自身の「プレゼンス=存在感」が放つ本物のリーダーシップを開花させる

~リーダーの身体が変われば組織が変わる~

これからの時代を導くリーダーに必要なものは、柔軟性と感性・感受性を備え、イノベーションのためのスペースを作り出せる「プレゼンス」です。

プレゼンスとは、その人の「あり方」や「存在感」、たたずまいなど、何もしなくてもその人から放たれる影響力のこと。

あなたも、「同じ言葉でも、なんとなくあの人に言われると聞き入ってしまう」「理由はわからないが、あの人のことは信頼できる。応援したくなる。」というような経験はないでしょうか。それが、プレゼンスによるリーダーシップです。 

近年、「マインドフルネス」や「セルフ・コンパッション」が、リーダーシップの源泉として注目され、ハーバードビジネスレビューで特集が組まれるなどしていますが、プレゼンスは、これらの概念を内包するものです。

では、プレゼンスの源泉とはいったい何なのでしょうか。

それは、「リーダー自身の心理的安全性と、深い自己一致」です。

その人がアピールしていることや、言動など目に見えるものではなくて、その人が心理的に安定していること、そして本当に感じていること、本音、信念などの意識の奥深くに持っているものが「あり方」や「たたずまい」にあらわれてくるのです。

いざとなった時に出てくるものは、「心がけている」ことではなく「自分と完全に一体になっている信念や思い」なのです。

この講座ではそれを「身体化されたもの」、と呼んでいますが、すなわち、プレゼンスは、その人の中に「身体化」されているものから表されるのです。 

講座では、プレゼンス・リーダーシップに欠かせない「心理的安全性」「自己一致」「感性」の土台を身体ワークによってトレーニングし、身体化させていきます。 

するとまず、あなた自身のプレゼンスを発見し、開花させることが出来るようになるでしょう。そして、プレゼンスをベースにした持続可能なリーダーシップを発揮できるようになります。また、プレゼンス リーダーシップの背景理論を学ぶことで、ワークのファシリテーションができるようになります。

本講座は、身体にダイレクトに働きかけることで心身の変容を促進するボディーワークの第一人者、小笠原和葉が講師を務めます。

これまでのリーダーシップ プログラムに足りなかった要素を、ボディワーカーの見地から解説・体感いただける国内唯一のプログラムです。

奮ってご参加ください。

このプログラムで出来るようになる事

  • あり方で導けるリーダーになるための身体性を使ったワークを習得できる
  • 日常や必要なシーンでワークを使うことによりプレゼンスを育て、あなた自身のプレゼンスを開花させることができるようになる
  • プレゼンス・リーダーシップについて学び、自己一致と心理的安全性のためのワークをファシリテート出来るようになる
  • 日常や必要なシーンでワークを使うことによりプレゼンスを育て、あなた自身のプレゼンスを開花させることができるようになる

講座修了後の活用

  • 「プレゼンス リーダーシップ プログラム」をファシリテーションするためのワークガイドを提供します。
  • 修了証が発行され、「プレゼンス リーダーシップ プログラム」を開催することができるようになります。
  • 修了証が発行され、「プレゼンス リーダーシップ プログラム」を開催することができるようになります。
※ファシリテーターとして活動するためには、活動に必要となる情報提供・トレーニングサポートのための会員登録が必要となります。年会費は1万円(税抜)です。なお、プログラム実施毎のロイヤリティ等は不要です。制度詳細は講座内でもお伝えします。

こんな方に

  • 企業研修、学校教育などで、リーダーシップトレーニングに携わっている方
  • 企業研修、学校教育などで、リーダーシップトレーニングに携わっている方

プログラムの内容

  • 1.プレゼンス、の構成要素を知る
  • 2.身体を通して自分のOSに働きかける
  • 3.感じ取る力と自己認識(セルフ・アウェア)のためのワーク
  • 4.心理的安全性を作り出すワーク
  • 5.SELFのパワーにつながる、「リソース」のワーク
  • 6.ワークのファシリテートの原則と注意点
  • 7.目的に合わせてファシリテートをカスタマイズする
  • 2.身体を通して自分のOSに働きかける

講師紹介

小笠原 和葉(おがさわら かずは)

ボディーワーカー
株式会社 大きな木 取締役

大学院卒業後、SEとして国内ITベンダーに就職。その後、自身の健康への問題意識をきっかけに、フィジカルとメンタルとの関係性に着目、研究を始める。自身でもボディワーカーとして活動する一方、意識や力ラダを含んだその人の全体性を、ひとつのシステムとして捉え解決するメソッドを構築し「プレゼンス・ブレイクスルー・メソッド®(PBM)」の体系を完成し、延べ約1700人が受講。2017年より、PBMプログラムの法人展開を開始。

身体性に着目したリーダーシッププログラム、メンタルヘルスプログラム等の提供や、製薬企業に向けたヘルステックコンサルティングなどの実績がある。

保有資格

* クラ二オセイクラル・バイオダイナミクスBasic3修了 ⁄
クラ二オセイクラルヒーリングアート(CHA)アシスタント・チューター

* 力リフォル二ア州認定マッサージプラクティショナー

* sVYASA(スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ・セラピー研究財団)
インド中央政府認定ヨーガ・インストラクター

* ソマティック・エクスペリエンス(Somatic Experiencing®)プラクティショナー

* 宇宙物理学修士

「プレゼンス リーダーシップ プログラム ファシリテーター養成講座」
次回開催のご案内

日時:2019年10月1日(火)
10:30〜18:00
定員:20名
会場:「ビジョンセンター田町 408号室」
東京都港区芝5-31-19ラウンドクロス田町2F,4F 

受講料:38,000円(税抜)

参加者 満足度 4.88(5点満点中。第二回目までの参加者平均)

参加した感想

具体的な実践方法を細かく教えていただけて良かったです。
資料も詳細に準備されていて有難かったです。

限られた時間の中で、理論と体験がバランスよく配置されていてギュッと詰まった内容でした。

ファシリテーターとしてワークを実施する観点で必要なポイントをわかりやすく理解することができました。


印象に残ったパートやメッセージ

最初のボディスキャンで、思考しまくっている自分に気づいたこと。
イメージすることで身体が変化し、それを感じることで意識が変わることが本当に体感できました。
今年ずっと考えている部分とリンクして納得できました。

あの有名企業が血糖値のコントロールに着目しているということ。
肺のワーク。リソースをイメージするだけで呼吸が深くなったこと。

「参加者になってほしい状態に自分自身がなってファシリテーションする」ということ。

(写真は第一回目参加者の集合写真)

参加申込み

お申し込みは以下のフォームからお願いします。お支払いは事前銀行振込制です。お申込みの方に、折り返しメールでご案内しています。(お振込み期限は1週間となります)

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

【先行案内希望者はこちら】
次回以降開催の情報など、最新情報をメールでお届けします。ご希望の方はご登録ください。
※本講座は、PBM(プレゼンス・ブレイクスルー・メソッド)を主宰する(株)大きな木と、(株)オンユアマークにより、共同運営されています。

会場のご案内

ビジョンセンター田町 408号室

東京都港区芝5-31-19 ラウンドクロス田町
以下のURLもあわせてご覧下さい。


https://www.visioncenter.jp/tamachi/access/

JR山手線・京浜東北線「田町駅(三田口)」 徒歩2分
都営浅草線・三田線「三田駅(A3出口)」 徒歩1分

【キャンセルポリシー】
本講座のキャンセルポリシーは以下の通りです。
(振込手数料はお申込者負担とさせていただきます)
開催日3日前までのキャンセル:事務手数料10%を差し引いてご返金
開催日前々日:キャンセル料、50%
前日:キャンセル料、80%
当日:キャンセル料、100%


これまでの開催実績
2019年6月22日
2019年7月6日
2019年8月18日