未 来 へ 向 け て 。

老 舗 容 器 メ ー カ ー の 挑 戦 。
For the Future.
A Challenge of Long-Established Manufacturer.

こんにちは。プラシーズです。
創業87年の容器メーカーです。


お客様のご希望にお答えし、
幅広い容器の開発と特許取得の実績を持ち、
さらに微細彫刻を施し、
デザイン性を追求する技術の開発など、
常に新しいものへのチャレンジを続け、
変化の多い時代を、化粧品とともに歩んできました。


近年、直面している環境問題。
容器メーカーとしても使命感を持って取り組んでいます。
プラスチック容器メーカーから一歩踏み出し、
様々な素材を容器として活かす挑戦をしています。


毎日使う化粧品だからこそ、
身近なところから環境にやさしく。
未来へ向けて、老舗メーカーの挑戦です。


Hello, we are Pluseeds.
We are a container manufacturer founded in 1932.


Strive to meet our customers’ needs, we have developed a wide range of containers and technological skills such as fine engraving decoration which pursue our design properties, proven by patent acquisitions. We challenge ourselves always to find innovative way to do things, and have worked together with cosmetics in the age of rapid change.


The world is now confronted with Environmental Issues, and as container manufacturer, we keep our social responsibilities in clear view. We are going to take a step forward on material that conventional plastic container manufacturer won’t do.


Let’s us all be Eco-Friendly, starting with that familiar to us, COSMETICS, that we use every day.
A challenge of long-established manufacturer, for the future.


I T E M S

バイオマスプラスチック
Biomass plastic

地球との未来を考えた、プラスチックへの挑戦

2019年10月、台風19号により、私たちの栃木県佐野工場は水害で被災しました。
今回の台風のような異常気象は、地球温暖化が原因と言われており、防ぐためにはCO2排出削減が不可欠です。
そのため今回の展示では、植物由来のバイオマスプラスチックを主に利用しました。
石油由来の材料と比べ、バイオマスPE成形品で約70%、バイオマスPET成形品で約20%、CO2が削減できると言われています。
これから私たちは、つくる責任・つかう責任を考え、植物由来だけでなく、土に還る生分解性の素材を用いた容器開発にも挑戦していきます。

To Challenge Plastics for the Future of Our Dear Earth

Last October 2019, our Sano Plant in Tochigi was damaged during the flood caused by Typhoon No. 19. It is said that occurrence of such abnormal weather is caused by Global Warming, and thus reduction of carbon-dioxide (CO2) is essential to prevent such disaster.
In regard, we mainly used Biomass Plastics of plant origin for this exhibition.
Compare with petroleum-derived material, Biomass PE molded product can reduce about 70% of CO2 emission, and Biomass PET molded product can do so about 20%.
We consider responsible consumption and production, developing containers that use biodegradable material which returns to soil.

紙器
Paper container

リサイクル紙を芯材に。環境にやさしい紙製コンパクト

これまで私たちは、プラスチック素材を用いて、生活者にとって必要かつ重要な「容器」をお届けしてきました。本当に必要な「容器」とは何か、と考えた際に、従来の素材にこだわらないかたちで容器をお届けしたいと思いました。紙製のコンパクトは、金型代も安く且つ金型作成のリードタイムが1日と、短期間で自由な計上で作成することができます。美しくて、使いやすく、安心安全で、価格も満足してもらいたい、そんな思いの詰まった新生「プラシーズ容器」のご提案です。

Use Recycled Paper for Core Material:Environment-Friendly Paper Compact

Throughout our history, Pluseeds has been committed to deliver plastic “containers” that are important and necessary for users.
When we ask ourselves about indispensable property of “container,” the answer is to provide “container” which is not particular about conventional material.
Paper Compact requires only 1-day lead-time for preparing die at a low rate, and thus capable of achieving high design flexibility and cost reduction in a short time.
Introducing a new arrival of “Pluseeds Container” filled with beauty, handleability, safety and reliability with satisfaction of its performance and price.

成形技術
Molding Technique

精緻な加工技術によって拡がるデザイン表現の可能性

創業87年の歴史で培った加工技術があります。今回の展示は、新加工技術のDTモールドとインモールド成形を用いたコンパクトです。
DTモールドは、フィルムに凹凸をつけることによって金型1つで多種多様なデザインが可能になります。
インモールド成形は、レーザー彫刻を施すことによって、NC加工やフィルムでは表現できない微細彫刻を表現が可能になりました。精緻な加工技術によって、よりデザイン表現の幅が広がった製品をお楽しみください。

Exquisite Molding Technique that Enhance Capability of Design

We have molding technique cultivated in our 87 years of operation.
We introduce Compact that utilized new molding techniques; DT-molding and IMD molding.
DT-mold molding enables variety of designs in 1 die by applying ruggedness on film.
IMD molding enables expression of elaborate sculptures by laser carving, which is difficult to express in NC processing.
Enjoy our new products that remarkably expanded in their range of expression in designs!

パルプモールド
Pulp mold

美しく、やさしい。環境に配慮しつつ美粧性を高めたパルプモールド

バガスパルプを原料に使用した、環境にやさしく美粧性を高めたパルプモールドです。従来の乾式成形の場合、表面が荒れやすく抜きテーパも多く必要になり化粧品容器としては不向きでした。ですが、湿式乾燥を行うことによって、従来の問題点を解決しコストダウンにも繋がりました。これまでのパルプモールドの使用例としては中枠がメインでしたが、今回はケースとしてご提案しています。今後は、より実用的な化粧品容器の開発へとつなげていきます。

Beauty and Goodness: Pulp-Molded Case that is Excellent in Aesthetics with Greater Friendliness to the Environment.

Pulp mold, mild to environment and excellent in beautifulness, uses a bagasse pulp as raw material.
Conventional dry mold was not suited for cosmetics, where a surface was easily roughened and requires wide draft angle.
But those conventional concerns were solved by wet drying system, together with cost reduction.
Pulp mold were mainly used for intermediate frame for packaging, and today we introduce its use for a “case.”
We continue to develop pulp-molded products to be more practical cosmetic containers.

C O M P A N Y

株式会社プラシーズ
〒111-0052 東京都台東区柳橋1-2-12柳橋Mビル2F
TEL : 03-6858-3561 FAX : 03-6858-3700
WEB:http://www.pluseeds.co.jp/

<ACCESS>
【JR】 JR総武・中央線各駅停車「浅草橋」駅下車。東口出口より徒歩3分。
【地下鉄】 都営浅草線、「浅草橋」駅下車A1番出口より徒歩3分。

Pluseeds Co., Ltd.
2F, Yanagibashi-M Bldg., 1-2-12, Yanagibashi,
Taito-ku, Tokyo, 111-0052, Japan
WEB:http://www.pluseeds.co.jp/

TEL:+81-3-6858-3561
FAX:+81-3-6858-3700 

C O N T A C T

お問い合わせはこちらです。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信