ぽっちゃりの悩み

ぽっちゃりだけどモテません。
細い女性の方がスタイルが良いと考えている人もいますが、実はぽっちゃりの女性にもたくさんの魅力があるのです。今回はその中からいくつかの魅力を具体的に紹介させていただければと思います。

ぽっちゃり女性で高飛車なタイプは少ない
ぽっちゃりSNSのぽっちゃり女性の魅力の一つとして、謙虚で尽くすタイプの女性が多いということが挙げられます。ぽっちゃり女性で自分に自信がありすぎて性格が悪いということはほとんど考えられません。周りからチヤホヤされている女性と比較すると、男性のために尽くして、男性が喜ぶためならどんなことでもするというタイプの女性がほとんどです。女性は特に自分の中でぽっちゃりしているということをコンプレックスに感じていますので、高飛車になるような要素がないということが大きな理由です。デートに連れて行く際もたとえ予算があまり取れなかったとしても文句を言われることはほとんどありません。こういうランクの店じゃないと嫌だというような高飛車な女のわがままに付き合う必要はありません。こちらが選んだお店にも喜んで付いて来てくれるのがぽっちゃり女性の魅力の一つです。

ぽっちゃり女性は性に開放的なタイプが多い
ぽっちゃり女性は、男性にとって誘いやすいタイプです。なぜかというと、性に開放的なタイプが多く比較的簡単にベッドインまで持ち込むことができます。相手に尽くすタイプが多いので、積極的にプッシュすると、男性を喜ばせるために、ホテルまで付き合ってくれる女性が多いのです。いわゆる世間一般で言われているスタイル抜群の女性よりも、男性から言い寄られる体験が少ないために、ホテルに誘われたとしても嫌な気持ちにはならず、ノリノリでついてきてくれる可能性が高いです。そしてプレイに関しても、相手に合わせるタイプが多いので、自分の好みのペースで楽しませてくれます。やはり心優しく高飛車でないので、ベッドの中でも相手の男性のことを考えて、どうやったら喜んでもらえるだろうかという観点で楽しんでくれます。どんなにスタイル抜群だったとしても、嫌々な感じで対応されていると興奮できませんし、心からは楽しめません。その点で、ぽっちゃり女性はベッドの中でも気配りができて、こちらが攻めればしっかりと反応してくれるので、かなり魅力的です。相手の反応が良いので普段やったこともない、新しいジャンルのプレイにも挑戦できます。

痩せている女性よりも抱き心地が良い
ぽっちゃり女性の魅力の最大のポイントは抱き心地が良いというところです。見た目に関しては細い女性の方が良いと感じる人も多いですが、実際に抱いてみると抱き心地が良いのはぽっちゃり女性の方が上です。巨乳の女性も多いですし、ぽっちゃり女性の方が色々な楽しみ方ができて行為に集中できます。しかも男慣れしているぽっちゃり女性は少ないので初々しい反応も楽しむことができます。ぽっちゃり女性はグラマラスで抱いてみるとその魅力を確信することができます。

2019年の流行傾向、ぽっちゃり女性が進撃していることに気が付きました。
筆者は、比較的には『やせ型女性』が好きだったにも関わらず、ついつい『ぽっちゃり女性』に
気が向いてしまうのは何故か?と疑問が浮かんだので考えてみました。

女性の魅力は、一概に「これ!」と言えませんが、かいつまんで紹介したいと思います。

代表的な芸能人

深田恭子さん:ドラマ「ルパンの娘」では泥棒なのに絶妙なセクシーで男性ファン心理を捕まえて離さない!?
独特のやわらかい雰囲気からか女性からの指示も強くインスタのフォロワー300万人とかなりの人気者。

渡辺直美さん:インスタのフォロワー約900万人は圧倒的、女性ファン注目のインフルエンサー!?
オリジナルプロデュースも手掛けるほどのバイタリティーかつ歌って踊れる超器用タレント。

水卜麻美さん:アナウンサーの中では断トツの親近感とニュースからバラエティまで食べつくす!?
「みとちゃん」の愛称で24時間テレビのシークレットランナーとして登場するほどの秘密兵器。

ところで、ぽっちゃりさんは見た目だけでは?
と思われた方に誤解のないように、2019年の24時間テレビのランナーを引用してみます。

ぽっちゃり女性の魅力とは?

1.健康的 
「タッチ」の朝倉南コントは有名ですが、年齢を知らない人でも有名バラエティ番組では体を張り、
第一線で活躍する『元気なババア』(愛称)として、いとうあさこさん(49歳)は真面目な努力家で
常に全力な姿勢と元気な笑顔がとても素敵です。

2.精神的余裕
朝の顔から、お昼の顔として安定した様子で司会者をフォローできるアナウンサーであり、
ニュースもバラエティもハイブリットにこなす水卜麻美さん(32歳)に益々の期待が膨らみます。
素直にもりもり食べるあの親密さは、彼女の精神的余裕と自信のあらわれではないでしょうか。

3.安定感
こちらも朝の顔であり、バラエティ番組のひな壇に振られたら確実な「〇〇じゃねぇよ」とツッコミが定評の
「ステラおばさん」もとい、近藤春奈さん(36歳)の安定感は「渡る世間に鬼はなし」と言わんばかり。
所属事務所問題では涙を落としつつも、公平で冷静な意見が言えるコメンテーターとして安定感ぶりが際立ちます。

4.意外性
芸人らしからぬ不器用な口調からの突然のツッコミが好評で、もはや自虐ネタのくだりはアインシュタインか
ガンバレルーヤかと知らしめるように、一躍女性芸人としてひっぱりだこのよしこさん(28歳)。
彼女のくりだすモノマネの意外性たるや「小雪です」と一言で周囲を笑顔にしてしまう魅力は努力からでしょうか?

5.まとめ
今回は、筆者の想像にもとづき有名芸能人さまを代表とした『ぽっちゃり女性の魅力』を書かして頂きましたが、
共通するのは『見え隠れする女性らしさ』ではないかと思われます。
当然、目鼻立ちによる魅力も素晴らしいとは思いますが、健康的な雰囲気や表現など、品位や品格とはちょっと違う
やわらかい印象は、現代に『進撃』する『ぽっちゃり女性の魅力』ではないかと推察いたします。



初めまして、普段はアパレル関係の仕事をしている26歳で男のマサキと言います。
最近まで彼女が居たのですが、浮気されてしまったのでそのまま破局。
新しい恋愛と言うか、もっと気軽に会える様な女性を探そうとぽっちゃりSNSに登録してポイント購入したものの、女性とは上手くいかず退会しました。



後日ネットサーフィンしていると『ぽっちゃりSNS』と言うキーワードが出て来たので調べてみると、女性が男性を待っている趣旨の事が書かれていました。
『これは行けるんじゃね!?』と片っ端から住んでいる地域が近いぽっちゃりSNSの女性に連絡したものの業者だったり素っ気なかったり。
これでもダメなのか、と10人目に連絡を取った時にキチンと返事を返してくれたぽっちゃり女性が居ました。



名前はセイナ、年齢は24歳で最近まで水商売して彼氏と同棲していたそうで、今は別れて寝床を転々としているフリーターとの事。
プロフィール写真だけで見るとギャル系で濃いめ化粧と言った感じで、今までテレビでしか見た事が無い感じの女性でした。
この時点で夜8時過ぎでしたが『今から呑みに行かない?』と直球で誘うと、『うーん、どうしよっかな』との返事。
そこで『駅近くの居酒屋で先に呑んでるから、良かったらおいでよ!』とおしてみると、『オッケー』との事だったので、来たら御の字ぐらいで向かう事にしました。


セイナに話していた居酒屋に到着し、1時間ぐらいカウンターで呑んでいると『マサキさん?』と声を掛けてくれた女性が居ました。
そう、半信半疑だったもののセイナ本人でした。
『おー、本当に来てくれたんだ?』『ネットカフェでも時間経つにつれてお金掛かるからね』なんて会話をしながらテーブル席に移動して乾杯。
服装がニットセーターとエロさMAXで正直俺のアソコはビンビンでした。
最近あまり食べてないとの事も有ったのか実物は結構細っそりしていて、仕草にも可愛さが出ていましたね。

元キャバ嬢と言う事も有ってツマミをよそってくれたりと気を使ってくれるのも嬉しかったです。
お酒が入る内に、元々は大学進学で田舎から上京したものの、当時付き合っていた彼氏にお金を工面しようとして水商売の世界に入り、気が付いたら大学を退学したとの事。
色々話を聞いている内に『この子、色々家事出来そうだし連れて帰るか』と思い、『良かったら俺の家に来る?』と誘いました。
行く宛も無いので勿論OK、一緒に電車に乗って自宅へ向かいました。

自宅に到着する頃には酔いもさめていましたが、自宅に入った瞬間にセイナが後ろから抱き付いて来ました。
『最近ずっと一人だったから寂しかった』と呟くと彼女が愛おしく。
セイナの方は安心感からか酔っていたのでお酒臭かったですが、そのまま流れる様に一緒にシャワーを浴びました。


髪の毛や身体を洗ってあげると自然とメイクも落ちていましたが、田舎の女性特有の素朴さが感じられて、個人的にはこっちの方が好きですね。

それからはセイナと付き合い始め、同棲をしています。
料理や家事もしっかり出来るし、最近は清楚系に路線変更していますね。
結婚を視野に入れて新たに仕事を探しているみたいですが、ぽっちゃりSNSからまさかこうやって付き合えるなんて思ってもいなかったです。