物理の偏差値60を突破する方法を公開します

このテキストに書かれていることは
当たり前すぎて
普段見落としガチ
なことです。
高校3年の時に全く伸びずに停滞した物理の偏差値を80近くにし、夏の京大オープンで7位、物理を8割に成長させた経験から作った渾身の力作
『力学の考え方』
を無料でプレゼントします。

『力学の考え方』を手に入れることの
メリットは…??

  • 偏差値50台から60を突破するための土台

  • 二次試験に物理で勝負できるための基礎が身につきます

  • 力学を伸ばすために必須な「」を教えます

  • 円運動、万有引力、単振動、熱力学、電気力学などで応用が効きます

  • 物理が得点源にする土台となるための見逃しガチな知識です

LINEで「力学の考え方」をプレゼントします!

凡人以下の僕の京大逆転合格ストーリー

こんにちは、ほーたです。

今は大学院で勉強しながら、物理の勉強方法のブログを書いています。

僕は一年浪人して京都大学工学部に合格しました。

よく京大通ってますというと

「すごいですね!天才やん!!」

「めっちゃエリートじゃないですか!?」

「やっぱり昔から勉強できたんですか!?」

って言われますが、僕の苦労を知ればホントに普通の人ということが分かります。

普通どころか、マジで勉強には苦労しました。

他人の才能を何度も羨みました。

中学時代は理科と国語で足を引っ張り、高校受験では第一志望校に余裕で落ちて、

高校1、2年時代は数学しか勉強してなくて物理の期末テストで60点代をとることもあり、

受験生時代には物理に時間はとるも伸び率が悪く、偏差値は60前半から停滞する、

という地獄を経験しまくってます。

正直

「なんでこんなに出来ないんだよ!!」

が口癖になってました。

何度も

「勉強の才能があれば…」

「天才だったらどんなに良かったか…」

と思ったことか。

しかしそんな僕でも転機がありました。

それは現役時のセンター試験後のことです。

ここから僕の物理は覚醒し始めました。

残念ながら現役時は伸びが足りず不合格になりましたが、

浪人してからも物理の成績は伸びまくり、全国模試では物理の偏差値が75以上になりました。

さらには京大模試で約800人中1桁を2回も取ってしまうのです。

完全に自信がつき、京大に逆転合格しました。

自分を見下してた人たちを全員見返しました。

京大合格者が全員もともと勉強ができたは、「偏見」です。

そんな僕の合格体験記を包み隠さず話します。

モチベもかなり上がると思うので、是非最後まで読んで下さい。

努力が報われず勉強に苦しみまくる~中学時代~

僕の中学時代はマジで地獄でした。

いいことなんて部活の時間と友達と遊ぶ時間くらい。

それ以外は、何も楽しくありませんでした。

勉強はクラスで1番してたのに、勉強しても大して結果は出ません。

特に中学1年の時はひどかったです。

先生に、

「このテスト期間で1番勉強した時間はほーたくんでした!!」

と言われ、周りには、

「マジか!!ほーたメッチャ勉強するじゃん!!」

と言われますが、ふたを開ければ成績は、クラスで真ん中くらい。

それなのに、勉強時間だけでクラスの周りには頭いい呼ばわり。

こんな苦痛はありません。

自分より勉強してなかった人達よりいい点数が取れず、めちゃくちゃ劣等感を感じました。

これは周りのレベルが高いのではなく、自分のレベルが低いのです。

市内で底辺争いするほどの中学です。

進学校には30人くらいしか行けません。

そんな学校で僕は80番くらいだったのです

これでは偏差値50以下の高校しか行けません。

親にもこっぴどく怒られました。

「このままじゃ人生終わるで!!」

「行く高校あれへんやん!!」

「勉強時間増やさないといけないんちゃうか?」

こんなことばかり言われていました。

「もうやってらんねーよ、クラスで1番勉強してるやん。」

「あと俺に足りないのは量じゃなくて才能だろ、明らかに。なにが量増やせだよ。」

「学校つまんね~。何が勉強だよ。出来ねえんだよ。もう無理だろ」

とか親には言い返してました。

今こうやって思い返すと、アホかって思いますね。勉強のやり方が違うやんって。

中学2年から毎日勉強する癖をつけました。

でもそれでやっと人並みです。

毎日の勉強とクラスで1番の勉強時間、これで人並みなんて不平等すぎるって思ってましたが、

ここくらいから親に怒られなくなったので、まあいいや、と思うようになりました。

そして中学3年になります。

ここから僕はエンジン全開で勉強していました。

普段の勉強時間も6時間はやっていたと思います。

進学校には行きたい、という想いから必死に勉強してました。

そうしてやっと人より出来るレベルになりました。

やっとです。

平日、休日人の何倍も勉強し、テスト期間にクラスでトップクラスに勉強してやっと、人より出来るようになりました。

でも、これですぐに調子に乗ります。

「ついに才能が開花されたぜーい!!」

こんなことを親に言ってました。

しかしすぐにその自信は消え去ります。

ここから成績が伸びず、下がる一方なのです。

あれ??才能開花したはずなのに…

この時が人生で初の挫折でした。

たかが高校受験で挫折してました。

勉強時間を平日6時間、休日14時間くらいしてたのに、成績は下がり、平日3時間の友達が爆伸びしてました。

この時はさすがに辛すぎて泣いたこともありました恥

親にも

「あんた夏より実力なくなってきてるんちゃう??」

と言われてました。

「いやいや、やってるのに出来ないんだよ。すべてを受験に捧げてるじゃねーかよ」

こういい返したときには、親も無言でしたね。

僕がそれだけ勉強してたかを知っていたからです。

そんなわけで高校受験は不合格でした。

余裕で落とされました。

安全圏で受験した第二志望の高校に進学しました。

学年3ケタからの下剋上
~高校時代~

僕が入学した高校は、京大合格者数が毎年5人以下の、ごくごく普通の高校でした。

高校受験で安全圏で合格した僕は、かなり調子に乗っており、

「絶対上位層だぜ!!(ニヤニヤ)」

とか思ってました。

そんな自信満々で受けた入学テスト、高校の洗礼を食らいます。

なんと学年で3ケタでした。(確か150位くらい)

余裕ぶっこいていただけにかなりビックリしました。

え??3ケタ??この高校安全圏で合格したよね!?

という状態です。

これでは国公立に入れるかどうか、の順位です。

さらに高校の洗礼を食らいます。

周りの30位以内に入っている人たちは、高校受験勉強を真面目に取り組んでいなかったのです。

マジかよ…

ショックでしたね。

余裕に入れた高校でさえもこんなに劣等感を感じるとは。

ここで僕は気持ちを入れ替えて

「国公立には行きたいから勉強を頑張らないと!」

と思い、一日1~2時間程好きだった数学だけを勉強するようにしました。

だから数学の成績がそこそこ良かった程度です。

クラス内でも数学は出来る、と言われるレベルになりました。

他の科目はテスト期間で詰め込み勉強でした。

だから実力はなかなか付きませんでしたね。

この時期に僕は同じ高校の先輩の合格体験記を読んで京大に魅力を感じ、京大を目指すことにしました。

高校2年も同じように部活と数学、たまに英語という感じで勉強してました。

物理・化学は重要科目とわかっていたものの、勉強する気にならず、テスト期間の詰め込みだったので、

期末試験では60点代を取ったこともあり、大して偏差値は高くありませんでした。

旧帝大には届かないレベル、という感じでした。

そして高校3年になります。

この時には

「絶対に京大に受かってやる!!」

という強い思いで受験勉強を始めました。

まず最初に自分のレベルと京大との差を知るために、過去問を解くことにしました。

全く手が動かず、得意な数学も一問くらいしか解けませんでした。

せっかく積み重ねてきたものが無駄だった、と思える出来でした。

「これが京大か…レベル高すぎだろ」

ここで僕は焦って間違った勉強をします。

それは

「難しい問題を解く」

です。

「あんなにレベルの高い問題を解けるようになるには、今から難しい問題を解かないと受からない」

そういう考え方に至りました。

自分のレベルよりもはるかにレベルの高い問題を解くなんて、ランニング初心者がいきなり40キロ走る、というようなのと同じです。

まず5キロを目指せということですね。

そうだから当然のように僕の成績はほんの少しずつしか伸びません。

高1高2で貯金した分の学力の差も埋められました。

効率悪すぎです。

マジで最悪の状態ですね。

こんな時期に夏の京大模試を受けることになります。

テスト時間ずっと座ってるだけでした。

全く解けません。

1問目からわからなかったのを今でも覚えています。

結果は余裕の一番下のD判定。

あれ??難しい問題を解いてたのになんでだ??

まじで訳がわかりませんでした。

さらに最悪の事態が起こります。

なんと夏のセンター模試の国語の点数が65点だったのです。

得点率32.5%です。

国語の順位が360位代なのは今でも忘れません。

あれほどビビったことは無いです。

苦手科目の順位とはいえ、人生で初めて下から5番以内に入ったのですから。

だから国語に時間を割かなくてはいけなくなりました。

国語の勉強法を先生に聞いても、問題を解くしかアドバイスをもらえず、全然伸びません。

国語が伸びないから、国語に時間を取り、数学と物理に時間を取れずに、成績が下降という

受験の負のスパイラル

に陥りました。

これにはマジで気を付けてくださいね。

そしてちょうどこと時に冬の京大模試があり、夏よりも少し点数が高くなっただけで、余裕のD判定でした。

学校の先生には、

「こいつ京大に受からないだろうな」

と思われていたでしょう。

負のスパイラルに陥った僕はセンター試験でも大失敗をします。

ボーダーマイナス50点。

志願者のしたから20番くらいでした。

それでも京大に行きたかったので、センター試験後に何が悪かったのかを考察します。

そしてやっと自分の犯していたミスに気づきました。

そうか!!1問1問に時間をかけていてはいけないんだ!!

ここから僕の物理・数学が覚醒し始め、不思議な現象が起きます。
物理の基本的な現象がスラスラ説明できるのです。
「あれ??前までこんなに説明できたっけ??」

こんな感覚でした。

「そうか!これだ!!根本さえわかれば伸びるのか!!」

これを知ってからは伸びるしかありませんでした。

残念ながらセンターのマイナスや、実力が伸び盛りだったことから、現役で合格することはできませんでしたが、

確かな手ごたえを感じて浪人することになりました。

恐ろしいくらい成績が伸びすぎた浪人時代~ほーたの下剋上~

僕は河合塾に通うことを決めて、浪人の4月にある目標を立てます。
数学と物理で圧倒的に差をつける
です。

これは現役時代にセンター試験で失敗し、国語にも苦しめられたので、

二次試験の数学の物理だけで差をつけてしまおう!!という作戦です。

それを掲げたからには物理と数学には圧倒的に時間を割きました。

使っていた教材は塾のテキストと現役時代に使っていた参考書。

塾のテキストのレベルが自分にあい、さらに僕の数物はさらに成長しました。

全統模試でも、数物は偏差値75を超えましたね。

総合偏差値で75以上ありました。

正直この時期はかなり勢いがあったのを覚えています

「僕めちゃくちゃ調子いいじゃん!!」

この伸びは今まで体感したことがなかったので、マジでビビりました。

そして現役の時にコテンパンにされた京大模試を受けます。

この模試を受けているときほど、自分の成長を実感したときはありません。

去年手が出なかった京大模試の数学・物理がスラスラ解けてしまうのです。

え??問題作成者は手を抜いているの??

模試を解きながらこんなことを思ってしまいました。

それくらい問題も解けて、時間も余りました。

結果は物理工学科で800人中7位。

数学が85%、物理が70%も取れていました。

まじでビビりました。

自分が怖いくらいでした。

この模試だけで終わりません。

夏以降もこの勢いは止まらず、冬に行われた京大模試も同じような成績(数学80%、物理80%)を取り、8位に入りました。

志望学科を変えてたら1位に入るくらい点数が良かったです。

完全に物理と数学を自分の武器にしていました。

さらに嬉しいことに、同じ中学校の学年で3位以内に入っていた人に、

「京大オープンの冊子載ってたね!!すごいね!!」

と言ってくれたのです。

これほどうれしかったことはありません。

中学時代には相手にもされず、雲の上の存在で天才だと思っていた人に認められたのです。

「よっしゃ!!見返せた!!」

さらにモチベーションが上がりました。

勢いを止めず、センター試験を迎えます。

ただセンター試験は苦手だったので、浪人時代もセンター試験はE判定でボーダーマイナス20点でした。

もっと言うと、得点率は85%だったのですが、京大の工学部の配点的にE判定を言う感じでした。

しかしこれは想定内。

二次試験で逆転合格するために必死の思いで努力をしてきたので、志望大を下げることもなく、二次試験で逆転合格することが出来ました。

今思い返すと、かなり苦労した受験でしたが、この経験は僕の人生でも大切な財産です。

これを読んでモチベが上がる人がいれば、これほどうれしいことはありません。

諦めなければ、凡人以下でも京大に受かることの証明になったと思います。

最後まであきらめず、出来るまでやることが大切です。

本気で勉強しましょう。

たった一つの心残りが。。。

大学受験は本当に苦労しました。

正しい勉強法に行き着くまでにかなり時間がかかりました。

今でも「なんでもっと早く気づかなかったんだろう」と思うことがあります。

本当にそれまでの勉強が無駄だったと言わざるを得ないほど、意味のないことをしていたのだなと思っています。

おそらく、僕以外にも同じような悩みを抱えてる人がいるでしょう。

自分の行きたい大学ではなく、自分の行ける大学に行こうとしてる人がいるでしょう。

僕はそんな方に声を大にして言います。

「自分の可能性を否定するな!」

そういう人たちは、勉強法を知らないだけで、勝手に

「自分には無理」

「偏差値70は厳しいな」

「どんなに頑張っても行ける気がしない」

といっているだけです。

そうではなくて、本当に行きたい大学に進学してほしいのです。

そういう想いで、自分が一番覚醒した物理の情報発信することを決めました。

これから大学受験を迎えてる人に、自分が物理を武器にしたという経験から考えた

偏差値65にする方法

を知ってもらいたいのです。

成績を伸ばすには正攻法があります。

その正しい勉強法をしっかり実践していけば確実に伸びます。

受験で散々苦労した僕を信じてください。

あなたも逆転合格できます。

そんなわけで僕の物理を覚醒させた当たり前だけど当たり前ではない、力学の最強の考え方

力学の考え方

を無料でプレゼントをする事に決めました。

受け取りたい人はLINE友達追加するだけでもらえます。

質問も気軽にできます。