愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック

6歳から10歳くらいに実施する
小児予防矯正って知っていますか?

歯科矯正には1期と2期があります。2期は6番臼歯が生えた後に、歯にワイヤーを接着して行う矯正です。歯列矯正といわれて一般にイメージされるのは、こちらが多いのではないでしょうか。
愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック

小児予防矯正とは

小児予防矯正とは1期に行う矯正で、永久歯が生えそろう前の6歳から10歳くらいの子供に対して行う矯正です。成長により顎の骨が大きくなっていく力を利用し、歯並びを整えていきます。着脱可能なマウスピースを使用し、舌のクセを直す運動を組み合わせて行います。また、自然な成長に合わせて歯を移動させるため、永久歯が生えそろってから行う矯正に比べて痛みが少ないのが特徴です。

愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
さらに歯並びは骨格だけで決まるものではありません。舌のクセが大きな影響を及ぼします。例えば常に舌で前歯の裏を押していたり、舌の先を軽く噛んでいる場合には、前歯が外に押し出された、いわゆる「出っ歯」の原因になります。当クリニックの小児予防矯正では、このような舌のクセを直す運動プログラムも併せて行います。

小児予防矯正の必要性とは?

愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック

小児予防矯正とは、6歳くらいから10歳くらいの子供を対象とした歯科矯正です。永久歯が生えそろう前に、着脱可能なマウスピースを使用して矯正を行います。永久歯が生えそろってから行う矯正に比べ、痛みがほとんどないのが特徴です。また、小児予防矯正は成長に合わせて歯を整えるため、自然な歯並びが得られます。

愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
歯並びを整えるメリットは、見た目が整うだけではありません。歯磨きなどのケアが行いやすくなり、虫歯になりにくくなります。さらに、かみ合わせや、舌のクセが良くなるため、骨格が整い姿勢が改善する効果が期待できます。しっかりと歯を噛めるようになることから、身体的なパフォーマンスが向上したり、頭の回転が良くなるともいわれています。歯並びが悪い状態だと、口呼吸をしているケースがありますが、矯正とトレーニングにより鼻呼吸ができるようになります。鼻呼吸になると、歯周病になりにくくなったり、風邪をひきにくくなるなどのメリットも期待できます。

姿勢と口腔の深い繋がり

愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
姿勢と口腔は深い繋がりがあります

歯並びだけでなく、舌も含め、口の中の状態は人の姿勢に大きな影響を与えます。なぜなら、舌は筋肉だからです。
本来ならば、舌は上あごについているのが正しい状態なのですが、舌の力がゆるみ、上あごから落ちてしまっている子供が少なくありません。身体の筋肉は連動していますから、舌が緩んでいると、お腹など全身の筋肉がゆるんでしまいます。そのため、姿勢が崩れてしまうのです。

愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
舌の位置と姿勢の話
一方で舌が正しい位置にあり、正しく引き締められていれば、他の筋肉にも良い緊張が伝わります。したがって、姿勢も整うようになるのです。
愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
どうして姿勢が悪くなるのか?(生まれてからのいろんな原因)

舌の発達は、おっぱいやミルクを飲んでいた頃からはじまり、他の部位の筋肉とも関連しながら成長していくのですが、その中で良くないクセがついてしまうことがあります。原因は様々で、現在の生活様式全体が関係しているといっても過言ではありません。

愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
舌の位置と姿勢の話
一方で舌が正しい位置にあり、正しく引き締められていれば、他の筋肉にも良い緊張が伝わります。したがって、姿勢も整うようになるのです。
愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック

歯が矯正されていることのメリットは?

  • 身体的なパフォーマンスが向上
  • 頭の回転が良くなる
  • 歯周病になりにくい
  • 風邪をひきにくい
  • 頭の回転が良くなる

高師ほんごう歯科クリニック
小児予防矯正のメニュー

愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
マウスピースの装着指導(MFT)

歯科の視点から行う矯正です。マウスピースの装着指導などを行います。

愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
筋膜リリースのマッサージ

筋膜リリースのマッサージです。筋肉の偏りによって発生した体のアンバランスとクセをケアします。運動療法で足りない筋肉を作っても、体のクセが残っていたのでは、すぐに元に戻ってしまうからです。筋膜リリースによって身体をリセットし、運動療法の効果をバックアップします。

愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
運動療法
おっぱいを飲んでいた頃からの発達段階を見直し、足りない筋肉をチェックします。その後、理学療法士の指導のもと、トランポリンや踏み台昇降、縄跳びやスクワットなどの、10パターンほどの運動を組み合わせ、それぞれに合ったトレーニングを計画します。舌だけでなく、体に足りない筋肉を作っていきます。
愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
運動療法
おっぱいを飲んでいた頃からの発達段階を見直し、足りない筋肉をチェックします。その後、理学療法士の指導のもと、トランポリンや踏み台昇降、縄跳びやスクワットなどの、10パターンほどの運動を組み合わせ、それぞれに合ったトレーニングを計画します。舌だけでなく、体に足りない筋肉を作っていきます。

サーキットトレーニング

高師ほんごう歯科クリニックの小児歯科予防矯正で実施している、運動療法の動画になります。 専門のトレーナーが指導にあたります。

運動部門(理学療法士)

愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック

担当/横山 三純(よこやま みすみ)

豊橋市ライブフィットネスで子どものダイエット〜大人のダイエットプログラム、80代の高齢者に対して身体健康改善を行って来ている。
また、理学療法士としても活躍し身体の評価と改善を行ってきた。
その数延べ1000人(身体の評価)
子どもの身体の使い方の問題定義と、高齢者の健康寿命に関して、知識と経験を活かすために今回は高師ほんごクリニックに共感し、運動プログラムを受け持ってくれることとなった。

治療までの流れ

Step.1
矯正の相談
まずは、お問い合わせください。事前に問診票を記載いただくとスムーズです。
Step.2
口腔のチェック

口の中の様子を確認します。その際に動画撮影し、水を飲む様子とおしゃべりをする様子をチェックします。
矯正の必要性の有無や、歯の健康についてのアドバイスを行います。

Step.3
体の診断

口の中や、立ち姿勢、顔の表情、足の指などの写真撮影を行い、全身の筋肉の状態を診断します。

Step.4
カウンセリング

現在の様子や舌のクセ、筋肉の状態などについての診断結果をお伝えし、矯正の方針などについてお話します。

Step.5
矯正開始

矯正方針にしたがって、矯正をしていきます。矯正館完了まで頑張りましょう

Step.2
口腔のチェック

口の中の様子を確認します。その際に動画撮影し、水を飲む様子とおしゃべりをする様子をチェックします。
矯正の必要性の有無や、歯の健康についてのアドバイスを行います。

無料カウンセリング申し込み

お電話でもお気軽にお問い合わせください
受付時間 9:00〜13:00 14:00~18:00
土曜午前 9:00~14:00
定休日 木曜・土曜午後・日曜・祝日
フォームでのお問い合わせ
お気軽にお問い合わせください。
愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック

院長ご挨拶

愛知県豊橋市の小児予防矯正_高師ほんごう歯科クリニック
知っていましたか?
口呼吸は、異常な呼吸と言われてるんです。例えば鼻での呼吸をせずに、口呼吸での生活を続けていると、成長が十分にしない「劣成長」と言う状態になってしまいます。(呼吸に鼻を使わなければ、発育はしにくいのですね)

では、どうして異常な呼吸と言われる、口呼吸になってしまうのでしょう? それは、小さな時の生育に関係があります。お子様の歯を含む顔面の成長発育は上顎と下顎で大きく違いがあるんです。 下顎の成長ピークがくるのが約15~18歳。 上顎の成長は約10歳でほぼ止まってしまいます。

知らない方も多いのですが、実は上顎の成長は脳と同じ発育系統を辿ります。


その十分に成長しなかった上顎にあわせて、今度は下顎が成長のピークに向かっていくので、本来「下」方向と「前」方向に成長するはずの顔面の下半分が、劣成長の上顎に抑え込まれて下方向にばかり成長していきます。つまりその結果、顔が長くなりやすくなり、理想の顔とされるE-Lineから遠くなっていきます。

私たちはお子様たちに、正しく健康に育ってほしいと強く願っています。 小児予防矯正は、歯を並べるだけの治療ではなく、お子様の成長発育にまで関与していく治療だと思っています。

小さなお子様をお持ちのご家庭では、3つの選択肢があります。
一つは、たかし本郷歯科クリニックと、歯並びと呼吸について取り組む。
一つは、成人になってから、矯正治療をする。
一つは、何もせずに、こどもの発育は悪くならないように願う。

小児歯科予防矯正の観点から、お子様のより良い未来を近づけるお手伝いをさせてください。

医院紹介

医院名

高師ほんごう歯科クリニック

医院長

田中 文治

住所
〒441-8153
愛知県豊橋市高師本郷町字北浦61-1
電話番号 0532-39-8220
診療科目

一般歯科・小児歯科

治療理念

1・地域の皆様のお口の健康を全力で守ります。
2・できる限り神経を取らない、歯を抜かない治療で大切な歯を守ります。
3・一時的な治療ではなく、お口全体をトータルで整える全顎治療を基本とします。
4・「口は命の入り口であって病気の入り口ではない」という考えに基づき、全身の健康に繋げます。

医院HP

http://www.takashihongo-shika.com/

治療理念

1・地域の皆様のお口の健康を全力で守ります。
2・できる限り神経を取らない、歯を抜かない治療で大切な歯を守ります。
3・一時的な治療ではなく、お口全体をトータルで整える全顎治療を基本とします。
4・「口は命の入り口であって病気の入り口ではない」という考えに基づき、全身の健康に繋げます。