レンタル収納スペースPiO
空きフロア、空き土地活用の
「レンタル収納スペースPiO」
オンライン相談はじめました

オンラインで質問&相談できるようになりました!


景気に左右されない
レンタル収納スペース経営


レンタル収納スペース収入
レンタル収納スペース経営が
景気に左右されにくいのは何故?

所有不動産のテナントが抜けると原状回復費や募集に頭を悩ませることはありませんか? 良質なテナントさんに入ってもらいたいけれど、策を講じないと近隣のビルに負けてしまう…。経済の状況にも左右されがち…。

そんなお困りごとを解決してくれるのが、レンタル収納スペース経営です。
レンタル収納スペースは高稼働になるまで少し時間はかかりますが、一度高稼働になってしまうと高稼働が長く続き、安定的に収益を確保できるのが特徴です。
モノを預けておくスペースなので出入りが少なく、キレイな状態で使っていただけるため原状回復費用も殆どかかりません。

引越しなどのタイミングで退出されるお客様もいらっしゃいますが、数か月に1、2件の入れ替え程度。

空調・セキュリティの効いた明るく清潔なレンタル収納スペースは想像以上に使いやすく、クローゼット感覚で気軽に使えて重宝されています。



レンタル収納スペースPiO
イニシャルもランニングも省エネ!
テナントや住居に不向きなフロアや土地が大活躍!
レンタル収納スペース経営に必須なものは、パーテーションユニット・看板・セキュリティ・空調・サーキュレーターです。

衣類や本、資料を収納されるお客様が多いので、防カビ対策はとても大事!
空気を滞留させないようにサーキュレーターで常時フロアの空気を循環させます。

空調は暑さと湿気対策のため5~10月頃までオンに。出入りが少ないので照明は人感センサーにします。

✓ビルなら テナントや住居に不向きな地下1階・無窓・騒音が気になるフロアでも
✓土地なら 細長い土地でも、レンタル収納スペース経営が可能です!
どんなところが適している?

事前チェック

レンタル収納スペース経営
用途地域
住居専用地域以外であること。
(第二種中高層住居専用地域除く)

面積
50~100坪くらい。(東京都心は30坪~)
※60坪を超える場合は「営業倉庫を営まない倉庫」に用途変更をかけるため、「検査済証」「設計図書などの図面」必須。
営業時間
24時間出入り可能なこと。
(セキュリティ導線で24時間出入り可能にできますのでご相談ください)
階数
1F以外の場合はエレベーターアクセスが望ましい。
(階段の場合は、地下1F・2Fまで可能。ただし階段ハンデを賃料に反映させる場合あり)
駐車場
駐車場は1台確保できることが望ましい。あると遠方のお客様が来てくださるので商圏が拡がり、安定的に高稼働を維持できます。
特に車社会の地方店舗はできるだけ確保してください。首都圏ならコインパーキングが近くにあるとよいでしょう。
看板
看板はレンタル収納スペース経営で一番効果的な媒体です。安定的に高稼働を維持するため、電照看板を推奨しています。
立地について
マンションや企業が多いエリアは早期高稼働が望めます。
(レンタル収納スペースを借りる人の74%は共同住宅居住者、34%は企業、戸建て居住者は1~2%となっています/当社調べ)
東京都安全条例
東京都の物件で60坪を超える場合は、前面幅員6m以上あること。
フランチャイズ加盟
押入れ産業のレンタル収納スペースPiOはフランチャイズ経営なので、企業様が押入れ産業に加盟して運営するスタイルです。
(加盟には審査があります。反社会勢力関係は加盟不可)
PiOのスキーム
スキーム詳細は 公式ページ でご確認ください。
階数
1F以外の場合はエレベーターアクセスが望ましい。
(階段の場合は、地下1F・2Fまで可能。ただし階段ハンデを賃料に反映させる場合あり)
レンタル収納スペースPiO
経営オーナー募集

スペシャルMOVIE


今だからこそ
レンタル収納スペース経営に
方向転換!


木戸博美

みなさまの資産に付加価値を

オンライン相談 担当
押入れ産業株式会社 木戸博美
経済が不安定な中、安定収益を確保できているのがレンタル収納スペース。いざという時に助けてくれる、まるで保険のような不動産ソリューションだと私は思っています。派手な商売ではないけれど「やっていてよかった~!」と言ってもらえる事業です。
収納スペースを利用されるお客様にとっては、住居やオフィスの選択肢が広がる、頼りになる相棒のような存在かもしれません。

みなさまからしばしば、「旧耐震のビルでもレンタル収納スペースにできますか?」と質問をいただくことがあるのですが、はい、もちろん可能ですよ!

RC造の法定耐用年数は47年ですが、これは税法上の数字。耐震補強や設備の定期的なメンテナンスを行ってきた建物なら、百年以上は持つと言われています。
古くなっても大切な資産。年月を経ても街の人々に愛され続ける建物でありたいですね。

「レンタル収納スペースってどんなもの?」「どのような収支になるの?」「わたしの所有不動産で可能ですか?」など、みなさんの疑問にオンラインでお答えします。在宅期間中の今だからこそ思い切ってご相談くださいね😉

<プロフィール>
銀行、建設会社、出版社を経て、結婚を機に「押入れ産業株式会社」へ入社。
銀行時代は融資課でローン審査を担当、建設会社ではマンションの企画と経営推進、出版社では海外人事&経理を担当しました。
経験値を生かし、数字から見る収納スペース経営をご提案します。

<資格>
宅地建物取引士、2級建築士、日商簿記2級
ライフオーガナイザー1級

<受賞歴>

世界発信コンペティション2018 サービス部門 奨励賞
2018 女性活躍推進知事特別賞
東京ビジネスデザインアワード2019 テーマ賞

お客様に喜ばれる収納スペースをお届けすることが安定収益への近道です。

オンライン相談会ってどんな感じ?
なにか用意するものはありますか?

レンタル収納スペースPiO オンライン相談
  • 「Zoom」または「Teams」を利用して行います。
    画面共有で資料をご覧いただきながら進めます。

    通常利用しているパソコンをご用意ください。
    Zoom、Teams どちらがよいかをお申込み画面でお知らせください。
    Zoomは、お申込みいただいたメールへ「IDとパスワード」をお送りします。
    Teamsは、お申込みいただいたメールへ「ミーティングURL」をお送りします。

    お時間になりましたらお入りください。
    ※オンラインミーティングの利用方法が分からない場合は事前にお知らせください。サポートいたします。
  • 下記「オンライン相談のお申込み」画面から
    ご相談物件の概要を簡単にお知らせください。

    お知らせいただいた情報を元に、商圏等をお調べし簡単な収支をお出しします。
    お調べしたものをオンライン画面共有でお伝えします。
    オンライン相談時には聞いてみたいことをお気軽に質問してみてくださいね!
  • 下記「オンライン相談のお申込み」画面から
    ご相談物件の概要を簡単にお知らせください。

    お知らせいただいた情報を元に、商圏等をお調べし簡単な収支をお出しします。
    お調べしたものをオンライン画面共有でお伝えします。
    オンライン相談時には聞いてみたいことをお気軽に質問してみてくださいね!

オンライン相談のお申込

オンライン相談は1時間程度
月~金 10:00~16:00

(土日祝も上記時間でご相談に応じます)
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
レンタル収納スペースPiO

公式サイト

詳しいスキームは
PiOマークをクリックしてご覧ください
レンタル収納スペースブログ

ライフオーガナイザー × レンタル収納スペースをキーワードに「レンタル収納スペース経営のヒント」のコラムを執筆しています。よかったらご覧くださいね!