"安心安全"なテレワークへ

御社のテレワーク環境の安全性を可視化
ネットワーク・インフラ企業だからこそ提供できる
情報セキュリティ評価サービス

新型コロナウィルスによる急なテレワーク、経営者様や情シスご担当者様
このようなセキュリティの不安はございませんか?

  • テレワークを実施しているがセキュリティについて何から始めればよいか
  • 個人所有のPCやスマホをテレワーク業務に利用してもよいか
  • 早急に例外的な対応が必要となった場合、どうすればよいか
  • 会社支給のノートPCでテレワーク利用を安全に行うにはどうすればよいか
  • boxやGoogleドライブ、OneDriveなどのファイル共有サービスを安全に利用するにはどうしたらよいか
  • teams、Slack、Zoom、Meetのようなコミュニケーションツールを利用したい場合、どうすれば安全か
  • テレワークでは周りの目がないため業務に無関係なサイトを閲覧しないか不安
  • 不必要なソフトウェアのインストールによるマルウェア感染をどう防げばよいか
  • boxやGoogleドライブ、OneDriveなどのファイル共有サービスを安全に利用するにはどうしたらよいか

まずは現状をチェックしてみましょう!

テレワーク 簡易無料セキュリティ評価サービス

現在の御社のテレワークにおけるセキュリティ対策状況の簡易チェックを
総務省「テレワークセキュリティガイドライン」をもとにPNCにて策定。

【経営】セキュリティ方針
【IT】対策の実装・実施
【従業員】ルールの遵守
の3つの観点で簡易的に評価。

24問の質問に回答するだけで、テレワークを想定したセキュリティ対策が十分か、
6つの対策カテゴリーから強化ポイントは何かを見える化して知ることができます。

P-SS「テレワーク情報セキュリティ評価サービス」の特徴

テレワークに即したサービス
ネットワークのプロフェッショナル集団
だからこそ提供できるテレワークにおける
セキュリティ診断
高度な資格を持つ人材
セキュリティ分野における国家資格
「情報処理安全確保支援士」や
国際資格「CISSP」などの専門家が支援
確かな実績と経験
約20年にわたり大企業や公官庁を中心に
リモートアクセスを含むインフラ構築や
セキュリティ対策を提供
確かな実績と経験
約20年にわたり大企業や公官庁を中心に
リモートアクセスを含むインフラ構築や
セキュリティ対策を提供

"安心安全"なテレワークへ

現在、新型コロナウィルス(COVID-19)の流行により、
多くの企業でテレワークの導入が急加速しています。

一方で、十分なセキュリティ対策を行っていなければ、
情報漏えいやマルウェア感染、通信内容の盗聴といったリスクが高まります。

安心・安全なテレワーク運用を行えるよう
セキュリティ評価「P-SS」を通じてご支援できればと存じます。

サービス

人的・組織的対策
貴社組織のテレワークにおける情報セキュリティマネジメント推進の全体像について可視化を行い有効性を評価します。
技術的対策
テレワークに伴うサイバー攻撃に対する技術的な対策の実装状況とその運用について現状の可視化を行い、有効性を評価します。
物理的対策
テレワークにおける物理的な対策の実装状況とその運用について現状の可視化を行い、有効性を評価します。
物理的対策
テレワークにおける物理的な対策の実装状況とその運用について現状の可視化を行い、有効性を評価します。

安心安全なテレワーク評価項目

  • 情報セキュリティポリシー テレワークの管理者、社員向けセキュリティポリシー
  • 情報資産分類 テレワークにおいて扱う情報資産の分類
  • セキュリティ教育 テレワークにおけるセキュリティ教育・啓蒙
  • セキュリティインシデント管理 テレワーク時のインシデント対応、社内体制構築
  • リモートアクセス制御 リモートアクセス環境におけるアクセス制御状況
  • モバイルセキュリティ 貸与したパソコン・スマホ・BYOD(自宅PC・私用スマホ)の管理
  • クラウドセキュリティ 在宅から外部サービス利用におけるセキュリティ
  • 通信と運用管理 テレワークにおけるマルウェア対策、バックアップ、障害対応、監視、ログ管理
  • 物理セキュリティ 自宅の物理セキュリティ、USBメモリ等の管理
  • ※ネットワーク機器に対する技術的な脆弱性診断は別途となります
  • 情報資産分類 テレワークにおいて扱う情報資産の分類

サービスご提供の流れ

Step.1
調査① 経営者の観点
1~2週目
・経営としてセキュリティ方針を示しているか
・テレワークに関するセキュリティの認識をインタビューにて調査
Step.2
調査② IT・情報セキュリティ担当の観点
1~2週目
・テレワークに関わるセキュリティ対策を実装・実施しているか
・テレワークに関わるセキュリティルール(規程類)は整備されているか
Step.3
調査③ 従業員の観点
1~2週目
・セキュリティルール(規程類)に基き、ルールを遵守しているか
Step.4
データ分析
2~3週目
・調査した御社のテレワーク状況を分析
・分析結果と改善案を策定
Step.5
結果報告
4週目
・セキュリティリスク評価報告書を提出
・報告会をリモートで実施
オプション
テレワーク・脆弱性診断全般に関するご支援
5週目以降
・テレワークの安全性を高める具体的なセキュリティ対策のご提案
・安心安全なリモートアクセスを実現するネットワーク構築をご支援
Step.2
調査② IT・情報セキュリティ担当の観点
1~2週目
・テレワークに関わるセキュリティ対策を実装・実施しているか
・テレワークに関わるセキュリティルール(規程類)は整備されているか

成果物

セキュリティリスク評価報告書

御社のテレワーク時におけるセキュリティリスクの
分析結果と対策の推奨案・優先度をご提示し

情報セキュリティ対策水準の向上のため次に取るべき行動を明確にします。

導入事例

製造業 東証一部 大企業
既存のセキュリティ運用ルールの見直し
新たな情報セキュリティ対策基準(統一基準)の策定
建設業 非上場 中小企業
情報資産の潜在的リスクの洗い出し、重点対処領域と対策の可視化および情報セキュリティ基本方針/関連規定の整備支援
建設業 非上場 中小企業
セキュリティに関する規定の整備状況、遵守状況の現状レベルと有効性評価
建設業 非上場 中小企業
セキュリティに関する規定の整備状況、遵守状況の現状レベルと有効性評価
情報サービス業 非上場 中小企業
情報資産の潜在的リスクの洗い出し、重点対処領域と対策の可視化および情報セキュリティ基本方針/関連規定の整備支援
情報サービス業 東証一部 中堅企業
サイバーセキュリティに関する技術的対策、運用の現状レベルと有効性評価
不動産業 非上場 中堅企業
内部不正の実施容易性(起こしやすさ)および職場環境等調査による発生リスク(起こりやすさ)の現状レベル評価
不動産業 非上場 中堅企業
内部不正の実施容易性(起こしやすさ)および職場環境等調査による発生リスク(起こりやすさ)の現状レベル評価
P-SS 情報セキュリティ評価サービスに関して
まずはお気軽にお問い合わせください


会社概要

Professional Network Consulting Co., Ltd.
会社名 プロフェッショナル・ネットワーク・コンサルティング株式会社 
所在地 〒101-0041
東京都千代田区神田須田町2-9宮川ビル
連絡先 TEL050-5527-2909 又は03-5913-9821
取締役
代表取締役社長 長谷川 善美
取締役 黒沢 智久
取締役 土本 孝拡
設立 2001年12月10日
社員 81名 (2019年7月現在)
情報セキュリティ
JIS Q 27001:2014 (ISO27001:2013) 
社員 81名 (2019年7月現在)

マップ

テレワーク 簡易無料セキュリティ評価サービス

現在の御社のテレワークにおけるセキュリティ対策状況の簡易チェックを
総務省「テレワークセキュリティガイドライン」をもとにPNCにて策定。

【経営】セキュリティ方針
【IT】対策の実装・実施
【従業員】ルールの遵守
の3つの観点で簡易的に評価。

24問の質問に回答するだけで、テレワークを想定したセキュリティ対策が十分か、
6つの対策カテゴリーから強化ポイントは何かを見える化して知ることができます。
P-SS 情報セキュリティ評価サービスに関して
まずはお気軽にお問い合わせください