ピンクリボンちくご TEL 08027003570

わたしたちは
乳がんについての正しい知識を広げること
を目指しています
「乳がんはこわくない!」
乳がんについて知ってもらうための
ピンクリボンプロジェクト

イベントについて

2018.11.3「恋びより×ピンクリボンちくご」
女性が多く集まるマルシェで、
乳がんを身近に感じてもらう企画

■日時・場所

11月3日(土)10:00~15:00

場所:恋木神社(福岡県筑後市水田62-1、水田天満宮内)
・JR羽犬塚駅より車で5分
・JR羽犬塚駅より徒歩で20分
・JR新船小屋駅より車で8分
・新幹線筑後船小屋駅より車で8分
・九州自動車道 八女ICより車で10分

乳がんは今や11人に1人が罹患すると言われる病です。
しかし、正しい知識を持っている人は少ないのではないのでしょうか?
正しい知識がないと、いたずらに恐れたり、軽く考えてしまったりして、
大切な人生を楽しめないことになってしまいます。
乳がんは自分で発見できる唯一のがんと言われ、
他の部位のがんに比べ、比較的予後も良いがんです。
本当にこわいのは、乳がんではなく、
「自分だけは大丈夫」だと過信すること。
そして、たとえ乳がんが見つかっても、恐れることはありません。
乳がんであっても、治療を受けて、元気に生き生きと生活してる
女性はたくさんいます。
せひ、今回の企画を通して、乳がんのことを
身近に感じて、正しい知識を持ってもらうきっかけになればと
考えています。

 福岡県筑後市には、縁結びで有名な恋木神社があります。
恋木神社で毎年11月3日行われているマルシェ「恋びより」は、今年度で7回目を迎える人気のイベントです。
 今年も、筑後地域の人気のハンドメイド作家さんや、人気の地元飲食店、移動販売車などによるおいしい食べ物など、たくさんのブースが出展予定です。
 出展者も来場者も、女性の多いイベントのため、このイベントで乳がんについて知ってもらいたい。
 そんな思いを汲んでもらい、今年度のマルシェは「恋びより×ピンクリボン」としてコラボしていただけることになりました。

「恋びよりマルシェ」出展者
《飲食ブース》
○なおぱん○ミチルぱん○quatre feuille(キャトルフィーユ)○FIKA○野歩ほん
○松原ベリーファーム
《雑貨ブース》
○ぬいものやリアン○jolie_room_hisa ○陶兎屋 ○nachu+○Avancer
○花りん○kukka○kupukupu
○natur○RoseGarden ○maryde○M・MH
《移動販売》
○ボンヴィボン○hanauta cafe

ピンクリボンちくごのブースでは 
  〇乳がんについての啓発ブース

  〇ピンクリボンワークショップ

  〇ピンクリボングッズの販売

  〇アロマハンドマッサージのボランティアを行う予定です。

またブースの収益の一部を認定NPO法人 乳房健康研究会に寄付いたします。

《後援》
筑後市、筑後市観光協会、認定NPO法人 乳房健康研究会

 福岡県筑後市には、縁結びで有名な恋木神社があります。
恋木神社で毎年11月3日行われているマルシェ「恋びより」は、今年度で7回目を迎える人気のイベントです。
 今年も、筑後地域の人気のハンドメイド作家さんや、人気の地元飲食店、移動販売車などによるおいしい食べ物など、たくさんのブースが出展予定です。
 出展者も来場者も、女性の多いイベントのため、このイベントで乳がんについて知ってもらいたい。
 そんな思いを汲んでもらい、今年度のマルシェは「恋びより×ピンクリボン」としてコラボしていただけることになりました。

「恋びよりマルシェ」出展者
《飲食ブース》
○なおぱん○ミチルぱん○quatre feuille(キャトルフィーユ)○FIKA○野歩ほん
○松原ベリーファーム
《雑貨ブース》
○ぬいものやリアン○jolie_room_hisa ○陶兎屋 ○nachu+○Avancer
○花りん○kukka○kupukupu
○natur○RoseGarden ○maryde○M・MH
《移動販売》
○ボンヴィボン○hanauta cafe

乳がんについて

現在、日本人の2人に1人はがんにかかると言われています。
中でも、女性がかかりやすいがんの第1位「乳がん」。
有名人が乳がんであることをカミングアウトすることも増えてきて、
身近な病気であることは、徐々に知られてきています。
しかし、心のどこかで「自分だけは大丈夫」と思っている方が多いのではないでしょうか?
乳がんの好発年齢は40~60代と、女性が一番役割の多い時期に発症することが多いのです。そのため、悩みは深く、家族に与える影響も大きいのです。
まずは乳がんについて、知識を持ってもらうこと、自分もなるかもしれないと感じてもらうこと、診断された後の治療や人生設計についてイメージしてもらうこと、私たちはそんなきっかけを作りたいと思っています。

筑後市ってどんなところ?

筑後市について
人口約4万9千人。
福岡市から車で約1時間。
JR羽犬塚駅を中心に国道209号線・国道442号線の車の多い道路があり、
九州の物流の大事なポイント地点でもあります。

平成23年3月12日に、九州新幹線がとまる筑後船小屋駅が完成。
筑後船小屋駅は全国でもめずらしい「公園の中の駅」です。

自然に恵まれ、
農業が盛んで米、麦、イグサ、梨、ブドウ、八女茶の産地です。

おススメスポット
野球ファンの方は「HAWKSベースボールパーク筑後」へ。

タマホーム スタジアム筑後
所在地:筑後市津島757-1

タマスタ近くの筑後市広域公園には、船小屋温泉で有名な
川の駅 船小屋 恋ぼたる 
と、
 建築家の隈研吾氏が設計した九州芸文館があります。

少し足をのばせば、
「良縁幸福の神様」「恋の神様」として、親しまれる
水田天満宮 恋木神社があります。
恋木神社について
11月3日は毎年二度の良縁成就祭が開催される日。
 この縁日には良縁成就特別祈願を始め、特別にご祈祷された御守
【縁(ゆかり)のいと守】の授与が行われます。
 また、境内では恋木饅頭・あめゆ(しょうが湯)が無料で接待されます。(限定)
そしてこの日は、おみくじがピンクに変わるそうです。
(2月・3月と10月・11月)
恋木鳥居にはハートが10個あるそうで、探してみてくださいね。
おススメスポット
野球ファンの方は「HAWKSベースボールパーク筑後」へ。

タマホーム スタジアム筑後
所在地:筑後市津島757-1

タマスタ近くの筑後市広域公園には、船小屋温泉で有名な
川の駅 船小屋 恋ぼたる 
と、
 建築家の隈研吾氏が設計した九州芸文館があります。

少し足をのばせば、
「良縁幸福の神様」「恋の神様」として、親しまれる
水田天満宮 恋木神社があります。
ピンクリボンちくご代表挨拶

こんにちは。
ピンクリボンちくごの代表、中野郁子です。
ふだんは久留米市で
「メディカル・マッサージはんなり」という乳がん専門のサロンを経営しております。
もともとは理学療法士であり、
久留米市内の病院でがんリハビリテーションに携わった経験から、
がん患者さんが安心して通えるサロンを作ろうと独立しました。

開業後、ピンクリボンアドバイザーの資格をとり、乳がん啓発について一人で活動しておりましたが、この度、活動に共感してくれる仲間とピンクリボンちくごを立ち上げました。

そして、11月3日には、開業時からの目標だったピンクリボンのイベントを
筑後市で開催できる運びとなりました。

7回めを迎える「秋色マルシェ 恋びより」とコラボして、楽しみながら、乳がんについて知ってもらえるイベントになっています。
乳がんを経験した方にボランティアで関わってもらうことで、
乳がんが誰でもかかりうる病気であること、
もし乳がんと言われても、きちんと病気と向き合って、
サバイバーとして自分らしく過ごしておられる方がたくさんいること、
イベントを通じて発信していきたいのです。


ボランティアには、私の経営するサロンのお客さまも加わって下さり、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも、乳がん啓発についての取り組みを続けていきたいと思っております。

ご賛同いただける方のご連絡をお待ちしております。

2018年10月4日 中野郁子

例えば、皆様からのご支援があれば

乳がんを身近に感じてもらうイベント
定期的に開催できます
ボランティアの方に来てもらうピンクのシャツを購入したり、ピンクリボングッズを作ることができます。
乳がんを経験した方同士が交流できるがんサロンを開催できます
乳がんを経験した方同士が交流できるがんサロンを開催できます
プロジェクトを支援する
クラウドファンディングによる寄付(ただいま準備中)と当日の募金をお願いしております。