TLC(暗号通貨)は、現在 クラブスパークル が独占販売権を所有しています。

そして未だアメリカ電子通貨市場に上場前です。

これは、上場後に爆発的に値上がりが期待できる凄いチャンスを意味します。

現在市場に出回っている仮想通貨は、世界を回って日本に入って来ています。

日本スタートでこれから世界に向けて発信するTLC(暗号通貨)は、

あなたの財産を今後起こりうる経済破綻などから守る切り札になることでしょう。


TLC(暗号通貨)仮想通貨は
        弱い立場の人たちを救う切り札になる



世界には、証明書が無いために、

あらゆる経済活動から切り離された

弱い立場の人が25億人もいると言われます。

一方で、それらの新興国においても、

スマートフォンの普及率は日本を凌ぐ勢いです。

彼らの資産や信用が、

ブロックチェーンのシステムにより、

スマートフォン上で、

不正を防ぐ安全確実なシステムで管理できれば、

それが彼らの証明証代わりとなります。



新興国にも光を・・・

TLC(暗号通貨)仮想通貨が目指す未来・高い理想は、

そんなところにもあります。(引用)

暗号通貨の現状

既に銀行、投資信託、投資グループなどが
暗号通貨ビットコインに投資しています。

暗号通貨の信頼性

暗号通貨ビットコインは世界的規模で10万以上の貿易商に
受け入れられています。
これからは世界共通通貨となっていく事でしょう。

暗号通貨は将来、GOLD(金)の代替資産に

紙幣よりも価値の保存で優れている金は、一般的に信頼性の高い資金と考えられている。

一方で、トレーダーやビットコイン取引所の代表者らによると、昨年夏のギリシャ危機の時、投資家らは金とビットコインに投資したという。

投資会社Wedbush Securitiesのアナリスト、ギル・ルリラ氏は、「金は以前、世界経済の状況と通貨制度を強く懸念する人々にとって唯一の拠り所だったが、ビットコインは他の資産クラス(資産の種類)を信頼しない人々にとって、資金を維持するための手段となった」と語った。ウォール・ストリート・ジャーナルが伝えた。

今のところ金市場はビットコイン市場よりもはるかに大きい。
毎日数千億ドルの金が取引されているのに対し、ビットコインはわずか約68万ドル分が発行されたにすぎない。

しかしHorizon Kinetics社の投資責任者ミュレイ・スタル氏は、仮想通貨について、人気が高まるにつれて金に代わる投資手段となるだろうと述べている。

暗号通貨( 仮想通貨 )
第2のビットコイン
TLC( トゥルーライフコイン )

仮想通貨を「貨幣」認定 金融庁法改正で決済手段に
2016/2/24 2:00日本経済新聞 電子版

 金融庁が国内で初めて導入する仮想通貨の法規制案が23日わかった。
今までは仮想通貨を単なる「モノ」と見なしたが、法改正で「貨幣の機能」を持つと認定することで、決済手段や法定通貨との交換に使えると正式に位置づける。
仮想通貨の取引所は登録制とし、金融庁が監督官庁になって、仮想通貨の取引や技術の発展に目を光らせる。

三菱東京UFJ「MUFGコイン」一般に初公開
幕張メッセCEATEC“使える自販機”体験

事実上の外資系企業である三菱東京UFJ銀行が仮想通貨を発行することになった。
銀行までが仮想通貨を発行した。いや、世界が仮想通貨の安全性を認めたのです。
今や公共料金の支払いやビックカメラ、HISなどビットコイン決算できる店舗が1000社ほどに増えています。2018年には3大コンビニの店舗でビットコイン決算が可能になるようです。
しかし良い話題だけではありません。現状では世界で2500種類以上の仮想通貨が発行されていますが、その95%以上は詐欺案件です。

仮想通貨バブルに乗るためには、詐欺通貨を見抜く目を持つ必要があります。

現時点で、ランキング上位のビットコインやイーサリアム、リップルなど 信頼性の高い通貨のみに投資することも否定はしませんが、“仮想通貨長者”になるためにはそれだけでは足りません。

ビットコインは今後少なくとも、1BTC=500万円ほどには値が上がることが予想されます。

最高額は、1BTC=220万円ですが、この相場に高いレバレッジをかけたとしても、リスクが高くなる一方で、仮想通貨長者への道は険しく、うまくやってもプチ仮想通貨長者止まりかと思います。

やはり空前絶後のバブルに突入する仮想通貨市場で、ジャパニーズドリームならぬ、ワールドドリームを夢見たいですよね。

 

もし、あなたが仮想通貨について、より見識を深め、仮想通貨長者になりたいとお考えでしたら、ビットコインと同じ製作チームで作られた第2のビットコインである

TLC(トゥルーライフコイン)が狙い目です。

なぜ、TLC(トゥルーライフコイン)なのか

なぜ狙い目かというと、仮想通貨=暗号通貨の価値を上げる為には3つの大きなポイントがあります。

①暗号通貨は上場前にいかに流通させて価値と知名度を上げれるかということです。

②上場前に信頼に値する充分な発行枚数をどれだけ確立できるかというものです。

③最後に一番大事なことはアメリカ電子通貨市場に確実に上場するということです。

(上場せずに売り逃げする詐欺業者がほとんどですから注意が必要です)

まずTLCはグローバルモールにてビットコインと共にTLCを流通させ通貨の価値を上げる方法を確立しました。

(TLCはビットコインと同じ天才製作チームにより作られましたので、TLCはビットコインの兄弟みたいなものです)

いよいよ来年2018年にスマホからグローバルモールにアクセスが可能となります。

暗号通貨で色々な買い物が手軽に出来る様になります。

それと2017年7月現在TLCの発行枚数は38億円分を達成しました。

アメリカ電子通貨市場には2018年秋までに上場予定です。

これでTLC(トゥルーライフコイン)は暗号通貨の価値を上げる3大ポイントをすでにクリアしています。

TLCエコシステム
グローバルモール・TLCウォレット
クラブスパークル


世界が認めた TLC ブロック・チェーン・システム

分散型のシステムは世界中に点在するパソコンにデータを置くことで、(一つの場所にデータを置かないようにして)壊すことができないネットワークを作る技術です。

その分散型のネットワークの認証システムを利用すれば、中央集権が不在でも信憑性のある合意を達成させることができます。

分散型システムを止めるには地球全体を壊滅させるほどの隕石が宇宙から降ってくるか、全世界の機械類が同時に破壊されてしまうほどの大規模な太陽風に襲われるかぐらいの災害が起きる必要があります。

なぜなら、データを保持する全てのパソコンを壊さなければ、ブロックチェーンは複製しながら復活することができるからです。

TLCはビットコインと同じ製作チームにより、ビットコインより2段階上の高性能システムを構築することに成功いたしました。

次世代型暗号通貨 TLC

現在なぜビットコインが主流なのかというと、どこの政府にも企業にも管理されることがなく、現金に直接換金できる暗号通貨である『自由通貨』だからです。

2018年1月現在では世の中に存在している『自由通貨』はビットコインだけなのです。

従ってアルトコインと言われるビットコイン以外の暗号通貨は全て、管理者が存在する『管理通貨』です。

しかも一度ビットコインを購入してから現金に換金する形になります。

ですので換金時点のビットコイン価格により大きな影響が発生します。

2018年夏から秋に掛けて上場する予定のTLC(トゥルーライフコイン)は、もちろん『自由通貨』です。

これで今年2018年中に世に存在する『自由通貨』はビットコインとTLCのみです。

TLC( トゥルーライフコイン )の性能

ビットコインの製作に関わった天才プログラマーが13名も TLCの製作プロジェクトに加わり、次世代型暗号通貨を完成させました。


⭕️TLCは変動型ブロックチェーン タングル1.0 ※下写真参照
 (グローバルモールでは決算用に適しているブロックチェーン1.0採用
  ビットコインはブロックチェーン1.0

⭕️POS Casperシステム
 (変幻自在に時代にマッチした形に変容が可能、ビットコインはPOWシステム

⭕️発行枚数20億枚(スパークル会員10億枚、ビットコインは2,100万枚

⭕️ブロック取引時間64秒
 (ビットコインは10分


世界最先端機能により、今後時代の流れに即応した実績が期待されています。

将来的に量子コンピュータが普及された場合、通常のブロックチェーンではハッキング被害の可能性が否定できません。TLCはブロックチェーン タングルを採用しているため例え量子コンピュータを駆使してセキュリティーを破ろうとしても破ることが出来ないので安心できます。

TLC( トゥルーライフコイン )の販売価格

現在TLCはクラブスパークルが独占販売権を所有しています。
TLCを購入する為には、入会金3,000円を支払いクラブスパークルの会員になる必要があります。

2018年1月現在TLCは1枚たったの175円です。
暗号通貨長者になるには今がチャンスです。
2018年秋までの上場予定時にはTLCは1枚625円になる予定です。
(現在価格の約3.5倍になる予定です)


あのビットコイン長者になった方々は1BTCが300円〜3,000円の時に買い、10万円〜20万円に値上がりした時に売って儲けた方が多い様です。
ビットコインの最高額は1BTCが約220万円の価値が付いていました。

TLCは将来いくらの価値が出るのでしょうか?とても楽しみです。

TLC( トゥルーライフコイン )価格表

(2018年1月現在のTLC価格は1TLC175円トークン交換レート7:1の為))
(※表示は税抜き価格)

※トークンとはTLCの価格が上昇して行きますので金額に対して一定のトークンを購入する形になります。
1トークン=25円
トークン自体は価値がなく、TLCやスパークル商品に交換して初めて価値が出ます。
TLC購入後は速やかにTLCか商品に交換して下さい。
(TLCへの交換方法は会員登録後にマイページにて行います。TLCをご購入後、詳しい交換手順を丁寧に説明したものをご用意していますので、ご安心ください)

トークン交換レート7:1の場合〉
TLC STARパック 37,500円
1,500トークン=TLC 214枚
TLC SKYパック 75,000円
3,000トークン= TLC 428枚
TLC DREAMパック 150,000円
6,000トークン= TLC 857枚
TLC WORLDパック 300,000円
12,000トークン=TLC 1,714枚
TLC ELETEパック 600,000円
24,000トークン= TLC 3,424枚 単利3%
TLC ROYALパック 900,000円
36,000トークン= TLC 5,142枚 単利6%
TLC CROWNパック 1,200,000円
48,000トークン= TLC 6,857枚 単利8%
TLC MASTERパック 1,500,000円
60,000トークン= TLC 8,571枚 単利10%

ELETEパック以降の TLCパックを購入後1年間預けることにより単年度利息が付きます。

(例)MASTERパックを購入後1年間預けることにより、単年度利息が10%の150,000円を受け取ることができます。

なお各 TLCパックには下記高性能商品と24KGP  TLC記念コインが付属されています。

TLC( トゥルーライフコイン )の購入方法



現在 TLC(トゥルーライフコイン)は 下記のTLC注文書に内容を記入してFAX申込になります。


下記のURLをクリックして注文書をプリントアウトして下さい。

(ご自宅にプリンターが無い場合はコンビニでweb印刷ができます)


注文書URL

👇   👇
https://system.clubsparkle.com/downpdf/2017_12_7_12_31_57__51592084.pdf

TLC( トゥルーライフコイン )注文書記入方法




下記の記入例は TLC STRパックを購入の場合です。

TLCはスパークル会員限定販売ですので、別途入会金3,240円(税込)が必要です。








オートシップ(定期購入)は絶対必要という訳ではありませんので、 TLCのみ購入の方は、D・E欄のオートシップは無記入で構いません。

TLC購入及びクラブスパークル会員になる為には、すでに入会済みのスパークル会員の紹介が必要です。

F欄の紹介ID及び紹介者名や、G欄のブレース(直上者)のID及び氏名は紹介者にご確認ください。

分からないことは、紹介者に何なりとお申し付けください。

クラブスパークル会社概要

 

会社名:スパークル株式会社

 住所:東京都渋谷区道玄坂1-19-11 道玄坂セピアビル8F

 TEL:03-6427-8501、0742-35-8706

 ホームページ:http://clubsparkle.com/

毎週ミートアップを開催してます。

 カスタマーサポート

 営業時間:月~土(11時~20時)※日曜、祝日除く

 スパークルラウンジ(道玄坂セピアビル8F)

 営業時間:月~土(11時半~19時半)