今はもう、
パワハラ対策は
社会的責任です。

3時間で実践スキルが身につく、
パワハラ対策コミュニケーション研修
経営者
人事担当者

無料相談

ご存知ですか?パワハラの現実。

  • 2020年6月より"企業へのパワハラ防止対策義務化"

  • パワハラ対策の取組および改善がなされないと、"企業名が公表"される場合がある

  • 従業員向けの相談窓口で"最も相談の多いテーマはパワハラ"である

  • 過去3年間に"パワハラを受けたことがある従業員は30%以上"

  • パワハラによる"賠償責任を企業が負う場合がある"

  • 離職率の最大要因の1つは、パワハラなどの"対人関係"
  • 離職率の最大要因の1つは、パワハラなどの"対人関係"

一度でもパワハラ問題が生じると、
もう社会的信用は取り戻せない。

誰にでもありますよね?こんな経験。

  • ついカッとなって怒鳴りつけてしまう

  • 注意したいけど、相手がパワハラと感じてしまうか心配で言い辛い

  • 強く言ったつもりはないのに、相手が悩み込んでしまった

  • 「パワハラ」と「適切な指導」の境界線がよくわからない

  • 「それってパワハラじゃない?」と言われて何も言えなくなってしまう

  • 「パワハラ」と「適切な指導」の境界線がよくわからない

でも・・・・
自分にそのつもりはなくても、相手が「パワハラを受けた」と感じてしまえば、それはもう「パワハラ」です。
パワハラを受けた従業員に、次のような影響を及ぼします。

  • 怒りや不満、不安を感じ易くなる

  • 仕事に対する意識が激減する

  • 職場でのコミュニケーションが減る

  • 仕事に対する意識が激減する

  • 注意不足による単純なミスが増える

  • 眠れなくなる

  • 会社を休むことが増える

  • 通院したり薬を服用することが増える

  • 離職する

  • 仕事に対する意識が激減する

エスカレートすれば、"訴訟問題"になり、会社としての信用を大きく失うことななります。

パワハラが「訴え」として現れなくても、大変もったいないことに、見えないところで従業員が「パワハラを受けた」と感じ、大きくパフォーマンスが下がってしまっている可能性があります。
また、そのような社員は仕事でのミスも増えて"大きなトラブル"に発展してしまうリスクや、"取り返しのつかない大事故"につながってしまう危険性もあります。

でも大丈夫です!
たった3時間の研修で、パワハラ対策の
実践的なコミュニケーションが学べます!

研修内容

  • ◆パワハラの定義
  • ◆6つのパワハラのタイプと具体的な事例
  • ◆「パワハラ」と「適切な指導」の線引き
  • ◆「良いコミュニケーション」「悪いコミュニケーション」とは
  • ◆相手を認める「承認」のテクニック
  • ◆相手の話をきく「傾聴」のテクニック
  • ◆相手のやる気を引き出す「コーチング」のテクニック
  • ◆怒りの感情のメカニズム
  • ◆自分の怒りを効果的に相手に伝える方法
  • ◆ついカッとなったときの対処法「感情のコントロール」
  • ◆組織の不要な怒りを取り除く「許容のコントロール」
  • ◆6つのパワハラのタイプと具体的な事例

研修先企業・団体様の声

30代・人事部

頭ではわかっていても、「ついイラッとして」相手にキツい言い方をしてしまうことが多く、チーム内や他部署との間で空気がピリついてしまうことが多々ありました。
アンガーマネジメントのテクニックを学んだおかげで、感情的にならずに相手に要望や改善点のリクエストが伝えられるようになれたのは大きな成果です。
しかも実は、やってみると感情のコントロールは家庭の中でも活かせて、プライベートのイライラが軽減されたおかげで、仕事へ集中しやすくなりました。
VOICE

40代・営業部

これまで何気なくしていたことが、実は相手にとってはパワハラと感じていることに初めて気付きました。知らずに続けていたらと思うとゾッとします。
相手を「認める」テクニックを実際に行うことでチームでのコミュニケーションが目に見えて増えました。これまで相談や報告が少なかった部下が主体的にプロジェクトに関わりながら周囲と連携を上手に取れるようになったことも大きな変化だと感じています。
VOICE

50代・経営者

パワハラ対策は、どんなことがパワハラか、何がいけないのかを学ぶだけではやはりダメですね。結局は、ついイラッとしてしまっての発言や行動が実際のパワハラの大半です。
だからこそ、実践的なコミュニケーションテクニックに加えて、イライラの感情への対処の仕方をを学べたのは大変よかったです。
しかも、社員全体で研修を行えたことで、イラッとしたらみんながお互いに「これはアンガーマネジメントだ」と気をつけるようになり、共通ワードができて大変効果が出ています。
VOICE

40代・品質管理部

私は万が一にも品質に不備があった場合に、命に関わる事故につながってしまう危険性のある製品チェックを行う部門にいます。
この研修のおかげで、パワハラだけでなくそれ意外の様々な人間関係のストレスや、イライラして集中力を欠いてしまうリスクが確実に減ったと思います。
相手を責めるような言い方についなってしまっていたのが、どう言い方を変えれば良いのかわかったことが大きいと思います。
VOICE

40代・営業部

これまで何気なくしていたことが、実は相手にとってはパワハラと感じていることに初めて気付きました。知らずに続けていたらと思うとゾッとします。
相手を「認める」テクニックを実際に行うことでチームでのコミュニケーションが目に見えて増えました。これまで相談や報告が少なかった部下が主体的にプロジェクトに関わりながら周囲と連携を上手に取れるようになったことも大きな変化だと感じています。
VOICE

具体的にはこんな効果が得られます。

  • 「パワハラ」と「適切な指導」の境界線がわかる

  • パワハラの特徴を理解でき、これまで気づいていなかった「パワハラ」にしっかり対応できるようになる

  • 「相手を認める」具体的な方法が身につき、より効果的に「叱る」「褒める」ができるようになる

  • 「パワハラにならない」だけでなく「相手のモチベーションを高める」コミュニケーションが習得できる
  • イライラ・怒りの感情の上手なコントロール方法が身につき、「ついかっとなって」の失敗や後悔がなくなる

  • パワハラの特徴を理解でき、これまで気づいていなかった「パワハラ」にしっかり対応できるようになる

そして、パワハラのリスク低減はもちろん、研修を実施した職場では次のような変化が起きます。

  • 従業員一人ひとりがモチベーションをもって働きやすい環境に変わる
  • 職場のコミュニケーションが増える
  • 受け身でなく、主体的に行動できる人材育成ができるようになる
  • 離職率が低下する
  • ストレスなどによる通院、入院、欠勤などが減少する
  • 職場全体でのミスやトラブルが減る
  • 社会的信用が向上する

従業員一人ひとりのパフォーマンスが上がり、職場全体での生産性も向上します。

また、大きなトラブルや事故のリスクを大きく減らせるため、従業員の安全や企業としての信頼も高まります。

なぜこんな研修ができるのか?

『コミュニケーションのテクニック』と『メンタルコントロール』の2つの側面からしっかりアプローチします。

<コミュニケーションテクニック>
相手の気持ちに寄り添い、気づき・能力・可能性を引き出す「コーチング」のコミュニケーションに基づいた実践的なテクニックを習得します。
上手に伝える技術ももちろん大切ですが、その前提となる相手の話を『聴く』、相手をしっかりと『認める』ことで相手との信頼関係をしっかり構築する方法を学べるため、パワーハラスメントへの最大の予防となります。

<メンタルコントロール>
いくらコミュニケーションのテクニックを学んでも、相手の言動に対してつい感情的になってしまっては冷静に対応することはできません。
そしてイライラした状態では仕事への集中の妨げにもなります。
イライラの感情を上手にコントロールするテクニック「アンガーマネジメント」に基づいた実践的なテクニックで、「とっさに頭にきてしまう時の対処法」や「イライラの感情に振り回されないためのテクニック」を習得でき、しっかりとコミュニケーションスキルを活かせるメンタルを築きます。

講師プロフィール

愛知県岡崎市出身。早稲田大学大学院理工学研究科を卒業。
2011年まで、東京の東証一部上場のインターネットリサーチ会社にてリサーチディレクターとして勤務。

その後、iKARA-ZUを設立し、怒りの感情の上手なコントロール方法「アンガーマネジメント」の講座・セミナーや、相手の気持ちに寄り添い、気づき・能力・可能性を引き出す「コーチング」に基づくコミュニケーション法の研修を実施。


これまでに全国で100万人を超える方が受講しているイライラの感情を上手にコントロールするテクニック「アンガーマネジメント」講座の講師として、多岐にわたる職種・業種の方へ感情のコントロールテクニックをお伝えしてきています。

またコーチングでは、150名を超えるクライアントへのコーチングセッション実績を持ちます。

<保有資格>
GCS認定コーチ
一般社団法人日本アンガーマネジメント協会
  ・アンガーマネジメントファシリテーター
  ・キッズインストラクタートレーナー

私たちの思い

「パワーハラスメント」はどんな企業・組織であっても起こりえる問題です。
そして、パワハラが生じたとき、不幸になるのは、当事者はもちろん、企業・組織に関わるすべての人です。

そんなパワハラが、実は見えないところですでに起こっているかもしれません。
もしかしたら、自分の身の回りでパワハラが起っていると感じていても、「どうにもならない問題」として諦めて働いている人も少なくないかもしれません。

でも、人も企業・組織も絶対に変わることはできます。
「パワハラ」が社会的問題となっている今は、むしろ変化のためのチャンスです。
ぜひこの機会に、大きな一歩を踏み出してみませんか。

<料金/研修プラン>

時間:3時間

料金:77,000円(税込)
   ⇨4月末までにお申し込みで55,000円(税込)

※30名程度までの場合となります。

 (人数が多い場合は別途資料代を頂く場合があります。)

< まずは、無料お電話/オンライン相談へ >

お電話またはオンラインにて、研修の詳細説明をさせて頂きます。
ご質問・研修のご依頼も、こちらからお願い致します。