Pine Script
オンライン
マンツーマンレッスン

@Zoom
多機能インジケーターを教材として、
Pineをどう実装するかを学びます。
Pineの独学に壁を感じていませんか?
  • チャートプラットフォームTradingViewのインジケーター開発で使われているPine Script。
  • 実はPineは他のプログラミング言語と比較しても簡単だと言われており、実際にプログラミング経験のない方でもインジケーター開発が行えるよう、各種構文(移動平均線を描くなどの命令文)が用意されています。
  • ただし、プログラミング未経験者や初心者の方がマニュアルやインターネット上の情報を見ながら独学をしようとしても、それらの構文の何を、いつ、どうやって使ったらいいのかわからず途方に暮れている方も多いのではと思います。
  • 当レッスンでは、実際の有料インジケーターを教材としながら、Pine Scriptの構文をどうやって使うかいいのかに主眼を置き、インジケータの実装方法を学びます。
  • トレードでの考え方をどうプログラミング言語に翻訳していくかを解説し、真剣にPineを学びたい方の手助けをします。

こんな方にオススメです!

  • Pineを学習中ではあるものの、実際にどのように実装したら良いのかがわからない
  • マニュアルに沿った学習ではなくて、実際に開発されたインジケーターを例として"どう使うか"の観点からPineを習得したい
  • Pineを学び、独自のインジケーターを開発できるようになりたいが独学では限界を感じている
  • 公開されているScriptのソースコードを見てもわからない。プログラミング言語をトレードの言葉に翻訳しながら教えて欲しい
  • 独学で時間をかけるより、実際に開発している人から直接学んで効率よく習得したい
  • Pineを学び、独自のインジケーターを開発できるようになりたいが独学では限界を感じている

ひとつでも当てはまる方は、ぜひご参加ください

レッスン内容(得られること)
90分間のレッスンで以下を学びます

  • マルチタイムフレームの実装方法
  • 表示時間軸の制御方法(例えば日足のRSIを4時間足以下のみに表示するといった制御の方法)

  • シグナルの描画方法

  • アラート条件作成方法
  • Lineの引き方(ダイバージェンスの自動描画を例として)

  • 使う教材:
    多機能ストキャスティクスのスクリプトを使います。(有料販売している多機能インジケーターです。これら機能がどのように実装されているのかを学ぶことができます。インジケーターの詳細は下記リンクを参照ください。)

    教材インジケーター: 多機能ストキャスティクス(Multi-Function Stochastic)
  • 使う構文
    ・security(異なる時間足のデータを取得する)
    ・plotshape, plotchar, plot(線やシンボルを描画する)
    ・timeframe.period(タイムフレームを指定する)
    ・valuewhen(〜〜の時のデータを取得する)
    ・crossover(交差を判定する)
    ・alertcondition(アラート条件を作成する)
    ・line.new(ラインを描画する)
    など

    正直、上の構文を使えるようになれば大抵のインジケーターは作成することができます。
    このレッスンを自分の手法をインジケーター化するための第一歩として活用してください。
  • 表示時間軸の制御方法(例えば日足のRSIを4時間足以下のみに表示するといった制御の方法)

お申し込みから受講までの流れ

Step.1
お申し込み

・お申し込みはこのページ記載のリンク先であるGumroadのページからお願いします。
・申し込みが終了しましたら、Gumroad記載の連絡先に希望レッスン日時を3つお送りください。

Step.2
日程調整
講師とレッスン日程の調整を行います
・日程を確認してこちらから折り返しご連絡します。
・日時が確定しましたら確定の日時とZoomのURLをお送りします。
Step.3
レッスンスタート!
マンツーマンレッスンの特権!分からないことがあれば講師にいつでも質問してください
開始5分前になりましたら、送付されたZoomのURLにお入りください。
講師と接続し、音声・映像チェックを行います。
Step.3
レッスンスタート!
マンツーマンレッスンの特権!分からないことがあれば講師にいつでも質問してください
開始5分前になりましたら、送付されたZoomのURLにお入りください。
講師と接続し、音声・映像チェックを行います。

マンツーマンレッスンのメリット・デメリット

<メリット1: 学習環境>
集団講義では画一的な内容で進めざるを得ないのに対して、マンツーマンでは一人一人のレベルにあった説明が可能です。
<メリット2: 質問のしやすさ>
集団講義とは違って、わからないことがあればいつでも講師に質問できます。
<メリット3: 受講の雰囲気>
1:1なので他人に気兼ねすることなく話しやすい雰囲気
(こんなこと聞いたら恥ずかしいかも・・・なんて思う必要なしです!)
<デメリット1: 学習環境>
一緒に学ぶメンバーがいないため、学習を継続していく意欲は個人のモチベーションに左右されます。
<デメリット2: 費用>
個別対応なので費用は高くなりがちです。


講師プロフィール

サバイサバイFX
・タイ在住トレーダー
・Pine Scriptを独学で習得(現在も継続中)
・TradingViewで相場分析を発信するとともに、Pine Scriptで開発したオリジナルインジケーターを公開(7件 2020年時点 )。
・開発したスクリプトは世界各国のトレーダーに活用されており、数百件のいいねを獲得
・TradingViewのフォロワー数は920人(2021年2月時点)
サバイサバイFX
・タイ在住トレーダー
・Pine Scriptを独学で習得(現在も継続中)
・TradingViewで相場分析を発信するとともに、Pine Scriptで開発したオリジナルインジケーターを公開(7件 2020年時点 )。
・開発したスクリプトは世界各国のトレーダーに活用されており、数百件のいいねを獲得
・TradingViewのフォロワー数は920人(2021年2月時点)


実績

今まで開発したインジケーターの一覧です

・これらのインジケーターはほとんどレッスン内容に記載の構文を使って開発されています。
・過去に開発したインジケーターは全てTradingViewから見ることができます。(すべて日本語説明付き)

Pine オンラインマンツーマンレッスン

Zoom使用
受講対象者
・TradingViewのアカウントをお持ちの方。
・レッスン内容記載のロジック実装方法がわからないという方は全員対象です。
(プログラミング経験は問いませんが、Pineって何ですか?というレベルだと、そもそもレッスンの内容についていけない可能性があります。色々自分で触ってみたけれど、少し複雑な機能を実装しようとすると、どうしたらいいのかわからないという方を想定しています。)
事前準備
特にありません。
お支払い方法について
当ページ記載のリンクからGumroadのページに飛んでいただきお支払いをお願いします。
お支払い方法について
当ページ記載のリンクからGumroadのページに飛んでいただきお支払いをお願いします。

Pine オンラインマンツーマンレッスン

Zoom使用

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。