理職に対して「リーダーシップ研修」を今すぐに実行しなくても明日会社が破綻するわけではありません。
営業員の「課題解決営業スキル」が不十分だったとしても明日急激に売り上げが落ちると言うわけでもありません。
だから人材開発に関する最初の1歩がなかなか踏み出しにくいのです。
その1歩が「ものすごく重要なことだとわかっているのに」です。

何故「人材開発プラン」は軌道に乗らないのか?

理由2:
人材開発は”面倒くさい”

はっきり申し上げて人材開発プランの作成と実行はかなり面倒です。

「そもそも社内にどんな問題があるのか?」
「どんな解決策があるのか?」
「誰に・いつ・それを実行すべきなのか?」
 …等々、考えるべきポイントがたくさんあります。
真剣に対峙すればするほど、「面倒くさい」という魔物が現れるのです。

①人材開発が重要なことはわかっているけれど
②今すぐ実行しなくても会社に急激に悪影響があるわけではないし
③しかも大分面倒くさい
④よし、もう少し目の前の業務が落ち着いたらその時に考えよう…

…「その時」は、いつまでたっても訪れません…
こうして、人材開発プランは軌道に乗らずに
「次の仕事リスト」の常連になっているのです。

しかしもうご安心ください。

面倒な部分は、私たちプライマリ・パートナーズが担当します。

皆様は「人材開発のワクワクするビジョン」を語って頂くだけで結構です。

今こそ、私達と共に「本気の人材開発プラン」をスタートさせる時です!

何故、プライマリ・パートナーズは
あなたの会社にとっての
ベスト・パートナーなのか?

答え:
  プライマリ・パートナーズの   
     ビジネスモデルが、    
   あなたの会社の人材開発に   
 ジャスト・フィットするからです! 

プライマリ・パートナーズの
ビジネスモデル

人材開発担当者様と協働して、
以下の5STEPで、
人材開発ビジョンを実現してゆきます。
STEP1
問題・課題の特定

STEP2
育成プランの作成

STEP3
コンテンツの作成

STEP4
人材開発施策の実施

STEP5
フォローアップ
STEP5
フォローアップ

STEP1
問題・課題の特定
現状を分析して企業ビジョン達成のための問題点や課題を特定します。

手法:
①社員同行、②社内会議参加、
③インタビュー、④アンケート等

意義:
これまで気付かなかった「問題点」「課題」が明確になり、育成プラン作成のための重要な指針となります。
STEP2
育成プランの作成
3か月、半年、1年、3年後の人材開発上の「あるべき姿」を定めます。

手法:
人材開発担当者様、経営者様と共に綿密な打合わせを通して確定します。

意義:
一過性ではなく、「中長期の人材開発ビジョン」が作成されるので、持続的人材開発のバイブルとなります。
STEP3
コンテンツの作成
能力開発コンテンツ(研修、コーチングプラン等)を作成します。

手法:
① プライマリ・パートナーズ保有の
  基本コンテンツのカスタマイズ

② 完全な新規作成

意義:
貴社にジャストフィットの
「オリジナルコンテンツ」が出来ます。
その為、現場で発揮させやすいスキル
の習得ができます。
STEP4
人材開発施策の実施
スケジュールに基づき実際の施策を実行します。

手法:
①スクール研修
②グループコーチング
③ワン-オン-ワン・コーチング…等。

意義:
貴社の現状、ビジョン、業態特性等を深く理解したコンサルタントが研修やコーチングセッションを実施します。
従って、貴社のリアルに寄り添ったファシリテーションが実現します。
STEP5
フォローアップ
研修や各セッション終了後、受講生へのフォローアップを実施します。

手法:
①フォローアップセッション開催
②電話でのフォローアップ 
 (カウンセリング、メンタリング等)
③商談資料添削…等


意義:
学習内容をその場限りの「インプット」で終わらせず、現場で「アウトプット」できるように、フォローアップを実施します。
企業様側の人材開発担当者様のコミットメントもいただきながら引き続き「協働」して、現場での成果実現を目指します。
STEP2
育成プランの作成
3か月、半年、1年、3年後の人材開発上の「あるべき姿」を定めます。

手法:
人材開発担当者様、経営者様と共に綿密な打合わせを通して確定します。

意義:
一過性ではなく、「中長期の人材開発ビジョン」が作成されるので、持続的人材開発のバイブルとなります。

  以上の5STEPS
人材開発担当者様の
「たら・れば」
「ので・から」に!

*人材開発をしっかり実行していたら
*あの時、いい会社とタイアップ
していれば


*人材開発をしっかり実行したので
*あの時、いい会社とタイアップ
したから

当社の人材開発は成功した!


プライマリ・パートナーズに、
ご連絡をお待ちしております!

是非私たちにご連絡ください。
そしてあなたのビジョンをお聞かせください。
それが私達のサクセスストーリーの序章です。
       
      プライマリ・パートナーズ 
                                   代表 加藤定一

「私の仕事、世界レベル!」


そんな風に笑顔で話す「キラキラ社員」を
一人でも多く育てましょう!
貴社の人材開発の一番の仲間でありたい。
それが私たちプライマリ・パートナーズの願いです。

プライマリ・パートナーズへの
 ご商談申し込み&お問合せフォーム 

◆ご商談を希望される方は、以下該当部分に商談希望日時を「第3候補」まで入力下さい。
◆その他お問合せは、以下該当部分に「お問合せ内容」を入力して下さい。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。