piko note

自分の真ん中の音-Real Feeling-を綴る
Piko note

思い通りに自分を表現する
「心」と「思考」/「言葉」と「感覚」
が磨かれる

申し込み

自分の真ん中‐Real Feeling-を綴る「piko note」


日々の色々な事は、覚えているようで忘れてしまいます
自分の日々を言葉で積み重ねていく、あるいは写真やイラストで
残していくことで記憶に残り、
振り返ることで自分をより理解していくことができます

起きたこと、思ったこと、感じたことを文字として書いていく
自分だけでこっそりと実践するのも良いですが、
書いたことを人と分かち合うことによって
新しい自分に出会うことができます

より自己への認識が深まり
真ん中(ニュートラル)な自分に出会う

対象者:・新しい自分を発見したい人
    ・自分の軸を立ち上げたい人
       ・自分のやりたい事を見つけたい人
    ・仲間と一緒に成長したい人
         ・なんとなくpiko noteが気になる人

内容:1月のテーマは新年の自分に期待することを表現する

1.piko noteの書き方説明
        2.グループシェア ≪自分の言葉を鍛える≫
            2018年の振り返り/2019年をイメージする
            3.グループワーク ≪自分の感覚や体感覚を高める≫

開催日程:今月は2回開催します!
     2019年1月27日  10:00-12:00
                         2月2日  10:00-12:00
                2月20日  10:00-12:00
                        2月23日  10:00-12:00


参加費:1日/5000円

持参するもの:2019年を共にする自分の好きなノート・筆記用具(カラフル可)

定員:18人 / 場所:LIFULL HUB(半蔵門)


piko
とはハワイ語で臍(真ん中)をあらわす言葉です


piko= 臍帯(へその緒/胎児とと胎盤をつなぐ白い菅状の組織)
kōnaneボーダー(中央)・葉が茎に繋がる場所・土地の境

 piko=真ん中とは「他」を和解するもの

2つ以上のものが関係していなければ中心は存在せず
『中心以外のものにはバランスが必要』になってきます

思考と感覚のバランスを整えてニュートラルな状態として
もう一度自分の現在位置を確認する

その時の自分の真ん中=pikoをnoteに書き綴り
シェアし合うことで

私達が自分の真ん中に住み、そこから行動を起こし、クリエイトしていく生き方へ

いつも自分の中心に戻り、分かち合う場へぜひお集まりください


ページ下部のボタンよりお申込みください

ファシリテーター

Atsuko

関東出身、社会進出後すぐに石川県金沢市へ嫁ぎ2児を出産、子供たちが中学進学時に再び社会復帰し2年で管理職に就任。
人の成長や進化に関わりながら心理学やコーチングスキル、NLPを取得。
個人の「今」目の前の課題をサポートするために独立。フリーランス歴は、今年で10年目。現在は、子供たちが社会進出したことをきっかけに東京に移住。東京、石川の2拠点で活動し日本全国、海外にクライアントを持つ。組織に対するコミュニケーション環境の改善を促すコンサルティングと個人のポテンシャルを引き出すセッションを得意とする。セッション時間数は延べ12,000時間以上。

web site

Natsumi

iolana School 代表

心・からだ・空間・音の調律師

幼少の頃より楽器に親しみ調律師として活動を開始

音を通じて人の「ココロとカラダ」への影響と拡がりを探求する中で、自律神経を調律するという技術と出会い自律神経調律師の資格を取得

ハワイ古典舞踏「Hula」を通じて
丹田を軸に大地にしっかりと自分の足で立ち、頭は天に繋がり生きる(踊る)大切さを実感し
「踊るように生きる」Bodyworkオリジナルメソッドを開発。
現在では、個人セッション・グループワーク・舞踏のソロライブなどで活躍中

web site

会場

LIFULL HUB

半蔵門駅三番出口、麹町警察署となり

お店のサイトはこちら