ポン治療院

医療保険適用 
訪問マッサージ・鍼灸

訪問マッサージについて

訪問マッサージ【医療保険適用】 

●マッサージの目的  
関節の動きや疼痛の改善 動作機能の回復など

●対象者の条件   
寝たきりや歩行が困難で通院できない人

●サービス提供者  
あんまマッサージ指圧師

●適用される保険   
医療保険

●刻当する病状・疾患等    
筋麻痺、運動機能障害、筋委縮などの症状やその原因となる病名

●医師が作成する書類   
医師の同意書

訪問マッサージ・リハビリの違い

上記では訪問マッサージについてですが、訪問リハビリとは次の通りです、ご参考に
訪問リハビリ     
【介護保険・医療保険】

●マッサージの目的  
日常生活の自立を助けるための
体の機能を維持、回復

●対象者の条件  
要支援・要介護者

●サービス提供者  
理学療法士

●適用される保険  
介護保険・医療保険

●刻当する病状・疾患等  
「介護保険」は疾患の種類は問わない(65歳以上)
「医療保険」は20の「厚生労働省が定める疾病等」

●医師が作成する書類  
医師の指示書または診療情報提供書

●マッサージとは    
筋力の維持や向上、脳梗塞や脳出血で麻痺や拘縮がある人のための関節可動域の維持や拡大、むくみやしびれがある人のための血液やリンパ液の循環の改善、強度なコリや疼痛がある人のための痛みや筋緊張の緩和です。


●それに対して、リハビリは  
要支援・要介護者が在宅で日常生活を送るために、身体の機能の回復や維持するリハビリテーション(機能訓練)です。


訪問マッサージの刻当する病状・疾患等

訪問マッサージを利用するには、
「医療上マッサージが必要」という
医師の同意や診療が必要となり
ます
。以下はその病状の一例です。

●脳血管障害や頸椎損傷などによる
筋麻痺
●パーキンソン病やリウマチによる
拘縮
●脊柱管狭窄症による歩行困難や腰痛
●寝たきり、日常生活が困難な症状

なぜ?医師の同意書が必要なのか?

訪問マッサージをで利用する場合は、患者との個人契約となるため、
医師の同意書は不要です

医療保険適用での利用には医師の同意書(診断書)が必要となります。 
これは、マッサージを行うことで病気の改善に有効と同意するいわば処方箋のようなものです

また、
訪問マッサージの利用に期間の制限や回数制限などはありませんが、続けたい場合は6か月ごとに医師の同意が必要になります。

なお、あん摩マッサージ指圧師の資格は開業権があるので本来は医師の指示なく独自で施術が可能です。
しかし、保険を適用するときは傷病名が必要になるため、それは医師のみが診断できる権利があることから、同意書が必要になるのです。

マッサージの期待される効果

あん摩マッサージ指圧師は、
マッサージによる身体への力の加減とそれに伴う効果について習得しているため、高齢で関節に痛みのある人や病気で体力低下が著しい人に対しても、身体に負担をかけることのなく施術が行われ安心です。
マッサージの効能としては
●血液及びリンパ循環の改善
●精神的安静 
●関節可動域の改善により消炎鎮痛が期待できます。
そして、 
●運動機能の向上
●生活リズムの形成を目指します。

利用方法と費用について

訪問マッサージをご利用する流れは次のようになります。

訪問マッサージ利用の流れ   

① かかりつけ医に談
    医師の同意の確認

⑵ あんまマッサージ指圧師または
 鍼灸師が訪問して

 初回相談
 (患者の状態・医療保険の確認)


③ 医師が同意書を発行

④ 訪問マッサージ利用開始

費用について               
訪問マッサージの費用の仕組み
<医療保険適用の場合>
施術時間:30分/回
料金:施術料+往療費(交通費)
通常1部位350円(1〜5部位)
交通費2,300円(片道4kmを超えたら2,550円)

利用者は健康保険証の自己負担割合に応じた料金を支払う

例:自己負担が1割で、5部位のマッサージを受けた場合

1,750円(350×5部位)+2,300円=4,050円

利用者の自己負担は405円となります。

※平成30年6月1日以降の「あん摩・マッサージの療養費」より。なお、片道16kmを超える往療料は原則として認められていません。

往療費(交通費)の詳細

●往療費(交通費)詳細

●訪問距離が4km以内か4km超かによって、往療料(出張)が変わってきます。
●訪問距離は、地図上の直線距離となります。
●訪問事業所拠点から患者様宅までの距離と、前患者様から患者様宅までの距離のどちらか短い距離の方を優先し算定します。
●同一施設・同一宅で一人の施術者が複数患者様を連続で施術した場合の往療料はいずれか一人の患者様のみに算定されます。

保険負担割合(医療保険)

●く保険負担割合(医療保険)

使用する保険証は【医療保険】です。介護保険は使えません。

1割負担⇒合計10割分の1割の金額
2割負担⇒合計10割分の2割の金額
3割負担⇒合計10割分の3割の金額
マル障(医療費助成)⇒負担ゼロ


マル障をお持ちの方でも、
マル障(医療障)情報だけでなく
通常の保険証も保険請求に必要となりますので、通常の保険証情報の取得も必須です。
またマル障については一部負担金が発生するマル障もありますので注意してください。

料金について、よくある質問

●介護保険は使えますか?

いいえ、使えません。訪問マッサージはすべて医療保険を使います。


●マル障(医療費助成)は使えますか?

はい、使えます。


●マル特(特定疾患)は使えますか?

マル特(特定疾患)は、使えません。ただし、マル障(医療費助成)は使えます。


お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
050-1376-8233

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。