「もっと早く、もっと楽に。」

シンプルさを突き詰め、年々ビジネスを研ぎ澄ましていく、起業革命家、川嵜信太朗。
バレンタインデーという特別な日に、自身の半生を語る、特別な講演会をご用意いたしました。






ライター;てるい

危ういのは承知で、それでも、こう言わせてもらいたい。



今の僕があるのは、この人のおかげだ。


と。

この人の起業コンサルを受けて、良かったな、と。単純にそう思う。





本来、同じ「コンサル」という商品を提供する身で、
「僕はこの人の起業コンサルを受けました」と公言するのは、
リスキーで、アホで、何にも考えていない人間のすることなのだろう。



今後の僕に、何か不利益があるのかもしれない。




でもね、それでも言いたいんです。



「この人のコンサル、良いですよ」
と。



3年ほど、この人をメルマガを読ませていただいている。





少しでも、この人みたいな文章が書きたくて、
返信を毎日のように送った時期もある。




今メールフォルダのメールの数を数えたら、
2017年2月26日以降、


92通もの返信を送っていた。




(若干迷惑メールなんじゃね?説ありますが、、笑)




それで、
送った返信のうち、4.5パーセントくらいは、返信が返ってくる。



「面白いですねー^^」

とか、

「今回あんまり反応良くなかったです^^;」



とか、


一行程度だけど。



それでも、嬉しいし、
川嵜さんには、こういうアイデアが好かれるのだな、って
勉強になっている。





これをお読みのあなたも、
是非、メルマガに、たくさん返信を送ってみるといいですよ。




返ってくるかどうかなんて、どーでもいい。



ただただ、
川嵜さんの文章と対話するイメージで、
どんどん返信すればいいと思います。




結局それが、
文章力を鍛える、最良の訓練です。




そんなスタイルを続けていた、
2017年の年の瀬のある日に、
常識ではありえないスピード感で、1つの企画が決まりました。




それが、
「成功者の私物撮影」という企画だったのです。





これは、実際に川嵜さんと

インスタ上でやり取りしたものです。



何か、身近な成功者に提供できるサービスはないか、と

あれこれ考えていた時です。


ちょっとびっくりするかもしれません。


びっくりするかもしれませんが、


これは事実で、



最初のメッセージを送ってから、

実に22時間後には、


1つの「成功者の私物撮影」という企画が、現実のものとなったのです。



これが、川嵜さんの言う「スピード感」、、、。


ワクワクしつつも、


実は、
その速度についていくのが精一杯でした。






多分、たくさんのメルマガ読者さんが、


こういうふうに思っているんじゃないかな、って感じます。




つまり、

川嵜さんには下手なこと言えない。
怒ると怖そう、、。と。





僕が思うに、



半分ホントで、半分は誤解です。




この、「成功者の私物撮影」企画中に、(自覚しているだけで)一度、

川嵜さんの逆鱗に触れそうになったタイミングがありました。





それは、
撮影が終わった後、



リッツカールトン近くの
焼き鳥屋さんに連れて行ってもらった時のお話です。





昔から川嵜さんの発信を追っている方ならご存知だと思いますが、




川嵜さんの食へのこだわり、
特に、焼き鳥へのこだわりはハンパないです。





川嵜さんオススメの焼き鳥屋さん=美味。



これは間違いないです。




川嵜さんの言葉を借りれば、
「最初から勝ちの決まった勝負」というやつですね。






4本目に「ねぎま」を僕が頼もうとした瞬間、、
事件は起きました。





川嵜さん;「僕、ねぎ食べれないんすよ」



照井;「え!そうなんですか!(笑)じゃあ、ねぎま2本で!」



川嵜さん;「僕にねぎ食べろっていうんですか・・・?」




その時の目つきは、
控えめに言って、殺意を放っていました。



(やべ、いじりすぎた!)



照井;「いや、ねぎだけ僕が食べるんで!川嵜さんは肉だけ食べてください!」




これで事なきを得ました。






(ヒエッ、、、)






川嵜さんに限らず、

筋トレをして、常にテストステロンをほとばしらせている「漢」というのは、


その透明感の中にも、どこか凶暴さが見え隠れするものです。




テストステロンの量は「目」に現れます。
テストステロン量が高いと、
瞳の透明度が増すので、目力が強くなるのです。






目に力がある、という川嵜さんの良さが、
人によっては、「ちょっと怖そう」と映るのかもしれません




でも、川嵜さんは、
その強さを、


人を導く方向に使える、
優しい方です。





強さ、透明感の奥に、
ちゃんと優しさを隠し持っている方ですよね。





そうでなければ、


無制限メールサポートなんて特典はつけないなずです。






クライアント限定の上位メルマガ内では、


いつも、「クライアントさん全員のステージを引き上げる」
と話しています。





優しさを内に秘めているというのが、
また漢らしいよな、と、
いつも感じています。




きっと、
これをお読みのあなたも、同じですよね?^^




あ、でも、
嫌いなネギを食べさせようとすると怒りに触れるので、
気をつけてくださいね!





「どうして、セミナーじゃなく、講演会なんだろう?」



そんな疑問が、どうしても浮かんでくるので、


実際に聞いてみた。






長々と書いてしまいましたが、

僕が伝えるべきは、この一行かな、と。

そう思いつつ、川嵜さんにバトンタッチをしましょう。






改めてになりますが、


今回はセミナーではなく、
川嵜さんの成功ヒストリー(つまり歴史)に焦点を当てた、講演会です。



いつも背中で語ってきた川嵜さんが、
初めて、ご自身の半生を、ご自身の言葉で語ります。

これまで話してこなかったエピソードが満載ですので、
是非、仙人ではなく、「人間、川嵜信太朗」に会いに来てください!





このたび、てるいさんが僕の講演会を主催してくれることになりました。


講演と言っても、どんだけ大層なことを話せるか分かりませんが
僕としても初の試みなので、今から楽しみです。

学生時代から起業をして、なんだかんだ今年で起業歴9年ほど。

今でこそ順調ですが、思い返すと
過労で倒れたり詐欺にあったりニートになったり、色々ありました。


ここでは話せないような、ドン引きされそうなエピソードなんかも
これを機に思い出してしまって、恥ずかしいやらなんやらです。


普段、過去を振り返ることはあまりないのですが
この企画のおかげで古い記憶がよみがえったりして
ちょっと一杯飲みながら浸りたい気分です、笑


この講演会では、僕が起業する少し前から
現在の起業コンサルタントとして活動開始するまでの出来事や教訓を
嘘偽りなくお話しするつもりです。


わずか30年のつたない人生ですが
一歩前に踏み出すきっかけになることができたら嬉しく思います。



  • 人生最大の教訓を得た大学3年の秋
  • 就職活動の放棄、雇われず生きていく道を模索し始める
  • 初めての本格的な起業と、初めての報酬
  • 後ろ指をさされる屈辱 いつか必ず見返してやる
  • 工場で肉体労働をしていた派遣時代
  • アパレル会社の社長に指摘された、痛恨のミスと教訓
  • 先輩の死 人生なんてクソだ
  • 気が付いたら箱根だった
  • 未だ戻らない、失われた3か月の記憶
  • 心の世界と向き合い続けた半年間のニート生活
  • 稼ぐか死ぬか、起死回生のバイト復帰
  • 月収900円→10万円→40万円→100万円の道のり
  • 1日30分で月収100万。暇すぎて廃人になる
  • オモチャからダイヤまで、売れるものは何でも売った
  • コーチングとの出会い、富豪のドラ息子との出会い
  • いざ起業コンサルの道へ
  • 人生最大の教訓を得た大学3年の秋

当日あなたにお会いできることを楽しみにしています。




今回、初の試みとして、ノウハウを伝えるセミナーではなく、



川嵜さんの秘蔵ストーリー満載の講演会を開催することができました。



これもひとえに、皆さまのおかげです。
ありがとうございます。



今回の参加費は10000円(懇親会込みは15000円)
となっております。



場所は都内となります。13時スタートです。
(会場は、参加者のみに改めてお伝えいたします。)



勉強しようと意気込んで、
ノートパソコン片手に臨む必要は、ありません。



ただただリラックスして、川嵜信太朗さんの語る
ストーリーに耳を傾けましょう!



お申し込みは、下記のフォームをクリックしてください。



あなたのご参加、心よりお待ちしております。

川嵜信太朗
照井弘樹

追伸・・・(またとない機会ですので)

繰り返しになりますが、

2月14日、バレンタインデーに、
川嵜さんとお会いできる、またとない機会となっています。


いつものような重厚なセミナーではなく、
「人間」川嵜信太朗をかいま見ることができます。


ぜひ、クリックしてご参加ください。


あなたのご参加、楽しみにお待ちしております。