なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

京都市にある
合気道

「力を抜く稽古会」
“Aikido Dojo for Practice for Relaxation” Kyoto, Japan

武道として「対人技の効果」を第一に求める取り組み方は、相手次第という不確かな問題を常に抱えることになる。

そこを第一に求めることより、“自然体”という心身の在り様を踏まえて「効率の良い“動き”・“物や道具の扱い方”」を重視し、対敵の技より“対称との関わり方を工夫する”――という稽古の在り方。

 他との比較ではない自身の“からだ”への取り組みとして――

“自然体”――他人に操られることのない自立した“からだ”を確立する。

 「他人を操ろう」とする技を求める取り組み方は「力を誇示する」邪な心をつくりやすいゆえ、欺瞞や忖度の入りこむ余地のない稽古を実現する必要がある。

年齢を重ねるほどに効率よく動く“からだ”――「力を抜く“からだ”使い」

 The body that moves efficiently as getting older: “the way to use the body releasing the power”

 「中心を確立した姿勢の力」と「感じて対応する感性」を備えた“からだ”――“自然体”

“Shizentai”

The“power of the posture fixing the center of body” and the “sensibility to sense and then to respond”: the “Natural Posture”.

 “動き”を重視する(中心を保つ・重力に沿う・“からだ”や“道具”の扱いをコ

ントロールする……)という稽古のあり方。

The method of Keiko (practice) to attach great importance to “movements” (to keep the center of body, to follow the gravitation, to control handling one’s body and tools…).

 

 「対敵の技術」より、「自身の“からだ”の自在さ」を求める。

当会の稽古はすべて「“心身”を使うための稽古」として取り組んでいます。そこで求めるのは「対敵の技が出来ること」より、「繊細に動く“からだ”」「感じて応じる感性」であり、形式や手順より、「中心の意識を保ち、対応することができる“自然体”」の獲得を目指しています。

Because all of our practice is “the practice for using body and mind”,we seek for “the body with delicate movements” and “the sensibility to sense and then answer” than “the ability of fighting techniques”. We aim to master the consciousness about fixing the center of the body and “the Natural Posture answering situations properly” than “patterns and orders”.

※ 当会は一般の道場・教室のように定期的に通うというような制度はとらず、どん
 な形であれ、その方のタイミングでこの稽古がやりたくなったときに利用してもら
 えればよいと考えています。

  つまり、月に一度でも、年に一度でも……あるいはただ一度どのようなものかを
 体験してみたい……という方であっても可です。

   脳トレとマインドフルネスの要素を持つ「力を抜く丁寧な“からだ”使い」「中
 心を確立した姿勢の力」「感じて対応する関係の仕方」……等の発想とその実際に
 触れてみたい・ときどきはそんな稽古をしてみたい……という方のための、自由な
 発想で取り組む個人稽古を主体とする何の拘束もない小さな稽古場です。

    「対人稽古用――“養生剣”による剣技」

        Fighting forms with “Yojo-ken”

【 「対人稽古用 ―― “養生剣”」の販売に関しまして 】

 『 人間、はやく“からだ”を動かしているつもりでも、当たれば危険……という畏れから   “動き”が無意識に抑制され、「体捌き」のキレを欠いてしまうことになる。』

  “からだ”使いの稽古におけるこのジレンマをなんとか解消したいとの想いから、本来ならば木剣等を用いてコントロールして行う「約束の対人稽古」を、より安全に行えるようにと開発した道具です。

 自由に打ち合うためではなく、上の動画のように「当てずに行う」ことを前提に、それでもコントロール不十分ゆえにわずかに当たる・あるいは急所部以外に軽く当てる……程度の使い方ができることを目的としたものです。

  ウェブサイト・フェイスブックにて当会の稽古理念をご理解の上、上記の使用目的に納得頂いた方に対して、ご希望がありましたら販売させていただきます。

 【 2本セット 10,000円(北海道・沖縄を除く、日本国内※梱包手数料・送料無料) 】

  購入をお考えの方は、下のアドレスに「使用目的」を簡単にお書き添えの上、メールにてお問い合わせください。

  E-mail       
   yasu-k1@iris.eonet.ne.jp
          川勝まで


 「使用目的」に関しまして、自由におもいきり打ち合う試合・競技的な使用をお考えの場合、そのような使用法に耐える構造ではないことを予め申し添えておきます。

  逆に、「約束の対人稽古」により、自分自身の“動き”・ “コントロール能力”を養い、「“からだ”使い」と「体捌き」を洗練する……そのような稽古に本質を見出して取り組まれる方にとっては思い切った“動き”の実技が出来ることを実感していただけることと思います。

武道稽古とは「“意識”と“動き”」を同時に練り上げるもの。

The Practice of Budo is for the refinement of “consciousness and movements” at the same time.

 
技よりも、気配り―肉体はおそく、氣ははやい。

Care rather than technique; the body is slow but the intention is fast.


型は「注意・集中の持続」―一貫して「氣を切らない」状態を維持する。

 The form of fighting is of “the maintenance of attention and concentration” , in short, to keep extending “KI”.

 「自分本位の“動き”をする」のではなく、「感じて対応する」――を実現するためには「力を抜く」以外にない

 技で完結しない――技の形・手順より「動く“からだ”」
 すべては「中心の整った姿勢」と「感じて対応する感性」

 「集中する」ための唯一の手段とは「丁寧な“からだ”使い」 

 リアルに「重力」を感じている“からだ”のみが「中心を整えた“姿勢”の重要性」を知る

当稽古会の詳細・動画等は、
下記にもございます。

< フェイスブック >        https://www.facebook.com/budogijutsukeikokai


【 You Tube 】
https://www.youtube.com/channel/UCo6aO5lSGn7hu_8hbdyQiAQ

【合気道「力を抜く稽古会」<奥の間サイト>】
https://budogijutsukeikoka.wixsite.com/chikara-nuku-kai

当会の稽古とは、「合気道」を基にした「武道技術の発想」を参考に、「力を抜く“からだ”使い」を稽古することを通して、「常識を疑い、未知の“からだ”使い」を探ること。


 伝統・格式にとらわれず、精神論を介入させない。
 “動き”・“姿勢の在りよう”等、具体的な実技・実際に“からだ”を動かすこと・思い通りに動く“からだ”の実感を増やすことをもって探求の手掛かりとする。

 そのカギとなるのが「力を抜く」「中心を整える姿勢の力」「重力に沿う感覚」

 「受動的――という相対の関係の仕方」等の要素を養うことにある。

 「鍛錬」ではなく「動き・身のこなし」、「対立・抵抗」ではなく「自立・対応する感性」を磨き、「丁寧に“からだ”を使うということ・意識のおき方……」を工夫するというアプローチ。

 ここで行う“動き”とは、体力強化を目的とした運動とは異なり、「丁寧な“からだ”使い」により意識と肉体運動を繋ぐこと。
 その意味において、稽古は「全身を使う脳トレであり、マインドフルネス」と捉え、それを通して「中心を定め、感じて対応する感性を備えた“自然体”の獲得」を眼目とする。

 「武道技術」そのものを敵対技術とは捉えず、「自身の“からだ”をコントロールすること」のためにこそ用いるという発想から――自己欺瞞を排するための剣・杖等の道具を扱う技法」を重視する。

         『稽古のご案内』

  武道技術は「相手やモノを大切に、丁寧に扱う」というところに本質を見出すこと
ができ
るものであり、「争わざるの理」を謳い“対立しない”ことを旨とする「合気道」であるからこそ、その技法をとおして「“力を抜く”という発想に触れ、“力む”ことの効率の悪さを知り、リラックスした“動き”、丁寧な“からだ”使いを工夫する」という実技に焦点を合わせた稽古ができるものと考えます。

『 個人稽古 』

当会の稽古理念に納得していただいた方を対象として、京都市北区の十畳程の自宅リビングの稽古場で、受講される方のご要望に添う個別教授専門の形で予約制(稽古日時応相談)にて稽古申し込みをお受けしております。

こちら

『体験稽古会』

 月に数回の「体験稽古会」を不定期で
 開催しております。

 ※ 現在、コロナ情勢を鑑みて
   休止中

こちら

『活法合気道』

 枚方を中心に活動を展開されている武田有功氏主宰の「活法合気道」の剣・杖術部門の指導を一任されております。

こちら

   【個人稽古】        Private Lesson

 「合気道」技法の本質である「争わざるの理」――に従い、闘争のためではなく、「己の中心を知り、“自然体”を保つ」こと

 心をしずめ、“自然体”を保ちからだ”に任せて動く

 抵抗・対立ではなく、「感じて応ずる」――という関係の仕方

 「“自然体”という力を抜いた丁寧な“からだ”の使い方」と「力んだ雑な“からだ”の使い方」の対比
 
 「力む・頑張る」ことなく――崩されない“からだ”

【 個人稽古の内容 】

 合気道を基に、武道技術の「“動き”を重視した実技」による「力を抜く“からだ”使い」と「“自然体”の獲得」を目的とした稽古 

※ 『個人稽古』はご希望に沿う形での進行を心がております。

  稽古日時に関しましてもできるかぎりご要望に応じます。
  

※ 稽古時間 1回 
   約90分 五千円 
 

 個人稽古の受講、また稽古会への参加ご希望の方は下記まで
 ご連絡ください。
1.【 合気道を基に、武道技術を参考にした「力を抜く“からだ”使 い」の稽古 】
 
<武道未経験の女性、「個人稽古」開始から三ヵ月目の“動き”>

 2.【 “自然体”と「力を抜く“からだ”使い」の初歩 】

  【 体験稽古会 】     Practice for experience

<「武道技術」を通して「力を抜く“からだ”使い」を探る――の実感・体験>

   
 心と身体を統一した“動き”。

  対人の関係においても、相手を制御しようとする意識より、自分の“自然体”を保つことに意識を向けることの方が役立つ。

 相対の関係は「矛と盾」――謙虚さを欠いた一方的で偏った対人技の解釈は傲慢を生む。

  ※ 現在休止中 

  『「体験稽古会」のお知らせ 』
   Announcement for a practice for perience 

  ≪   月   日( ) ≫
        
           13時00分~14時30分 

   参加費 二千円  

    fee: \2.000

 「 稽古場所 」 
  京都市上京区 京都御所近くの「絹川道場」にて

 ※ 参加ご希望の方は
   下記の [連絡先] からお申し込みください。

    【 連絡先 】

※ 「個人稽古の受講」または
 「稽古会への参加」ご希望の
 方は【氏名・年齢・性別・電
 話番号】を明記のうえ

E-mail  
 yasu-k1@iris.eonet.ne.jp 
         (川勝)
  までお問い合わせください
    
 京都【合気道「力を抜く稽古会」】
   代表  川勝 安政

                   

※ 個人稽古の他、稽古会へのご
 参加に関しましても、各回の事
 前連絡をお願いします。

※ メールの返信には時間がかか
 る場合があります。
  ご了承ください。


 
 ※ <稽古場所>

 
 『個人稽古
』  
   1回 約90分
      五千円 
 

 

      【 活法合気道 】          枚方教室

詳しくは「活法合気道」ウェブサイトをご覧ください。