今年の敬老の日9月21日(月)

猛暑が続いた夏も過ぎゆき、徐々に秋めいてきましたね。
9月に入り今年も毎年恒例の「敬老の日」で、
自分の祖父母やお世話になった両親に感謝の気持ちを伝える季節になりました。

今年はコロナ感染拡大防止から帰省をあえてキャンセルしたりと
離れて暮らしている方はコミュニケーションをとる機会が
減ってしまった方も多いかもしれません。

今年の敬老の日は「9月21日(月)」です。
遠距離からも思いの伝わる素敵なプレゼントを探してみませんか。

感謝の気持ちの伝え方

感謝の気持ちの伝え方は様々で正解はありません。
しかしながら伝え方は大きく分けて
「お金をかけない方法」と「お金をかける方法」
の2つに分類することができるでしょう。
それぞれの具体的な内容を見てみましょう。

お金をかけない感謝の気持ちの伝え方

LINE等のメッセージアプリ
両親や祖父母とメッセージサービスで繋がっている場合は、
何気ない日常会話の中に織り込み、感謝の気持ちを伝えても良いかもしれません。
伝え方の中では一番簡単な方法です。
電話
「感謝の気持ちは直接口頭で!」と思う方は電話がおすすめです。
慣れない方には少し恥ずかしいかもしれませんが、
言語化した思いを自分の声に乗せて届けることができ、
思いは伝わりやすいでしょう。
手紙
口頭で伝えることがためらわれる場合には手紙がおすすめです。
自分の思いを整理して文章にすることで気持ちを伝えやすいだけでなく、
自筆で記すことで渡す相手により思いのこもったメッセージを届けることができるでしょう。
電話
「感謝の気持ちは直接口頭で!」と思う方は電話がおすすめです。
慣れない方には少し恥ずかしいかもしれませんが、
言語化した思いを自分の声に乗せて届けることができ、
思いは伝わりやすいでしょう。

お金をかけた感謝の気持ちの伝え方

お金をかけたプレゼントとしては一番ベーシックな方法かもしれません。
綺麗な花にメッセージカードを添えてプレゼントをすると、
きっと渡す相手も明るい気持ちになるでしょう。
しかし生花はいずれ枯れるもの。
場合によってはブリザードフラワーなど形が残るものを検討してみてはいかがでしょうか。
お酒などの嗜好品
思いを伝える相手がお酒などの嗜好品を嗜まれる場合には、
渡す相手の好むブランドをリサーチした上でプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
離れて暮らす方は帰省して一緒に嗜むことが難しいかもしれませんが、
好むものであれば、もらって嬉しいプレゼントであることには間違いありません。
洋服やアクセサリー
女性にプレゼントするケースで多く選ばれる洋服やアクセサリーですが、
なかなか頻繁に連絡を取らなかったり会っていない場合には、
今の趣向やサイズに合った商品を選ぶことは難しいかもしれません。
しかしこちらもジャストフィットした際には非常に喜ばれるプレゼントですよね。
お酒などの嗜好品
思いを伝える相手がお酒などの嗜好品を嗜まれる場合には、
渡す相手の好むブランドをリサーチした上でプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
離れて暮らす方は帰省して一緒に嗜むことが難しいかもしれませんが、
好むものであれば、もらって嬉しいプレゼントであることには間違いありません。

毎年悩むプレゼント
手渡ししにくいコロナ禍も考慮!?

色々とプレゼント候補はあるものの、
毎年結局同じようなものを渡してしまったり、
今年も悩む時期になりました。

今年はコロナウイルス感染拡大の影響もあり、
なかなか帰省して直接プレゼントをすることは難しいのが現状です。

非接触でもきちんと思いの伝わるプレゼントを
今年は検討してみてはいかがでしょうか。

【知っておきたい!】
もらって困るプレゼントとは

  • 嗜好に合わない食べもの

  • すでに事足りているもの

  • 趣味が合わない雑貨や服飾品

  • 賞味期限が短い食べ物

  • 量が多すぎるもの

  • すでに事足りているもの

結局今年渡すプレゼントで抑えるべきポイント

想いが伝わり思い出に残る
プレゼントをせっかく渡すからには、想いが伝わり思い出に残るものの方が良いですよね。
このポイントは大前提としてプレゼント選定されることをおすすめします。
非接触でも想いが伝わる
今年はコロナウイルスの影響で家族であっても非接触を講じる必要がある等、
例年と比較して特殊な環境におかれています。
本当は想いを伝える相手と同じ空間で時間を共有したいですが、
特に感染リスクの高い環境にいる方はなかなかできないのもまた事実。
こんな時こそ「非接触でも想いが伝わる」を1つポイントにしてみてはいかがでしょうか。
形に残り意外性の高いもの
もらって嬉しいもの、もらって困るものなどたくさん見てきましたが、
食品や生花はもらって嬉しいものの上位ランカーですが、いずれなくなってしまうものですよね。
例年同じようなものをプレゼントしている方は、
ぜひ今年は特に形が残る意外性の高いプレゼントにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
渡す相手も例年とは異なるプレゼントを自分のために選んでくれたことに対して喜ぶことでしょう。
非接触でも想いが伝わる
今年はコロナウイルスの影響で家族であっても非接触を講じる必要がある等、
例年と比較して特殊な環境におかれています。
本当は想いを伝える相手と同じ空間で時間を共有したいですが、
特に感染リスクの高い環境にいる方はなかなかできないのもまた事実。
こんな時こそ「非接触でも想いが伝わる」を1つポイントにしてみてはいかがでしょうか。

【結論】
今年に渡すと喜ばれるプレゼントは?

今年のおすすめプレゼントは「似顔絵」です!
意外なプレゼントだと思われがちですが、
最近似顔絵がブームなことはご存じでしょうか。

渡す相手の似顔絵でも良し、離れて暮らす自分の似顔絵でも良し、
写真とは異なり温かみのあるタッチで描かれた似顔絵は、
常に近くで想い続けているという温かい気持ちを表現できる素敵な方法です。

似顔絵というとどうしても絵描きの前で数十分静止し、
対面して描いてもらうイメージがある方も多いかもしれませんが、
私のおすすめする「似顔絵グラフィックス」さんなら、
写真データだけでプロの似顔絵師に
最短3日で似顔絵を描いてもらうことが可能です!

おすすめする3つのメリット

創業80年で実績あるプロの似顔絵師から自分で指名できる
プロの似顔絵師にも「絵のタッチ」など表現の仕方が異なりますよね。
似顔絵グラフィックスでは、
実際の作品を見て自分の気に入った似顔絵師に依頼することが可能です。
中には似顔絵師竜王戦といったアワードで記録保持をしている方も多数在籍し、
実際私も利用してみましたが、クオリティに関しては文句ないレベルです。
依頼時に必要なものは1枚の写真データのみ
似顔絵はどうしても対面のイメージがありますが、
依頼時に似顔絵にしたい1枚の顔写真データを送るだけで、
世界に1つだけのオリジナル似顔絵を作成することができます。
短い作成日数とプレゼントに必要なものが無料でそろう
もうすぐ近づく敬老の日
せっかく似顔絵を頼みたくても届くまで1か月かかるといわれたらがっかりしますよね。
似顔絵グラフィックスでは最短3日で似顔絵の発送が可能です。
また、プレゼントに必要な額縁やラッピングも無料で行うことができます。
送料が完全無料であるのもお住まいの地域によっては配送料が高いケースもあるので魅力的ですね。
依頼時に必要なものは1枚の写真データのみ
似顔絵はどうしても対面のイメージがありますが、
依頼時に似顔絵にしたい1枚の顔写真データを送るだけで、
世界に1つだけのオリジナル似顔絵を作成することができます。

今年は意外な似顔絵に想いを乗せて


ここまで今年の敬老の日の事情とおすすめのプレゼントを紹介しました。
今年は例年にできないことも多い一方、
普段はやらないが今年だからこそできることもたくさんあるでしょう。

今年の敬老の日では、ぜひその1つにプロの描いた似顔絵に想いをのせて、
日頃の感謝の気持ちをご両親や祖父母に伝えてみてはいかがでしょうか。

似顔絵グラフィックスさんの詳しい内容は、
ぜひ下記画像をクリックしてチェックしてみてください。
皆さんの素敵な敬老の日のプレゼントにお役立ていただけると幸いです!