物理で志望校に合格
物理を武器にする勉強法

このテキストに書かれていることは当たり前すぎて
普段見落としガチ
なことです。
受験生現役時偏差値60前半で停滞した物理の偏差値を浪人の夏までに75以上にし、夏の京大オープンで物理を8割に成長させた物理の基礎中の基礎
『力学の考え方』
を無料でプレゼントします。

『力学の考え方』を手に入れることのメリットは…?

  • 二次試験に物理で勝負できるための基礎が身につきます

  • 考えるべきところを考えられるようになります

  • 力学を学んだだけなのに他の分野にも応用が利きます

  • 物理が得点源になると苦手科目のカバーができます

  • 無事に志望校に合格し、キャンパスライフを送れます

LINEで「力学の考え方」をプレゼントします!

はじめまして現役京大生のほーたです

こんにちは、ほーたです。

 

今は大学院で勉強しながら、物理の勉強方法のブログを書いています。

 

僕は一年浪人して京都大学工学部に合格しました。

 

よく京大通ってますというと「すごいですね!」「めっちゃエリートじゃないですか!?」「高校の時の偏差値とかすごそう!」って言われますが、僕の苦労を知ればホントに普通の人です。

 

中学時代は理科と国語で足を引っ張り、高校受験では第一志望校に余裕で落ちて、

高校1、2年時代は数学しか勉強してなくて物理の期末テストで60点代をとることもあり、

 

受験生時代には物理に時間はとるも伸び率が悪く、偏差値は60前半から停滞する、

 

という地獄を経験しまくってます。

 

しかしそんな僕が物理の成績が急成長したきっかけは、センター試験後に自分の勉強方法を見直したことでした。

 

ここから僕の物理は覚醒し始めました。

 

残念ながら現役時は伸びが足りず不合格になりましたが、浪人してからも物理の成績は伸びまくり、全国模試では物理の偏差値が75以上、京大模試では70以上まで伸びました。

 

完全に物理が武器になりました。

 

もうこのページを読んでるあなた、「物理のセンスがない。。。」と嘆くのはやめましょう。

 

断言します、センスは磨くものです。

 

努力次第で物理センスは鍛えることが出来ます。

 

正しく勉強すれば、それ相応に成績は伸びます。

 

勉強の才能がない僕が実感したので信じてもらって大丈夫です。

勉強しまくっても第一志望に行けなかった高校受験

難関大学に行くには実績のある高校に進学する。

 

そのために僕は高校受験から必死で勉強してました。

 

自分よりも勉強時間が少ない人よりも成績が悪く、「なんでだよ!!」って思っていたことを覚えています。

 

また、僕が目指していた高校は88/100が最低ラインだったのですが、最後の実力テストでは理科の点数が14/20で理科のセンスは全くありませんでした(恥)

 

一生懸命勉強時間を確保していたにも関わらず全然成績が伸びず、第一志望は余裕で落ちます。

物理ができない高校時代

高校入学後は、部活と数学しかやっていませんでした。

 

テスト期間で物理に力を入れるもテスト結果は60点代も普通にありました。

 

数学だけに特化した高校生という感じでした。

 

この時期も自分よりも物理の勉強時間が短い人が自分よりもいい成績をとっていたので、「ふざけんな!」って思っていましたね。

物理に苦しむ受験時代

「得意科目を二科目つくるといい」と物理の先生に言われたので、配点の高い物理と数学を武器にしようと決めました。

この時は難しい問題を解くことがすべてだと思っていたのでひたすらレベルの高い問題集を解いていました。

しかし、当然のように成績は思うように伸びません。

さらに、国語が偏差値50前後という致命的に苦手だったので、国語の勉強に時間を割いていたので、理系科目に時間が取れずと負のスパイラルに陥ってました。

センター試験後の覚醒

センター試験はボーダーマイナス50点と最悪な出来でした。

しかし、僕は浪人覚悟で京大に出願し、京大用の勉強をしました。

今までの勉強法を見直し、何をすれば伸びるかを考え、理系科目メインで勉強することにしました。

この時期は勉強法を少し変えるだけでかなりの成績の伸びを実感しました。

ついに来たか!と思えたくらい覚醒した記憶があります。

合否の結果はセンター試験のマイナスもあり不合格で、浪人が確定します。

浪人時代、成績が伸びすぎてビビる

浪人後は、センター試験で得点するより二次試験で得点する方が向いてると思い、得意科目の強化に力を入れてました。

特に力を入れていた数学と物理は、現役時の後半からの勢いが衰えず、どんどん伸びていきました。

第一回目の全統記述から数学、物理の偏差値は70を優に超え、第三回の記述模試では75を超えるまでになってました。

夏と冬の京大オープン模試でも、物理数学の偏差値は70を切らず、点数でいうと8割ほどとれるまでになり、800人ほどの受験者の中で一桁に入るまでになりました。

テストが難しくなるほどほかと差がつけられる、という二次試験逆転型の力が備わりました。

センターE判定からの逆転合格

そしてセンター試験です。

僕は理系科目の得点はよかったのですが、案の定文系科目ができなかったので、結果ボーダーマイナス20点とE判定を食らいました。

しかし、こんなことは想定内。

こういう時のために二次試験の勉強を頑張ったので、本番の二次試験ではテンパって実力は発揮できなかったものの、二次力が十分ついていたので、逆転して京大工学部の物理工学科に合格できました。

中学時代は勉強できず、高校受験に失敗しと、いままでなかなか努力が報われるという経験をしたことがなかった僕ですが、やっと努力が報われ夢のキャンパスライフが送ることが出来ました。

大学生生活は本当に楽しかったです。

自分よりポテンシャルの高い人と接する機会がふえ、自分が成長するきっかけになったり、友達と旅行に行ったり、京都巡りしたり、おいしいごはん屋さんに外食したり、高校生のころでは経験できないようなことがいろいろできました。

たった一つの心残りが。。。

大学受験は本当に苦労しました。

正しい勉強法に行き着くまでにかなり時間がかかりました。

今でも「なんでもっと早く気づかなかったんだろう」と思うことがあります。

本当にそれまでの勉強が無駄だったと言わざるを得ないほど、意味のないことをしていたのだなと思っていました。

そして、今、物理で伸び悩んでいる方や物理の勉強を知らない方に是非この勉強を知ってほしい!!

この勉強をきっかけに志望大に合格してほしい!!

もっと言うとこのような受験生に貢献したいという想いが強くなり、このような受験物理のことを発信しています。

僕のことを信用できなければ、全然大丈夫です。

僕を信じてくれるこれから大学受験を迎えてる人に、自分が物理を武器にしたという経験から考えた偏差値50から65にする方法を知ってもらいたいです!!

成績を伸ばすには正攻法があります。

その正しい勉強法をしっかり実践していけば確実に伸びます。

そして当たり前のことだけど意外に気づかない力学を成長するためのポイント「物理特化マニュアル」を無料でプレゼントします。