猫のおやつチャオチュールって?
塩分や安全性を調べてみました!

チャオチュールはご存知ですか?

チャオチュールって知っていますか?
最近はもう、猫を買っている人で知らない人はいないほどのチャオチュール。
猫ちゃんのおやつで大人気を集めており、「飼い主が引くほど食いつきがいい」と言われている、棒状パッケージに入った、舐めて食べるおやつです。

なぜ、塩分や安全性を調べるのか?

そんなチャオチュールですが、最近はこんなツイートで話題になっています。

ーーーーーーーーーーーー
猫が腎不全になって色々調べるようになったらおやつにあげてた「チュール」の塩分濃度が非常に高い事がわかった。

これは健康な猫でも頻繁に与えればやがて腎不全になりうる可能性があるってこと。

こんな事病気にならないとわからないよね…(´;ω;`)

出典:Twitterに投稿された内容。現在は削除済み
ーーーーーーーーーーーー

このツイートがバズり、今までチャオチュールを猫ちゃんにおやつとしてあげていた、色々な飼い主が、塩分や安全性を疑うようになり、ネットでも色々な情報が飛び交っています。

塩分や安全性、実際はどうなの?!

と言うことで調べてみましたが、結論からいうと問題ないようです。

ツイートした本人も軽い気持ちでツイートしたようで、のちにフォローを入れています。

獣医師さんが認めた「大丈夫」

色々と調べていると、割と信頼感のあるサイトで「獣医師さんが出てくる記事」があるのですが、その記事によると全く問題ないようです。
20匹のネコを飼っている方の家でテストをしたようです。

まず、原材料は大丈夫?

チャオチュールは15種類あるそうなのですが、全てのパッケージの裏を獣医師さんが確認したところ、唯一いうとすれば、「15種中9種にタンパク加水分解物が含まれていること」だそうです。ただ、体内で分解する際に少しだけ、負担になる可能性がある、くらいの事らしいです。

気になる塩分濃度は!?

「タニタの高精度デジタル塩分計」で計測したそうなのですが、全ての種類で塩分濃度が0.4~0.6の範囲内だったそう。この塩分濃度なら1日2〜3本あげても大丈夫とのことです。強いて言えばカロリーが少し高めなので、カロリーを確認し、主食のキャットフードを調整すれば良いと言うことでした。

あまりの食い付きに確かに心配になりがちですが・・・

塩分濃度も原材料も全く問題ないようです。また、人工防腐剤や合成着色料も入っていないようで、発ガン性に関しても問題ないようです。ようは安全性もバッチリと言うことですね!最近はネットで様々な情報が入手できますが、逆にこのように、デマのようなものや、軽く発言してしまったもの、が出回ってしまうこともあるので、ネットの情報は鵜呑みにせずに、少しでも疑問に思ったら自分で真相を突き止めるべきですね!

変な情報で、大好きな猫ちゃんがチャオチュールを食べれない、と言うことがないよう、しっかりとした情報を選んでいきましょう!