女性ホルモン剤・プレマリン即日通販!安心の正規品保証1錠89円~

プレマリンは女性ホルモンを補うお薬です。
最安値通販は1錠89円~と大変お得に購入できます!
安心の正規品保証☆

プレマリンの効果

プレマリンには「結合型エストロゲン」を有効成分としている、女性ホルモンを補う効果があるお薬になります。

主に更年期障害の治療に使用されることが多いですが、卵巣欠落症状・卵巣機能不全症・膣炎・機能性子宮出血(器質的に異常のない予定外の子宮出血)に対する適応も見込めます。
正式な適応症ではないですが、腹圧性尿失禁や骨粗鬆症の治療に応用されることもあります。

更年期障害のつらい症状である、イライラ・のぼせ・発汗・肩こり・腰痛などは加齢とともにエストロゲンが減ることによって発症します。
プレマリンはこのエストロゲンを補充する役割をもっているので、服用することで更年期のつらい症状を改善してくれる効果があります。

また、プレマリンは女性の更年期障害の治療だけではなく男性にも使用されることがあります。

『産まれた身体は男性だけど、心は女性』
『少しでも女性らしい身体つきになりたい』
『豊胸手術や性転換手術をする勇気はまだない・・・』

このような悩みを持ったMTF男性の方に女性ホルモン剤は使用されています。

プレマリンは女性ホルモンの卵胞ホルモンを補う効果があるので、男性が服用した場合、胸が膨らむ・毛髪や皮膚が女性らしくなる・筋肉が減り女性らしい身体つきになるなどの効果が報告されています。

プレマリン通販・購入方法

プレマリンは個人輸入代行という業者から購入することが可能です。

個人輸入代行サービスはインターネット通販のように難しい手続きは一切なく簡単に誰でも利用することができます。

個人輸入代行で取り扱っているプレマリンは海外の製品になるので、国内の大手通販サイトの楽天やアマゾンでは購入することができません。
また処方箋が必要な医薬品のため、薬局やドラッグストアでも購入することが出来なくなっています。

プレマリンをインターネットで購入するメリット

プレマリンは個人輸入代行で購入するか、病院で処方してもらうことができます。

病院で入手する場合、通院の手間・待ち時間・診察代などはつきものです。
また一度に処方できる錠数も病院によって異なってくるので、時間や金額の面を考えてもコストパフォーマンスが良いとは言えません。

インターネット通販のような個人輸入代行で購入する場合、ネットが繋がる環境であれば24時間いつでもどこにいても注文ができます。
また、病院に行く必要がないので診察代などもかからず自分のほしい錠数だけ頼むこともできます☆

メリットまとめ
①病院にいく必要がないので通院にかかる時間が省ける!
②診察代がかからないので薬にかかる費用が抑えられる!
③自分が必要な錠数を注文することができる!

個人輸入代行は、メーカー正規品の医薬品を取り扱っており成分鑑定もきちんと出しているので偽物の医薬品を発送することはありません。
またコールセンターを設けているサイトだと発送についての問い合わせなどもできるので、初めて利用する人にとってはコールセンターがあるサイトだと安心ができますね。

プレマリンを正規品購入できるサイトはココだ!

個人輸入代行で、正規品のプレマリンを取り扱っているサイトはメデマートさんというサイトでした。

メデマートさんでは、個人輸入代行のサイトでは珍しくコールセンターを設けています。
電話注文も受け付けているので初めて個人輸入を利用する人や、携帯・パソコンの使い方が不慣れな人にとってはありがたいサービスになっています。

また特定商取引法の記載・医薬品の成分鑑定表・製品の保証サービスがきちんと記載されていました。

メデマート3つの保証
①正規品保証
悪質なサイトで医薬品を購入してしまうと偽物だったという被害があります。
メデマートさんではメーカー正規品医薬品の保証のがあるので安心できます。

②配達保証
海外からの発送なので、万が一荷物が通関・税関で国内に入れなかった、荷物が行方不明になってしまったなどといった場合でも、メデマートさんでは頼んだ商品が手元に届くまで何度でも再発送の手配をしてくれます。

③使用期限保証
医薬品にも使用期限がありますが、メデマートさんでは使用期限が最低でも半年以上の製品を送っています。基本的には使用期限が1~2年以上と長いものを発送してくれますが、使用期限が半年以内の製品が届いた場合、申告すれば使用期限が長いものを再発送してくれます。


上記のようにメデマートさんでは、コールセンターを設けている点や商品の正規品保証がしっかりとしている点などを見ると個人輸入を始めて利用する人でも安心して利用することができます。

プレマリンの服用方法

▼卵巣欠落症状、卵巣機能不全症、更年期障害:1日1~2錠(主成分として0.625~1.25mg)を服用してください。

▼機能性子宮出血、腟炎:1日1~6錠(主成分として0.625~3.75mg)を服用してください。

いずれの場合も、治療を受ける疾患や年齢・症状によって増減されます。
必ず指示された服用方法に従うようにしてください。
万が一飲み忘れた場合は気がついたときに1回分を服用してください。
ただし、次に飲む時間が近い場合は飲まないでおき、次に飲む時間から飲んでください。※2回分を一度に飲まないようにしてください。

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

プレマリンの副作用

プレマリンの副作用で多いのが、乳房の張りや痛み・不正出血・吐き気・嘔吐・体重増加などです。しかし上記のような症状は服用開始から2~3ヵ月ほど経過すれば、身体が慣れてきて症状も落ち着いてくるので大きな心配はいりません。

重度の副作用はまずないと言われていますが、注意してほしい副作用は【血栓症】になります。
【血栓症】とは、血が固まり血管を詰まらせてしまう症状です。
手足の痛みや痺れ・息切れ・胸の痛み・激しい頭痛・眩暈・視力低下などが前兆でおきた場合は、すぐにすぐにかかりつけの医師の診察を受診してください。

プレマリンを服用できない人・服用に注意が必要な人

【服用ができない人】
血栓性静脈炎、肺塞栓症、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、乳がん、子宮内膜がん、未治療の子宮内膜増殖症、重い肝臓病、妊娠中の方など

【服用に注意が必要な人】
子宮筋腫、子宮内膜症、乳房結節、乳腺症、心臓病、腎臓病、肝臓病、糖尿病、てんかん、全身性エリテマトーデス、片頭痛、手術前4週以内、寝たきり、長期に体を動かせない状態にある方など

女性ホルモンの重要性

女性にとって、女性ホルモンの働きは身体の中においてとても重要な役割を担っています。

年齢を重ね、更年期障害になると女性ホルモンが急激に減り身体が追い付けなくなってしまいます。
そうすると、のぼせ・冷え・発汗・動悸・頭痛・イライラ・不眠などといった症状があらわれます。
このような症状を緩和させるために、閉経前後、女性ホルモンを含んだプレマリンを服用することで更年期障害の不快な症状が改善されます。

更年期障害とは?

月経が止まる平均年齢は50歳になりますが、これを挟んだ前後10年間が主に更年期になります。
女性ホルモンの分泌は20~30代にピークを迎え、40代に差し掛かった時期から急激に女性ホルモンの分泌が減ります。
女性ホルモンの分泌が急激に減ることで身体が追い付かず、身体的・精神的にさまざまな症状が現れます。
のぼせ・冷え・発汗・動悸・頭痛・イライラ・不眠・不安感・耳鳴り・無気力・疲労感・頻尿・性交痛・息切れなどの症状がでるのが更年期障害です。

更年期障害が出る年齢や症状は個人差がありますが、早い人は40代に入ってすぐに発症する人もいます。

年齢を重ねると女性ホルモンの低下は誰にでも起こり得ることですが、しかし全員が更年期障害になるわけではありません。
精神的ストレスや性格的なものも更年期障害には強く影響が出るといわれており、症状をあまり感じない人もいれば、日常生活に支障がでてしまうほど症状がひどい人もいます。

まとめ

プレマリンは女性の更年期障害の治療や、MTF男性の女体化をサポートしてくれる女性ホルモン剤です。
病院で処方してもらうことも可能ですが長期服用が必要な薬の場合、通院にかかる時間や診察代、薬代など諸々の費用を考えると個人輸入代行サイトから購入したほうがコストパフォーマンスがかなり抑えられます。

また性同一性障害と診断されていない男性には、病院で女性ホルモンの処方がされないのでそのような面でも個人輸入代行サイトで購入するメリットはたくさんあると思います。