外壁や屋根の傷み
雨漏りの原因に
本来、雨水は屋根に当たり、雨樋をつたって下に流れていきます。
しかし、雨樋が破損していたり、詰まっていたりすると雨水が漏れ出し、屋根の基礎部分や外壁をつたって流れていきます。 そのため、外壁や屋根の基礎部分の傷み方が早くなったり、雨漏りの原因に発展してしまいかねません。
建物の基礎部分の傷み

雨樋の破損や詰まりにより、雨水は通常の排水口以外のところから流れ落ちてきます。そのため、建物の土間の部分を浸食し、建物の基礎部分を傷めてしまいます。 建物の基礎は、建物の寿命を司る大切な部位です。雨樋の影響で、建物の寿命が短くなってしまう可能性があります。
建物の基礎部分の傷み

雨樋の破損や詰まりにより、雨水は通常の排水口以外のところから流れ落ちてきます。そのため、建物の土間の部分を浸食し、建物の基礎部分を傷めてしまいます。 建物の基礎は、建物の寿命を司る大切な部位です。雨樋の影響で、建物の寿命が短くなってしまう可能性があります。

破損は早期発見、
修理することが大事です!

家の壊れた原因によっては災害保険が使える場合があります!
原因が雨、風、雪、雷、地震などだと判断できれば保険の請求を出来る可能性があります。

一戸建てだけでなく分譲住宅でも災害保険を使えます!

雨樋の破損などの修理に災害保険が使えることは、手続きが大変であったり、業者の負担が多くなることからあまり活用されていません。

弊社ではお客様に代わって手続きをします!


お任せください!

1つでも当てはまることがあればお気軽にご連絡ください!
まずは雨樋の状況と保険適用範囲かどうか無料で診断致します。