プラズマイオン万能消毒器/紙幣消毒器は必要?情報について

プラズマイオン万能消毒器/紙幣消毒器は今の時代、必要とされる方、会社も多くなっているかと思われます。

ここでは、プラズマイオン万能消毒器/紙幣消毒器について紹介していきます。

プラズマイオン紙幣消毒器は必要?

昨今の感染症は紙幣を通じて発生する可能性もあるということが言われています。昨今のものだけではなく、基本的に感染はモノを媒介するということ不特定多数が触れる紙幣というのは病原菌が繁殖するもとともなりかねません。

実際に何が原因で感染するかというのは非常にわかりにくいですし、証明も難しいものにはなりますが、このような対策はできるのであればしておくにこしたことはありません。

またお客様が使うという場合においては、しっかりと対策をしていることのアピールにもなると考えられます。

プラズマイオン紙幣消毒器の性能

プラズマイオン紙幣消毒器の性能としては以下のものが掲載されています。

★プラズマイオンで30秒で99.9%除菌※
★流行菌対応検証済※
 ※)検査機関:Korea Testing & Research Institute調べ)
 ※)ご利用条件・環境によって異なります)
★国内外 特許取得済
★特許庁 意匠登録 済
★既存の計数機利用可
★カード、コインも直接除菌可

活躍シーンとして、金融機関やスーパー、ショップ、病院、薬局ということが想定されているということです。


30秒で99.9%除菌できるのであれば、使用する範囲で消毒も可能ですし、使ってみてもいいかもしれません。


プラズマイオン万能消毒器として日常でも使用可能に

プラズマイオン万能消毒器ということで紙幣消毒器を日常生活でも活用できるものが誕生しています。

電子機器や紙などにも使用できるというものになっています。

使用例としては
・マスク
・スマホ(携帯)
・眼鏡
・時計
・財布
・おもちゃ
・リモコン
・病院の電子カルテ端末や紙カルテなど
・もちろん、紙幣やコインの除菌にも!

万能用ということで、紙幣やコインに対してももちろん使用できるということで範囲が広くて安心して使えます。

除菌の動画について

プラズマイオン紙幣消毒器については動画も提供されています。
提供元が韓国だということで、韓国語で表示されていますが、1:50~からは英語で解説されています。具体的な製品紹介は2:28~となっています。
イメージがこれで掴めるのではないでしょうか。

もう一つこちらの動画でもプラズマイオン紙幣消毒器が出ています。
韓国社会ではよく受けいられていることがわかります。

本当にそこまでする必要があるのか?

本当に感染症対策として、プラズマイオン消毒器が必要とされるのか。
そこまでする必要があるのか。

この答えを簡単に出すことはできません。
これをやれば大丈夫とか、ここまでやらなくて大丈夫とか、そんな回答を出せる人は専門家ですら存在しないはずです。


現実的には費用もかかる話になりますので、誰でもどこでもというわけにはいかないでしょう。

ただ、大量の紙幣を取り扱う場所としては、検討する必要はあるかとは思われます。

その場所で一度クラスター発生となってしまうと、やはり評判の問題も出てきます。その発生が紙幣経由になるかどうかはわかりませんので、非常に微妙なものにはなってしまいます。

念には念を入れての対策、お客様へのアピールということになるのでしょうか。

プラズマイオン消毒器のニュース

プラズマイオン消毒器についてのニュースですが、日本販売元の株式会社タックスというところになるのですが、プラズマイオン紙幣消毒器を名古屋第二赤十字病院に寄贈したというものが出ています。

2020年3月から一般販売ということですが、医療現場ならではアイディアで利用してほしいということで、寄贈されたということです。

除菌は昨今の話だけではなく、大腸菌やサルモネア菌などにも効果があるものとして、総合的に使うことができそうです。

プラズマイオン消毒器を導入するか

プラズマイオン消毒器を導入すべきかどうか。
これはあなた次第、あなたの会社次第という話になります。

すべてのお店や個人がこの機器を導入するというのは難しいとは思います。他の原因で感染拡大することもあるかもしれませんし、これ1台で感染対策を完了とするわけにはいかないでしょう。

ただできる範囲でということで、このプラズマイオン消毒器を導入できる人は始めてみるというのも良いのではないでしょうか。
プラズマイオン消毒器導入は以下ボタンから確認してください。