なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

9月からの日本秘書アカデミーの本講座の再開に向けて

プレパレーション講座が始まります!

秘書としての「自分軸」を定めるとき

こんにちは、能町光香です。

コロナ禍により、秘書の仕事の内容・働き方が大きく変化しました。2020年が始まった頃と比べ、皆さんの働き方は、どのように変わったでしょうか? きっと、色々な変化があったことでしょう。

さて、3月末より中止となっていた日本秘書アカデミーの本講座が、いよいよ今秋、9月より再開講します。この度、本講座の開講に向けて、8月8日(土)よりプレパレーション講座(準備講座)をご用意させていただきました。なぜ、プレ講座を開講しようと思ったのか、それは、秘書の皆さんの心の奥底に芽生えた不安を少しでも和らぐことができたら、と思ったからです。今、多くの秘書の皆さんが心のどこか奥底で感じていること、それは、「この先、秘書の仕事はどうなってしまうの?」という不安ではないでしょうか。

コロナ禍により、秘書業務の中心となるタスクが「無くなる」、もしくは、その「ボリューム(量)が減る」ということが起きました。「役員が移動しなくなった」ことにより、出張手配や会食の手配・会議の準備や手土産の手配といった秘書業務が減少しました。また、これまで職場や外出先などで行なっていた会議が、リモートにて行われるなど、「会議スタイル」が変わることで、会議の準備のプロセスが変わり、簡素化されました。今、役員の方々のみならず、社員の皆さんにも「移動の制限」や「外出の制限」がかかることで、仕事のプロセスや内容そのものの見直しがされています。

あなたは今、秘書としてどんな仕事をしているでしょうか。既存の秘書業務を以前の通りに遂行することは難しい状況にあることにお気づきでしょう。そんな時、どうすればいいのでしょうか? 

まず、「現実を忠実に見つめる」、つまり、秘書の視点で「現実を分析する」ことです。そして、秘書としての「自分軸」を定めることが大切です。

 

今、こんな悩みはありませんか?

  • リモートワークを始めたけれど、仕事があまりない・・・
  • これまで得意としていた秘書業務がなくなってしまった・・・
  • 秘書の存在意義がわからなくなってしまった・・・
  • リモーワークでは、秘書の仕事の楽しみを感じられない・・・
  • 役員とのコミュニケーションがとりづらくなってしまった・・・
  • 秘書の仕事がなくなってしまうのではないか不安で・・・
  • これまで得意としていた秘書業務がなくなってしまった・・・

今、秘書職に起きていること

拙著「エグゼクティブ秘書が教える一流の仕事術」にて、秘書が担う重要な項目として、次の3つを挙げています。

1)「時間」
2)「人(=コミュニケーション)」
3)「情報」

この3つの基軸として分析してみましょう。どのような変化があったのでしょうか?

まず、「時間」についてです。あなたの「時間」の使い方は、どのように変わりましたか? 

役員が出張や会食(それに伴う手土産)を控えることにより、役員の時間の使い方が変わりました。また、会議室にて会議を行わなくなったため、これまでのような会議の準備は必要なくなりました。「役員の時間のつかい方」が変化したことにより、「秘書の時間の使い方」も変化したというわけです。

秘書職は大きな枠組みで言うと、「サービス業」に該当しますから、「相手=役員」が存在するからこそ、成り立つ職業であり、「相手」がいなければ存在し得ない職業です。相手の動き方によって秘書にもほぼ直接的に影響を及ぼします。

このように「時間」という軸で考えたとき、今皆さんの周りで起きている事象について、なぜそのようなことが起きているのか、がわかります。

次に、「人=コミュニケーション」について、そして、「情報」についても考えてみましょう。それにより、今あなたが置かれている状況が、はっきりとわかってきます。そうすれば、不安な気持ちの源、理由がわかることで、少し頭の中で整理ができるようになるでしょう。

オンライン講義のメリット

いつでも、どこでも、何度でも繰り返し学ぶことができます!
  • <時間の自由>
    移動のための時間がかからず、好きな時間に受講が可能
  • <場所の自由>
    全国どこからでも受講が可能!交通費がかからず、どこからでも参加できます
  • <学び方の自由>
    わからないことを聴き返すことができ、自分のスピードで学ぶことが可能。何度でも好きなだけ視聴できます

講座の3つのテーマ

  •  今、秘書職に何が起きているのか?
  • 秘書の「本質」とは?
  • 新しい「秘書モデル」の創造に向けて

  • 秘書の「本質」とは?

Chapter1: 今、秘書職に何が起きているのか?

前半講義(60分)

  • なぜ今、気持ちが揺らいでしまうのか?
  • ホスピタリティ産業の実情と行方
  • 現状把握:秘書職に起きていることを分析してみよう!〜何がどう変わったのか?
  • 秘書の役割①「時間」:秘書は時間管理の達人である
  • 秘書の役割②「人」:秘書は役員を取り巻く全ての人のコミュニケーターである
  • 秘書の役割③「情報」:秘書は情報の窓口であり番人である
  • 秘書業界の実情と今後の行方 
  • これまでの仕事が過去の遺産に・・・今、何をすればいいのか?
  • 無くなりつつある秘書業務をどんな業務 〜確認することで新たな道が開く
  • 役員の意識はどのように変わっていくのか? 
  • 今おこなうべき3つのプロセスについて 変化への対応力を磨く〜7つのプロセスを理解する

 

ワーク①:社会的スキル尺度 〜あなたの社会的スキル尺度はどのぐらい?

ワーク②:個人特性〜エゴブラム自己診断をしてみよう!

課題A:今おこなうべき3つのプロセスとは? *ワークブック

Chapter2: 秘書の本質とは

前半講義(25分)

  • 秘書の語源
  • 秘書の役割とは
  • 秘書の「本質」を知る 
  • これまでは仕事内容により秘書のあり方が決められてきたが、今後はどうなるのか?
  • 「秘書の本質」から導かれるあなたの仕事
  • あなたの秘書としての「自分軸」を定める
  • 秘書の仕事内容の決め方 〜変わりゆく秘書のタスク

ワーク③:自己効力感と職業意識〜あなたの「特性的自己効力感」はどのぐらい?

課題B:秘書の本質から導かれるあなたの仕事とは? *ワークブック

Chapter3: 新しい秘書モデルの創造に向けて

後半講義(70分)

  • 秘書業務はこう変わる!〜今後起きることが予測される変化
  • 新しい秘書モデルの「経験の4領域」とは?
  • 対面接触が制限されるなか、秘書に求められることは?
  • リモートワーク時代における秘書の存在意義とは
  • 秘書の4つの発達レベル
  • 秘書の3つの異なる働き方
  • 1) フルリモート型  2)ハイブリッド型 3)オフィス型
  • フルリモート型とオフィス型では、身につけるべきスキルが異なる〜どう違うのか?
  • リモートワーク時代に新たに求められる秘書の5つのスキルとは?
  • 非対面でも活躍できる秘書の仕事の仕方とは?
  • 新しい秘書モデルの創造のプロセス・方法について
  • 秘書の仕事をより魅力的なものにするために


ワーク④:交流分析と行動〜あなたの「交流分析」をしてみよう!〜あなたはオフィスワーク派、それとも、リモートワーク派?
ワーク⑤:サイコロジカル・エンパワーメント〜あなたの内発的なモチベーションはどれぐらい?

課題C:リモートワーク時代に新たに求められる秘書の5つの能力とは? *ワークブック

 

秘書の「本質」を知り、新しい「秘書モデル」を創造する

数ヶ月間リモートワークを継続していた方は、「秘書の存在意義」について深く考えたことでしょう。「職場で役員の側で働かないと仕事がない・・・」と不安を感じた方もいらっしゃるかもしれません。一方で、不安を感じない秘書もいます。その違いは、どこにあると思いますか?それは、「秘書の本質」をきちんと理解しているかどうか、によるのではないでしょうか。

来たる次世代にふさわしい秘書の育成が必要だと思い、2018年に日本秘書アカデミーと名称を変更し、「次世代型秘書」の育成を掲げ、まず「事務」と「秘書」の違いについて述べてきました。さらに、来たるAI時代(人口知能と共存する時代)における秘書の役割についても述べてきました。

そして、今、新型コロナウィルスの感染拡大により、非対面接触が推奨され、対面接触に制限がかかることで、AI化が加速しています。いよいよ、「次世代型秘書」について本格的にお伝えするべき時期に入りました。「次世代型秘書」というのは、これまでとは異なる「新しい秘書モデル」の創造を意味します。「次世代」と名付けた通り、2020年が起点となり、今後10年間を象徴する「新しい秘書モデル」のことを示します。これまでの2年間は準備段階でしたが、コロナ禍により、時期が早まりました。もう準備段階は終了です。

2020年は、後で振り返った時に分岐点となる年になるでしょう。

秘書として職場で働くことを好む人もいれば、自宅でリモートワークをする方がいいという人もいます。あなたは、リモートワークを楽しめる秘書ですか? それとも、オフィスで働くほうが楽しいでしょうか? もしくは、オフィスと自宅と半々程度で働きたいでしょうか?
ぜひあなたの心地よく働ける環境を見つけ、秘書として働く上での理想の楽園を見出してくださいね。

本講座では、あなたの好むワーキングスタイルがわかるように5つの個人ワークをご用意しました。これらの5つのワークは、全て研究に基づいたものであり、質問形式になっています。質問に答えることで、「自分」のことをより良く知ることができるでしょう。さらに、3つの課題をワークブック形式にてご用意しました。ワークブックに書かれている設問に対して、順番に考え進めていくことで、新しい時代に対応できる「新しい秘書モデル」へと導かれることでしょう。

この機会に、じっくりと自分に向き合って、ご自身のことを知る機会を持ってみませんか? あなたが理想とする働き方が少しずつ明確になっていくでしょう。せっかく秘書職に就いたのですから、心ゆくまで秘書ライフを楽しんでくださいね!

 

ご受講までの流れ

Step
1
お申し込み (8/7~9/4)
下記の「お申し込み」欄をご覧の上、お申し込みください。
Step
オンライン講義の受講(8/8〜9/11)
ご入金の確認後、2つの講座(各講座70分程度)をお送りしますので、ご都合の良い時間・場所にてご受講ください。ZOOMにて収録した講義になりますので、ZOOMが使用できる環境を各自整えておいてください。受講期間中、何度でも講座を視聴できます。
Step
個人ワーク・課題への取り組み(8/8~9/11)
各講座をご受講後、講座の中で提示される5つの個人ワークならびに3つの課題に取り組んでください。(講義の中では、個人ワーク・課題を行うための時間は設けていません)講座の中では個人ワークのための時間を設けませんので、講義後、ご都合の良い時に、じっくりと取り組んでみてください。所要時間は、1〜2時間程度です。講義と個人ワークを合わせた総時間は、2〜3時間程度になります。時間をかけて課題に取り組むことで、秘書としての自分軸が築くことができます。
Step
Q&Aセッションへの参加(9/11 19:30~20:30)
9月11日(金)19:30〜20:30に「Q&Aタイム」を設けます。ご質問がありましたら、ZOOMにて開催しますので、ご希望の方はご参加ください。自由参加となります。ご参加される皆様には、Q&Aタイムへのご招待のためのリンクをお送りいたします。秘書同士の親睦を深める良い機会にもなるでしょう。
Step
個人ワーク・課題への取り組み(8/8~9/11)
各講座をご受講後、講座の中で提示される5つの個人ワークならびに3つの課題に取り組んでください。(講義の中では、個人ワーク・課題を行うための時間は設けていません)講座の中では個人ワークのための時間を設けませんので、講義後、ご都合の良い時に、じっくりと取り組んでみてください。所要時間は、1〜2時間程度です。講義と個人ワークを合わせた総時間は、2〜3時間程度になります。時間をかけて課題に取り組むことで、秘書としての自分軸が築くことができます。

夏季期間限定!

コロナ応援特別価格
プレパレーション講座 30,000円(税込)
通常価格 50,000円
キャンペーン期間:令和2年8月7日〜9月4日
*今回、コロナ応援特別価格にてご提供いたします。

受講者の声

長年の秘書経験がムダではないと気づき、前へ一歩進む勇気をもらえました!

製造業 40代
コロナ禍により、秘書の仕事がどうなるか不安になり受講しました。リモートワークになり、どれほど秘書の仕事が対面で行われてきたのかを思い知らされました。不安になり始めると、モチベーションも下がってしまい、秘書の仕事に価値がないのでは・・・と悪循環に。「ありがとう」と言われることが嬉しくて、秘書の仕事をしていたんだなぁ、とあらためて実感しました。リモートワークでも「ありがとう」と言われるためには、どうすればいいのか、考え始めています。デジタルネイティブの若手秘書が増えてきており不安でしたが、22年間の秘書経験を大切に、前に進む勇気をもらえました。
VOICE

AIに負けない私になれそうです。心のモヤモヤが無くなり、スッキリしました!

サービス業 20代
秘書になってから3年が経ち、ようやく職場でひと通りの仕事ができるようになりました。それなのに、リモートワークが取り入れられるようになり、これまで上手くできていたことが、できなくなりました。特に困ったのは、役員とのコミュニケーションです。能町さんの「たとえリモートワークになっても、役員に歩み寄るのは秘書のほう。何よりも大切なのは’’信頼”」という言葉にハッとさせられました。できないことを悲観するのではなく、どうしたらできるようになるのか、真剣に考えようと思いました。また、AIと人間のする仕事の違いもわかり、モヤモヤがなくなりました。AIに負けることのない本物の秘書になろうと決心しました。ありがとうございました。
VOICE

AIに負けない私になれそうです。心のモヤモヤが無くなり、スッキリしました!

サービス業 20代
秘書になってから3年が経ち、ようやく職場でひと通りの仕事ができるようになりました。それなのに、リモートワークが取り入れられるようになり、これまで上手くできていたことが、できなくなりました。特に困ったのは、役員とのコミュニケーションです。能町さんの「たとえリモートワークになっても、役員に歩み寄るのは秘書のほう。何よりも大切なのは’’信頼”」という言葉にハッとさせられました。できないことを悲観するのではなく、どうしたらできるようになるのか、真剣に考えようと思いました。また、AIと人間のする仕事の違いもわかり、モヤモヤがなくなりました。AIに負けることのない本物の秘書になろうと決心しました。ありがとうございました。
VOICE

受講者の声

ボスのせいにしていたけれど、実は、私が執着していたことに気づかされました。

製造業 30代
最近、ボスの言葉を素直に聞き入れることができないでいました。表面上では、上手くとりつくろっていても、心の中では反発している自分がいて、我慢している自分が嫌でした。秘書の仕事は、ボスである役員が気持ちよく働くことが最も大切だと信じて疑っていませんでしたが、秘書である私自身も気持ちよく働くことも大切だと思えるようになりました。どれだけ自己犠牲的な働き方をしていたのか、それにより、心の奥底に深い澱のような満たされない思いがあることに気づきました。ボスがそのような働き方を望んでいるから、という勝手な思い込みから、「秘書はこうあるべき」だという執着があったこと、その執着の源は、変化を拒む自分でした。深い気づきを得ることができ、涙がでてきました。ありがとうございました。
VOICE

私なりの「新しい秘書モデル」で、これからも秘書として頑張っていきます!

コンサルティング業界 30代
コンサルティング業界は、「仕事の生産性」を高めることは必須であり、秘書の私もその対象者です。仕事柄、人工知能の最新の情報を知ることができる立場にいましたが、秘書の仕事は、人工知能に代用されるものだという疑いは晴れず、10年後の将来をイメージすることができませんでした。ですが、本講座を受講して、私なりの「新しい秘書モデル」をイメージをすることができるようになりました。「秘書はこうあるべき」という既存の概念が壊れゆくなか、紋切り型の秘書像ではなく、私らしい秘書モデルの構築はが重要であり必須だと思いました。小さな鳥かごの中にいた私が、鳥かごから外にでる勇気をもらえました。未知の世界で、これからも秘書として頑張っていきたいと思います。
VOICE

私なりの「新しい秘書モデル」で、これからも秘書として頑張っていきます!

コンサルティング業界 30代
コンサルティング業界は、「仕事の生産性」を高めることは必須であり、秘書の私もその対象者です。仕事柄、人工知能の最新の情報を知ることができる立場にいましたが、秘書の仕事は、人工知能に代用されるものだという疑いは晴れず、10年後の将来をイメージすることができませんでした。ですが、本講座を受講して、私なりの「新しい秘書モデル」をイメージをすることができるようになりました。「秘書はこうあるべき」という既存の概念が壊れゆくなか、紋切り型の秘書像ではなく、私らしい秘書モデルの構築はが重要であり必須だと思いました。小さな鳥かごの中にいた私が、鳥かごから外にでる勇気をもらえました。未知の世界で、これからも秘書として頑張っていきたいと思います。
VOICE

受講者の声

秘書リーダーとして自信を無くしていました・・・

製造業 50代
社内での秘書歴が長くなり、また、最近の女性活躍推進の流れから、秘書リーダーとして新たな役割を担いましたが、頑張ってやればやるほど自信が無くなっていきました。秘書歴20年以上もあるのに、なぜうまく物事が進まないのか・・・悶々とする毎日でした。講座を受講して、秘書として楽しかった時代を思い出しました。社内では、元の秘書の働き方を好む人たちと、リモートワーク推進派の人たちと別れ、些細なことでも大ごとに。人々の意識の違いから感情的になりやすい環境で、秘書リーダーとして落ち着いて合理的な判断をしていかないといけません。これまで避けてきましたが、ひとりひとりと向き合わないと何事も解決しないと思いました。「人間力」アップができると思って、直面する様々な課題に前向きに頑張っていく覚悟を決めました。ありがとうございました。
VOICE

秘書室が解散になるかもしれないと聞いて・・・

金融業 30代
コロナウィルスの影響により、先日、大きな組織変更がありました。その時に、もしかしたら秘書室も解散になるかもしれない、と聞いてとてもショックでした。なぜショックなのかを考えた時、「私は秘書の仕事が本当に好きなのか」ということを自分自身に確かめたいと思い、この講座に申し込みをしました。好きな仕事でないと、この後も続かないと思ったからです。オンラインでの受講は、立ち止まりたい時に立ち止まり、ゆっくり考え、また、講義を聞いて、というように自分のペースで受けることができるのが私にあっていました。自分に向き合ういい時間になりました。もう一度、ゆっくりとワークに取り組みながら、自問自答したいと思います。ベストタイミングでした!ありがとうございました。
VOICE

秘書室が解散になるかもしれないと聞いて・・・

金融業 30代
コロナウィルスの影響により、先日、大きな組織変更がありました。その時に、もしかしたら秘書室も解散になるかもしれない、と聞いてとてもショックでした。なぜショックなのかを考えた時、「私は秘書の仕事が本当に好きなのか」ということを自分自身に確かめたいと思い、この講座に申し込みをしました。好きな仕事でないと、この後も続かないと思ったからです。オンラインでの受講は、立ち止まりたい時に立ち止まり、ゆっくり考え、また、講義を聞いて、というように自分のペースで受けることができるのが私にあっていました。自分に向き合ういい時間になりました。もう一度、ゆっくりとワークに取り組みながら、自問自答したいと思います。ベストタイミングでした!ありがとうございました。
VOICE

お申込みはこちら

ご氏名・ご返信可能なメールアドレスをご記入の上、assistboss11@gmail.com まで お申し込み下さい。

大変お手数ですが、3営業日以内にご返信のメールが届かない場合、再度ご連絡いただけますよう宜しくお願いいたします。

お問い合わせ

本講座に関して、ご質問のある方は、こちらまでご連絡ください。
assistboss11@gmail.com