なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

ゴルフ保険の基礎知識や
おすすめ会社について

ゴルフプレイヤーにとって欠かせないもの、それがゴルフ保険です。今回はゴルフ保険の基礎知識やおすすめ会社について紹介していきましょう。現在、ゴルフを楽しむ人で保険加入していない人は参考にしてみてください。

ゴルフ保険の基礎知識

こちらでは、ゴルフ保険の基礎知識について見ていきましょう。どんな特徴を持っているのかを知ることで、ゴルフ保険加入を前向きに考えられるようになるのではないでしょうか。

 ・盗難にも適用される?

ゴルフ保険と聞くとプレイ中の怪我などにばかり目が留まりがちです。ゴルフクラブは高価なものもあるので盗難補償がされるのかを知りたい人もいるでしょう。基本的にゴルフ保険は盗難補償も受けられるようになっています。ただ、保険に加入していれば盗難補償を受けられるというわけではないことも覚えておきましょう。

 ・前日でも加入できる?

突然ゴルフのお誘いが入ることもあるでしょう。ゴルフ保険に加入していない人は間に合わないと考えている人もいるのではないでしょうか。ゴルフ保険は一般的なタイプが主流となっていますが、1日保険や1週間保険など期間限定のものもあるので安心してください。

 ・複数加入できる?

複数加入すればアルバトロスやホールインワンによる補償を加入分だけ受けられると勘違いをしている人もいます。しかし、基本的に契約している保険の中でもっとも高い保険金額が限度となります。つまり、もっとも高い保険金が30万円だった場合、例え複数加入していても30万円を超える受け取りはできません。

ゴルフ保険加入時の注意点

こちらでは、ゴルフ保険に加入する前の注意点について見ていきましょう。意外と見逃しがちな注意点もあるので気をつけてください。

 ・重複に注意しよう

先述したようにゴルフ保険は重複していてもメリットはありません。重複した分だけ保険料が無駄になるので重複していないかチェックをしてください。

 ・付帯されていないか

自動車保険やクレジットカードなどにゴルフ保険が付帯されている場合があります。付帯されているものを使う場合は新規加入は必要ありません。逆に新規加入する場合は付帯を切っておいた方がいいかもしれませんね。

 ・必要な補償のみつける

保険にはさまざまなオプションがあります。それはゴルフ保険にも同じことが言えます。万が一を考えるのは良いことですが、アレもコレもとオプションをつけていくと保険料がとんでもないことになるので気をつけてください。

ゴルフ保険が適用されないケースとは?

こちらでは、どんな時にゴルフ保険が適用されないかを見ていきましょう。意外な事実もあるのでゴルフのプレイ頻度が高い人は覚えておきましょう。

 ・突発的なものに適用される

ゴルフ保険で適用されるものは「突発的」なものに限ります。そのため、同行者と喧嘩をして怪我をした、持病で倒れた、ゴルフのしすぎで疲労骨折を起こしたなどの場合は適用外となります。

 ・どこで盗まれたかが重要

ゴルフ保険には盗難補償もありますが、これはどこで盗まれたかが重要となります。ゴルフ場や練習場であればいいのですが、自宅で盗まれた場合は盗難であっても補償外となります。ちなみに、ゴルフ場に置き忘れてなくなっていたというケースにも保険は適用されないので注意しましょう。

 ・ホールインワンでも保険適用外になる?

ホールインワンやアルバトロスは保険対象となることがほとんどですが、証明書を準備してないと保険対象外とみなされてしまうのです。他にも海外でのプレイ時には補償されないというものも一般的です。

おすすめのゴルフ保険会社とは?

こちらでは、おすすめのゴルフ保険会社について見ていきましょう。現時点で加入会社に悩んでいる人は参考にしてみてください。

 ・三井住友海上

ゴルフ保険のプランが豊富な特徴を持っている会社です。自分の希望するプランが選択できるので無駄のない保険に加入することができます。

 ・AIG損保

損害保険業界の中でも大手会社です。そのため、大手ならではの安心感があります。リーズナブルなプランを選んでも補償がしっかりしているので加入者としては嬉しい状況です。ホールインワンやアルバトロス補償以外は国外でも対応してくれる特徴があります。

 ・東京海上日動

トップクラスと言っても過言ではない保険会社です。他人へのケガだけではなく、自分の大きなケガにも備えたい人に最適と言われています。365日24時間、いつでも医師や看護師が電話相談に乗ってくれるのも魅力のひとつです。

ゴルフ保険について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

ゴルフ保険は軽視されがちですが、補償が必要になった時の出費は決して軽視できません。
何が起こるか分からない時代でもあるので自分でできる対策はしっかりしておきましょう。
プレイ頻度に合わせて加入時期を決められるのもゴルフ保険ならではと言っていいでしょう。