施工管理技士の仕事とは?
おすすめの派遣会社について

施工管理技士と聞いて、どんなイメージを持っていますか?
馴染みのない人にとってはどんな仕事か想像することも難しいのではないでしょうか。
今回は施工管理技士の基礎知識やメリット、派遣会社選びについて紹介していきましょう。

〇施工管理技士について

こちらでは、施工管理技士の基礎知識について見ていきましょう。施工管理技士を目指している人は参考にしてみてください。

・施工管理技士になるためには?

施工管理技士は資格取得が必要ですが、それ以外にも試験を受験するために実務経験年数が必要となります。必要年数は固定ではなく、最終学歴や現場監督経験によって異なるので、自分がどの年数になるのかを調べておきましょう。

・仕事内容

施工管理技士の仕事は、簡単に言えば「品質管理」と「安全管理」「工程管理」になります。施工管理技士は工事の全容を把握する必要があります。そのため、資格取得する際には経験と知識が求められるのです。このことから受験に実務経験年数が必要となっているのでしょう。

・需要はあるのか

資格取得する前に気になることと言えば、施工管理技士に需要があるのかということです。せっかく資格を取得しても供給過多であれば価値は下がってしまうことから不安に思う人もいるでしょう。結論から言えば、施工管理技士の需要は高いです。資格保持者に手当支給をする企業も多数あるほどに施工管理技士は求められています。

〇資格取得のメリット

こちらでは、施工管理技士の資格取得のメリットについて見ていきましょう。需要が高いとされる施工管理技士にはどんなメリットがあるのでしょうか。

・仕事の幅が広い

施工管理技士の資格を所有していることで、ひとつの職場に縛られないメリットがあります。派遣会社に登録することで、工期が終われば次の職場という風にさまざまな建設会社と仕事をすることができるのです。派遣会社の中には研修制度が充実していて、未経験者の資格取得にも積極的な会社が多いです。

・残業が少ない

派遣会社に登録していることで、派遣先で無理な超過労働を強いられることはありません。これは派遣元と労働者の間で結ぶ協定があるからです。その協定を結ぶことによって、労働者の仕事時間もしっかり守られます。

・正社員よりも給与が高い

基本的に施工管理技士は不足しています。そのため、多くの企業が施工管理技士を求めていることから正社員よりも給与が高いところが多くなっているのです。

〇派遣会社選びのポイント

施工管理技士の資格を所有している人は、派遣会社に登録をしてさまざまな現場で働くことでキャリアアップ、スキルアップにつながります。こちらでは派遣会社の選び方について見ていきましょう。

・研修制度の充実度

未経験者や資格所有から間もない人の場合は、やはり研修制度を重視したいです。研修制度が充実している企業は働きやすく、一人前の施工管理技士になるような研修制度が設けられているところであれば、なおよしでしょう。

・未経験者へのフォロー

施工管理技士の資格を所有している人は、現場で経験を積みながら資格所有に向けて勉強をしていた人も多くいます。そのため、入社後からさまざまなフォロー体制をと整備してくれていれば、資格所有への道も開けてくるのです。未経験者の場合はわからなくて当たり前なので疑問を疑問のままにせず、積極的に相談するようにしましょう。

・資格支援制度

資格取得となれば、やはり金銭的な負担が気になります。しかし、会社の中にはテキスト代や受験費用を負担してくれるところがあるのです。こういった制度がある会社は未経験者の育成に力を入れていると言えます。

〇おすすめの施工管理技士の派遣会社

こちらでは、施工管理技士の派遣会社について見ていきましょう。各会社がどのような特徴を持っているかで選ぶのもいいかもしれません。

・夢真ホールディングス

創業50年の夢真ホールディングスは、建設技術派遣業界で唯一の上場企業です。未経験者への丁寧な指導に定評があり、施工管理技士を目指す人にとっておすすめしたい会社です。

・アーキ・ジャパン

多彩な福利厚生、研修制度の充実さが特徴的な会社です。女性が働きやすい環境を追求しているので、女性からの支持が高い傾向にあります。

・ワールドコーポレーション

2008年の創業から右肩上がりに成長をしている会社です。文系出身者が多いこともあり、丁寧な指導なども印象的と言えるでしょう。


他の特徴などを知りたい人は下記をクリックしてみてください。


〇まとめ

施工管理技士はメリットが多い資格なので積極的に取得したいものです。施工管理技士を目指す場合、フォローや資格支援制度がどうなっているかも会社選びの要因にしましょう。近年は施工管理技士不足から未経験者へのフォローをする会社が増えているので、自分に合う会社を選ぶことができるのではないでしょうか。