本イベントは終了致しました。
お越しいただいた方、応援していただいた方、ありがとうございました!

pilot boat dayとは

pilot boat day(パイロットボートデイ)とは、startup(スタートアップ、ベンチャー企業)とconsumer(一般消費者)を結びつけるイベントです。startupをの話を直に聞き、時代の最先端を体感してください。

今回はテーマをFashion Tech(ファッションテック)とし、ファッション、テクノロジー、スタートアップをテーマに開催していきます。

イベント概要

イベント名称:pilot boat day #001 startup × FashionTech #pbday
日時:2018年02月03日(土) 13:00~19:00
会場:アダストリア(渋谷ヒカリエ27階(11階受付から入場))
参加料:一般2500円、学生1000円(早割あり!)
定員:各セッション100名
主催:合同会社pilot boat
協賛:アダストリア・イノベーションラボ
後援:FashionTech Summit
タイムテーブル

■13:00-13:10 オープニング

■13:10-14:00 セッション① keynote
テクノロジーはアパレル産業をどう変えるか
・株式会社 ローランド・ベルガー プリンシパル 福田 稔
・(モデレータ) スタイラー株式会社 CEO・ファウンダー 小関 翼

■14:15-15:05 セッション②
新世代ファッションメディアはミレニアルとどう関わるか
・株式会社 RiLi 代表取締役 渡邉 麻翔
・株式会社Candee 執行役員 鍛冶良紀
・(モデレータ) pilot boat CEO 納富 隼平

■15:50-16:40 セッション③
ファッション×バーティカルCtoBtoC
・株式会社キャリーオン 代表取締役 長森 真希
・株式会社アクティブソナー 代表取締役社長 青木 康時
・(モデレータ) pilot boat CEO 納富 隼平

■16:55-17:15 セッション④
大手アパレル×スタートアップの取組事例 〜アダストリア
・株式会社アダストリア アダストリア・イノベーションラボ ラボ長
高橋 朗
・(モデレータ) スタイラー株式会社 CEO・ファウンダー 小関 翼

■17:30-18:20 セッション⑤
テクノロジー×ファッションで変わるユーザとの関係
・ラクサス・テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 児玉昇司
・株式会社ニューロープ 代表取締役CEO 酒井 聡
・(モデレータ) pilot boat CEO 納富 隼平

■18:20-18:30 クロージングセッション


セッション・登壇者紹介


セッションはすべて仮題で、予告なく変更されることがあります。ご了承ください。
セッション① keynote
テクノロジーはアパレル産業をどう変えるか

2017年11月に公開されたレポート「テクノロジーはアパレル産業をどう変えるか」。「するテクノロジーがアパレル産業にもたらすインパクトを国内外のケーススタディと共に紹介した上で、国内アパレル市場の今後、および従来型の国内アパレル業界が再興するために求められる要件」が分析されています。
本セクションではこのレポートの作者、ローランド・ベルガー プリンシパルの福田氏が登壇。自身でもファッションテック・スタートアップを経営し、国内外のファッションテックに造詣が深いスタイラーCEOの小関氏とともの、テクノロジーとアパレル産業の未来について語っていただきます。

株式会社 ローランド・ベルガー
プリンシパル
福田 稔
(Fukuda Minoru)

慶応大学卒、 欧州IESE ビジネススクール経営学修士 (MBA)並びに米国ノースウェスタン大学ケロッグ校 MBA Exchange program 修了。㈱電通国際情報サービスを経て 2007 年ローランド・ベルガー参画。 アパレル、化粧品等の消費財、百貨店や専門店等の小売業、ラグジュアリーブランド等の BtoC 領域を中心に多くの戦略プロジェクトを手がける。 また、上記業界において、国内外の PE ファンドや経済産業省をはじめとする官公庁への支援経験も豊富。ファッションテックベンチャーのシタテル㈱のアドバイザーも務める。

(モデレータ)
スタイラー株式会社
CEO・ファウンダー
小関 翼
(Koseki Tsubasa)

大手EC事業者のAmazonにて事業開発を担当。インターネット上で取引をされるアイテムの種類に偏りがあることをECの現場にて実感する。ネットとリアルをつなげることで、情報の非対称性からEC比率の低いライフスタイル領域で日本発のイノベーションを起こすことを目指す。2015年3月に“つながり”でファッションを楽しくするスタイラー株式会社を設立。日英のメガバンクに勤務経験あり。東京大学大学院修了。

セッション②
新世代ファッションメディアは
ミレニアルとどう関わるか

ミレニアル世代とは現在25-35歳前後の世代のこと。この世代は子供のころからインターネットやスマホとともに生きてきた、デジタルネイティブ世代でもあり、それ以前の世代とは行動様式や価値観が異なると言われています。

本セクションではインスタグラムを起点としたファッションメディアを運営する「RiLi」、2017年から急速に勢いをますライブコマースサービスの「Live Shop!」を運営するCandee社が登壇。インスタグラムやライブコマースなどの新しい体験を求めるミレニアル世代と、新しいファッションメディアの接点を探ります。

株式会社 RiLi
代表取締役
渡邉 麻翔
(Watanabe Mai)

1988年生まれ。新潟県出身。東京ガールズコレクションをはじめ、F1層をターゲットとする様々なブランドのWeb制作・Webプロモーションに携わる。2013年まで在籍していたMARK STYLER株式会社では、SNSマーケティングに従事。制作とマーケティングの経験を経て、仲間とともにSuper Crowds inc.を創業後、社内事業としてファッションメディアRiLiを始動させる。2015年に事業を分社化、株式会社RiLi代表取締役に就任。

株式会社Candee
執行役員
鍛治 良紀
(Kaji Yoshinori)

1981年奈良県生まれ。2004年同志社大学 卒業。株式会社サイバー エージェントに入社。退社と同時に株式会社カルクリエーションを設立、 代表取締役に就任。その後、Sansan株式会社にて西日本統括、 MARK STYLER株式会社にてEコマース,WEBセクションRunway Channelの グループ長を経て、MARK STYLER株式会社の広告ならびにメディア部門の事業部 が分社化・独立したTimes Transit株式会社の代表取締役に就任。 その後株式会社Candeeに参画し、執行役員としてメディアアライアンスを担当。

(モデレータ)
pilot boat CEO
納富 隼平
(Notomi Jumpei)

1987年生まれ。2009年明治大学経営学部卒、2011年早稲田大学大学院会計研究科修了。在学中公認会計士試験合格。大手監査法人で会計監査に携わった後、デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社に参画。毎週開催ピッチイベントMorning Pitchをはじめ、300超のピッチ・ベンチャーイベントをプロデュース。

2017年に独立して合同会社pilot boatを設立し、引き続きベンチャー支援に従事。スタートアップ紹介メディア「pilot boat」、podcast「pilot boat cast」、toCベンチャープレゼンイベント「sprout」を運営。得意分野はFashionTechをはじめとするライフスタイル・カルチャー系toCサービス。
twitter: @pepepe_pei

セッション③
ファッション×バーティカルCtoBtoC

近年メルカリを始めとした、CtoCサービスが勢いを増している。かといって、何もかもがメルカリでいいわけでもなく、CtoCの特化版(バーティカル版)が登場している。キャリーオンは子供服のCtoBtoC、アクティブソナーが運営するRECLO(リクロ)はハイブランドのリユースサービス。両サービスともビジネスモデルはCtoBtoCの形態を採用している。

本セクションでは、なぜC「toB」toCの形態をとるのか、そのメリットなどを語っていただき、ファッションとCtoCとの次のモデルを探っていく。

株式会社キャリーオン
代表取締役
長森 真希
(Nagamori Maki)

1974年東京都生まれ
慶應義塾大学卒
1998年マースクライン入社 Maersk International Shipping Education参加
退社後は日英バイリンガルMC/ナレーターとして10年 COP10やアフリカ開発会議などの国際会議、U20女子ワールドカップ、東レパンパシフィックオープンなどの国際試合を担当。
2010年出産、男児の母
2013年キャリーオン設立

株式会社アクティブソナー
代表取締役社長
青木 康時
(Aoki Koji)

1977年生まれ、岐阜県出身。愛知大学経営学部卒業後、20代前半に芸能活動を経て、2004年2月に同志と共に携帯電話・通信機器の営業会社を立ち上げ、5年で年商50億円に育てる。2008年9月にウォーターサーバー事業を行うウォーターダイレクト入社。営業部長として3年で年商30億円に導く。2010年4月には同じくウォーターサーバー事業のファインスプリングスを設立。創業2年でグループ年商40億円に。2012年11月にイーコマース事業を行うアクティブソナーを設立。代表取締役社長に就任し、ラグジュアリーブランドの委託販売サービス「RECLO(リクロ)」の運営を開始した。

(モデレータ)
pilot boat CEO
納富 隼平
(Notomi Jumpei)

1987年生まれ。2009年明治大学経営学部卒、2011年早稲田大学大学院会計研究科修了。在学中公認会計士試験合格。大手監査法人で会計監査に携わった後、デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社に参画。毎週開催ピッチイベントMorning Pitchをはじめ、300超のピッチ・ベンチャーイベントをプロデュース。

2017年に独立して合同会社pilot boatを設立し、引き続きベンチャー支援に従事。スタートアップ紹介メディア「pilot boat」、podcast「pilot boat cast」、toCベンチャープレゼンイベント「sprout」を運営。得意分野はFashionTechをはじめとするライフスタイル・カルチャー系toCサービス。
twitter: @pepepe_pei

セッション④
大手アパレル×スタートアップの取組事例
~アダストリア編~

CtoCやサブスクリプションというビジネスモデル、人工知能などのテクノロジー、zozo suitsなどのIoT。ファッション業界は今変革期であるが、その仕掛人はスタートアップや上場ベンチャー企業だ。かといって大手アパレルも手をこまねいているわけではない。新しいビジネスモデルに挑戦したり、スタートアップと手を組んで顧客へ付加価値を出そうとしている。

本セクションで登場するのは「グローバルワーク」や「ニコアンド」などのアパレルブランドを展開するアダストリア、その新規事業開発を担うアダストリア・イノベーションラボだ。スタートアップと連携したり、スタートアップに投資をしていくという。

なぜ大手アパレルがスタートアップと連携するのか、連携の対象、狙いなどを、スタイラーCEOの小関氏が切り込んでいく。

株式会社アダストリア 
アダストリア・イノベーションラボ長
高橋 朗
(Takahashi Akira)

1980年生まれ。学生アルバイトにて旧株式会社ポイント入社 以降、店長・Eコマース担当・マーケティングを経験。 経営統合により株式会社アダストリアホールディングス 経営戦略部へ転籍 事業統合を経て株式会社アダストリアにてCRM部門の立上げを経験。 一度退職後、2017年7月より復職し現職。

(モデレータ)
スタイラー株式会社
CEO・ファウンダー
小関 翼
(Koseki Tsubasa)

大手EC事業者のAmazonにて事業開発を担当。インターネット上で取引をされるアイテムの種類に偏りがあることをECの現場にて実感する。ネットとリアルをつなげることで、情報の非対称性からEC比率の低いライフスタイル領域で日本発のイノベーションを起こすことを目指す。2015年3月に“つながり”でファッションを楽しくするスタイラー株式会社を設立。日英のメガバンクに勤務経験あり。東京大学大学院修了。

セッション⑤
テクノロジー×ファッションで変わるユーザとの関係

ラクサス・テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長
児玉昇司
(Kodama Shoji)

広島市出身。シリアルアントレプレナー。1995年早稲田大学入学半年後に最初の起業。会社売却などを経て、自身4度目の起業となるラクサス・テクノロジーズ株式会社を創業。2015年2月、毎月定額で有名ブランドバッグが無限に使い放題(貸したり借りたり)になるサブスクのC2Cファッションシェアアプリ「Laxus(ラクサス)」をローンチ。ローンチから3年弱で累計流通金額180億円を突破。2017年3月までにWiLなどを中心に20億円以上を調達。現在シリーズC、調達中。 MMD総研のシェアリングエコノミーサービス調査によるとラクサスは、認知・利用率、共にAirbnb、Uberに続き第3位(女性に限ると認知・利用率ともにAirbnbに続き第2位)。今後、NY、パリ、ロンドン、シンガポール、香港での展開を予定。NYでの事前登録では日本ローンチ時の実に3倍をすでに受注。 早稲田大学Executive MBA在籍。

株式会社ニューロープ
代表取締役CEO
酒井 聡
(Sakai Satoshi)

2005年 九州大学在学中、メディアプラネットにてポスター、チラシ、バナー等を多数デザイン。

2009年 株式会社マイナビにてプロモーション、情報誌の編集、市場調査等を担当。マイナビ進学リニューアル、情報誌「進路のミカタ」の創刊の編集デスクとしてプロジェクトを統括。
2011年 中小企業診断士取得。製造業、出版社、商社等、複数社の経営コンサルを経験。
2012年 ウェブインテグレーションを事業とする株式会社ランチェスターでプランニング、情報設計、デザイン、プロジェクト管理に従事。
2013年 IoTに取り組む株式会社Presents square執行役員就任(兼務)。プロモーション、デザイン担当。
2014年 当社設立。代表取締役就任

(モデレータ)
pilot boat CEO
納富 隼平
(Notomi Jumpei)

1987年生まれ。2009年明治大学経営学部卒、2011年早稲田大学大学院会計研究科修了。在学中公認会計士試験合格。大手監査法人で会計監査に携わった後、デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社に参画。毎週開催ピッチイベントMorning Pitchをはじめ、300超のピッチ・ベンチャーイベントをプロデュース。

2017年に独立して合同会社pilot boatを設立し、引き続きベンチャー支援に従事する。スタートアップ紹介メディア「pilot boat」、podcast「pilot boat cast」、toCベンチャープレゼンイベント「sprout」を運営。得意分野はFashionTechをはじめとするライフスタイル・カルチャー系toCサービス。
2017年よりASCII STARTUPでBtoCベンチャーのコラムを連載中。
日本スタートアップ支援協会顧問。
twitter: @pepepe_pei

クロージングセッション
次回のpilot boat day

pilot boat CEO
納富 隼平

スタイラー株式会社
CEO・ファウンダー
小関 翼

主催者

pilot boat (パイロットボート)

pilot boatは、スタートアップ支援企業です。スタートアップを長文で紹介するメディア「pilot boat」、スタートアップ初心者に業界のことを伝える「pilot boat salon」、toCスタートアップピッチイベント「sprout(スプラウト)」を運営しています。
また、ファッション・ライフスタイル関連の大企業に対して、スタートアップと連携するためのコンサルティングをしています。

会場アクセス
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ27階(11階受付から入場)

東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」15番出口と直結。
JR線、東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」と2F連絡通路で直結。


その他注意
  • お申込みはすべてイベントレジストからお願いいたします。セキュリティの関係上、登録外の参加は一切お断りさせていただきます。
  • アダストリア社で開催しますが、他アパレル会社の方も遠慮なくおこし下さい。
  • 頂いた個人情報は「pilot boat day」の運営のためにのみ使用いたします。
  • 主催者に非がある場合を除き、原則としてキャンセルはいたしません。
  • 営業目的の参加はお断りさせていただきます。
  • 取材は主催者にお問い合わせください。
  • その他お問い合わせはイベントレジストページの「主催者への問い合わせはこちら」からお願いいたします。

お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信