【令和版】フォトフェイシャルおすすめクリニック5選!
安い・口コミ評価が高いのはどこ?

フォトフェイシャル(IPL)で美肌になりたい、若々しくなりたい、でもどのクリニックに通ったら良いのかわからない、そんな悩みをかかえてはいませんか?

フォトフェイシャル(IPL)を受けたいけど、肌のかゆみや赤みなどデメリットが気になりますよね。

ここでは、フォトフェイシャル(IPL)の効果や種類などをはじめ、失敗しないクリニック選び、フォトフェイシャルが安い・おすすめの美容クリニックを紹介していきます。

フォトフェイシャル(IPL)は適切な施術を受ければ、肌のリスクは怖くありません!賢く利用し美肌を手に入れてくださいね。

フォトフェイシャル(IPL)とは?

フォトフェイシャルの「フォト」とは「写真」を意味する英語です。

フォトフェイシャルとは、簡単に言えばIPLと呼ばれる光のパワーを顔の肌に照射することによって、肌トラブルを解消する美容治療です。

IPLとは英語で「Intense Pulsed Ligh」、レーザーの一種で波長幅が広い性質があります。そのため、美容クリニックではさまざまな肌トラブルを解消するための美容治療として用いられます。

光のパワーが肌に到達し、顔の肌の赤みの原因とされるヘモグロビン、肌のそばかす・シミの原因とされるメラニン色素などの成分に、ダイレクトに働きかけてくれます。

参考:Intense Pulsed Lighによる美容皮膚治療より

フォトフェイシャルの効果

・シミやくすみ、赤ら顔、毛穴トラブルにおすすめ!

IPLの光のパワーが肌に到達し、顔の肌の赤みの原因とされるヘモグロビン、肌のそばかす・シミの原因とされるメラニン色素などの成分に、ダイレクトに働きかけてくれます。

肌のダメージを引き起こす原因とされるこれらの複数の色素に対して、光のパワーでダメージを与えるのがIPLの光です。

シミ・くすみ・赤ら顔・毛穴トラブルで悩みの方に、フォトフェイシャルはおすすめです。

・ニキビやニキビ跡などの改善に!

フォトフェイシャルでは、定番の美肌成分・コラーゲン生成の元となる線維芽細胞の作用を活発にします。そのため、肌の内面からのキメ細やかさを引出してくれます。

ニキビ・ニキビ跡の悩みを解消したい方にも最適です。

参考:こんなお肌に効果的 フォトフェイシャル協会より

フォトフェイシャルの種類

一般的にフォトフェイシャルの種類は、フォトRF・フォトシルクプラス・M22などがポピュラーです。

フォトRF

フォトRFは、高周波光のRFとAPL「advanced pulse light」の光のパワーのコンビネーションによるフォトフェイシャルです。

2つの光パワーにより、肌の内面深い部位にまで到達し、端への刺激が少なく、安全性の高い美容治療ができます。毛穴の開き・小じわ・ハリ・たるみが気になる方に最適です。

フォトシルクプラス

フォトシルクプラスはシミ・そばかす・肌の色のくすみなど、おもに色素沈着が原因とされる肌トラブルによく用いられます。

IPLの光パワーよりも、シミの元であるメラニンの粒を分解させる作用があるため、難易度の高いシミ治療に最適です。

コラーゲンを生成する力があり、ハリ肌を目指す方、ニキビ肌を改善したい方にも向いています。

M22

M22とは、フォトフェイシャルではもっとも上位の機種と位置づけられています。コラーゲンの生成・再生をより活性化し、肌の内面からの美しさを取り戻します。

通常のレーザー美容治療の場合は、肌トラブルの部位にピンポイントで光を集中的に照射するパターンが多いです。

一方、M22では1回の光の照射で顔全体に治療が可能、短時間で済みます。酒さ (毛細血管拡張症) による赤ら顔の方にも最適です。

フォトフェイシャルを受けるクリニックの選び方

フォトフェイシャルの美容クリニックの上手な選び方の重要ポイントは下記の3点です。
料金を比べる
クリニックでフォトフェイシャルの美容治療を受ける場合、自由診療なので全額負担ですから、料金相場が気になるところです。

各クリニックの料金の相場をリサーチして、複数で徹底比較しておくと良いでしょう。

一般的な料金相場は1回あたり2~3万円程度ですが、クリニックによってはトライアル価格を設定したり、モニター募集をかけているところもあります。
クリニックの実績や設備など
クリニック選びの際に、フェイシャルフォトの治療ではどんな医療機器が使われているのか、把握しておく必要があります。

クリニックによっては海外の最新の医療機器を導入しているところもあります。

フォトフェイシャルでもっともポピュラーなのは、M22・フォトシルクプラス・フォトRFです。

その中でどの機器が導入されているか、どのタイプの危機なら自分の肌の悩みに会うのかが重要となります。

一方、クリニックのフォトフェイシャルの治療実績がどの程度なのか、リサーチしておくと安心です。実績の高いクリニックを選び、肌トラブルに見合う医療設備を選んでおくと良いでしょう。
アクセスのしやすさ
フォトフェイシャルは、アクセスの良さでクリニックを選ぶことも必要です。自宅や職場から遠い場所だと、電車やバスを乗り換えるのが大変です。

治療は1回で終わるのではなく、数週間ごとに通院し、複数回に渡り治療を受けるのが一般的です。

そのため、時間と交通費の負担も視野に入れた上で、通院しやすいクリニックかどうか判断すべきです。わかりやすい場所にあり、通いやすいクリニックであればOKです。
アクセスのしやすさ
フォトフェイシャルは、アクセスの良さでクリニックを選ぶことも必要です。自宅や職場から遠い場所だと、電車やバスを乗り換えるのが大変です。

治療は1回で終わるのではなく、数週間ごとに通院し、複数回に渡り治療を受けるのが一般的です。

そのため、時間と交通費の負担も視野に入れた上で、通院しやすいクリニックかどうか判断すべきです。わかりやすい場所にあり、通いやすいクリニックであればOKです。

フォトフェイシャル口コミおすすめクリニック5選!

湘南美容クリニック フォトRF

湘南美容クリニック フォトRFは、2018年10月時点で約19万件もの症例実績があります。

しわ・しみ・くすみ・赤ら顔を改善したい方、肌の若返りを目指す方にピッタリのコースです。

安全性の高いアメリカのFDAから認可された最新の医療レーザー機器で、気になる肌の悩みを解消します。

光のエネルギーを肌の真皮層にアプローチして、繊維芽細胞を程よく刺激しながら、肌トラブルの元・メラニンを排出させる仕組みです。

料金:1回につき9980円(税込)
エリア: 北海道・東北・東京・関東・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄

口コミ

シミが増え、少しでも肌を綺麗にしたくて通い始めました。説明も分かりやすく、悩みに対してもう、親身になったくださり本当に嬉しかったです。時間は、1時間以内。最初に案内していただいた目安で終わります。痛みは我慢できる程度です。(30代女性)
引用:美容医療の口コミ広場

パチンと言うような 痛みは ありましたが、我慢できるもので、このぐらいなら、施術した方が いいと思います。特に肌トラブルもなく、問題はありません。効果を感じる為には、何回が 施術が 必要だと思います。(50代女性)
引用:美容医療の口コミ広場

品川美容外科 フォトシルクプラス

品川美容外科のフォトシルクプラスは、党員のシミ治療では人気ナンバーワン、強力な光パワーで毛穴の開き・シミ・くすみ・ニキビ跡の悩みを解消します。

イタリアのDEKA社の最新機器で色素沈着を改善し、総合的な美白ケアが可能です。

従来のマシーンよりも機器精度がアップし、反応しづらい薄いシミもしっかりキャッチし、原因物質に直接働きかけて、美白肌を目指せます。

料金:7260円 初回 ホホ下全体
※鼻・鼻下・顎を除く
エリア: 北海道・東北・東京・関東・甲信越・中部・関西・四国・中国・九州・沖縄

口コミ

以前より、シミ、肝斑が気になっていて、何度か受けたフォトシルクプラスの効果は実感していたので、誕生月で割引率が高かった為、今回も受けさせて頂きました。

当日からシミが浮き上がり、2~3日シミが濃い状態で、4日目位から取れてきましたが、まだかさぶたが残っている状態です。(40代女性)
引用:美容医療の口コミ広場

もともと肌の色が白く、頬のシミが目立ってしまうため、施術することにしました。

光に反応したシミはすぐに濃くなり、3日程度で剥がれてメイクをして目立たない程度まで薄くなりました。まだ残っているシミはあるので、繰り返し行いたいです。(20代女性)
引用:美容医療の口コミ広場

エルムクリニック フォトフェイシャルM22

エルムクリニックのフォトフェイシャルM22は、ルミナス社の最新のIPLテクノロジー搭載の美白治療法として人気を集めています。

肌への優しさに配慮されており、従来のフォトフェイシャルよりも短時間、安全安心です。

フォトフェイシャルM22の通院頻度は3~4週間に1度、5~6回が一般的です。1回の施術時間は10分~20分程度と短時間です。

支払いはクレジットや医療ローンの3回~60回払いも可能です。

料金:15800円
エリア: 関西・中国・九州

口コミ

時間は30分程で、少し熱さがありましたが我慢できる痛みレベルです。

施術後すぐは少しヒリヒリ感が残っていましたが、日焼け止めを塗って日焼けに気をつけていました。

施術によりシミの部分濃くなっていましたが、4、5日後くらいから薄くなってきました。(30代女性)
引用:美容医療の口コミ広場

M22は、バチッとなにか鋭い光みたいなのが顔にささるような感じで場所によってうっと力が入ることもありましたが、我慢ができる程度でした。

アキュティップは、シミに直接あてる感じで痛みは全然ありませんでした。

最後のクールビタミントリートメントは、手に電極の棒のような物をもって電気を流しながら顔に美容液パックでトリートメントをする感じでした。時間は全部で30分くらいだったと思います。(40代女性)
引用:美容医療の口コミ広場

スキンクリニック 光治療フォトフェイシャル

スキンクリニックの光治療フォトフェイシャルでは、肌診断から治療まで担当医が行っています。通常のフォトフェイシャルと合わせて、イオン導入付きのプランも格安価格で用意されています。

しみ・そばかす・赤ら顔など、肌の複数の悩みを一挙に解消できるのが、スキンクリニックならではの強みです。

美肌成分・コラーゲンの生成をスムーズにし、ハリ肌へと導いてくれます。治療後のダウンタイムがなく、メイク・洗顔もOKです。

料金:6000円(税別) 顔全体1回 イオン導入付き 9500円(税別)
エリア: 東京・関東・東海・関西・九州

口コミ

最近、顔のシミやそばかすが気になってて、どこか美容皮膚科を探してました!しみそばかすに効果あると思ったからです!

またドクターが施術してくれるというのが他の医院にはなくて魅力的だと思いました!

顔にかさぶたはできなかったんですがトーンアップ効果にはなったと思います!(20代女性)
引用:ホットペッパービューティー

冷たいジェルを塗布した後に先生が施術してくださいました。

パチッとはじかれるような痛みが少しありましたが我慢できないという痛みではありませんでした。

途中でも先生がお声掛けしてくださり、安心して受けることができました。

初回価格でお願いいたしましたが、とてもよかったので、次回からはコースでお願いいたします。(50代女性)
引用:美容医療の口コミ広場

城本クリニック フォトフェイシャル

くすみを解消したい方、肌本来の透明感を取り戻したい方にピッタリなのが、城本クリニッのフォトフェイシャルです。

顔全体に光を照射し、気になるシミを集中的に照射、さらに複数回に渡り照射します。

光のショット数が多く、じっくりと時間をかけて肌トラブルを解消し、肌本来の美しさを引き出します。

料金:9800円(税抜)
エリア: 北海道・東北・東京都・関東・中部・北陸・関西・中国・四国・九州・沖縄

口コミ

元々ニキビができやすい体質ではあったのですが、妊娠から出産後まで肌荒れが酷く、この外出自粛期間中に直したいと思って来院しました。

3.4日でフォトフェイシャルで反応したシミがかさぶたのように取れてまだ1回しかやってないのでほんとのすこしですが効果が感じられます。(20代女性)
引用:美容医療の口コミ広場

最近シミが増えてどうしようもなく携帯で探していたときに見つけました。

シミの部分が濃くなっていますが、顔全体がワントーン明るくなった気がします。赤みもとれてスッキリ。顔全体が引き締まりました。

スタッフの皆さまの丁寧さに驚きました。(40代女性)
引用:美容医療の口コミ広場

フォトフェイシャルのデメリット!受ける前に注意!

「今すぐにでもフォトフェイシャルで美肌になりたい」と先走る前に、下記の3つのデメリットについて注意しましょう。

光線過敏の方はかゆみ、発疹、赤みが出るリスクあり

フォトフェイシャルは、肌の悩みを解消したい方なら、どんな肌質の方にも合うというわけではありません。

光のパワーによる美容治療であるため、光線過敏の方が治療を受けると、かゆみ・発疹・赤みが出るリスクがあります。

カウンセリング前に肌質をチェックしてもらい、肌が敏感であることを医師に相談しましょう。

施術後にケアをさぼると色素沈着が起きやすい

フォトフェイシャルの美容治療を受けたら、それで終わりではありません。

むしろ、治療後のアフターケアやセルフケアがもっとも重要になってきます。

治療を受けた後にケアを怠ってしまうと、肌に色素沈着を引き起す原因となるので要注意です。

やりすぎは肌の負担を増やすだけ

フォトフェイシャルのやりすぎは、肌をかえって刺激してしまい、負担を増やしてしまうことになります。

フォトフェイシャルでクリニックに通う頻度、治療回数、どの程度間隔を空けてから通院すれば良いのか、医師と要相談です。

フォトフェイシャルのよくある疑問まとめ

フォトフェイシャルの治療前に解決しておきたい疑問点・回答を4のカテゴリ別に下記の通り紹介します。
脱毛との違いは?
フォトフェイシャルは、にきび・赤ら顔・しみ・そばかすなどの顔の肌の悩みを解消するための美容治療です。一方、脱毛は顔も含めて全身のムダ毛をカットする治療です。

そのため、使われる医療機器にもそれぞれ大きな違いがあります。
いずれも医療機器の光のパワーによる治療法ですが、脱毛治療のほうがレーザーの出力が高いのが特徴です。

顔の肌は敏感なので、脱毛治療のように光の出力を高くすることは不可、肌への刺激を極力抑えて治療が行われます。

一般的に、フォトフェイシャルのIPLの光の波長は695~1200nm程度です。ピンポイントで集中的にレーザーを照射する医療脱毛とは違い、光のパワーが拡散し、広範囲に到達します。
ダウンタイムや期間は?
クリニックで行われる他の治療法と比較すると、フォトフェイシャルのダウンタイムは短いです。

施術中には「痛みはほとんど感じなかった」という人もいれば「パチパチするような痛みを感じた」という人もいます。

短いダウンタイムの間にも人それぞれ個人差はありますが、一時的に肌に症状が出る場合があります。

術後から顔の肌に赤みが出るケースもありますが、数時間後には自然に引いてきます。

また、光をダイレクトにメラニン色素のある部位に照射するため、術後に破壊されたメラニン色素が一時的に目立って見えるケースがあります。

光の照射の強さや使用するマシンの種類によっては、かさぶたのようなものができることがあります。

これらの症状には人それぞれ個人差はありますが、最短で数時間、最長で1週間程度です。
やめると元の肌より汚くなる?
「フォトフェイシャルをいったんやめてしまうと、施術前の肌よりも汚くなってしまうのでは?」という不安の声もよく聞かれます。

結論から言えばケースバイケースですが、肝斑の症状がある人が適切な治療を受けていなかった場合は要注意です。肝斑の症状が出た部位に対して、光のパワーによる刺激で、余計に目立ってしまう可能性があります。

フォトフェイシャルは肝斑を改善するための美容治療ではないので、誤解のないように注意しましょう。
やめると元の肌より汚くなる?
「フォトフェイシャルをいったんやめてしまうと、施術前の肌よりも汚くなってしまうのでは?」という不安の声もよく聞かれます。

結論から言えばケースバイケースですが、肝斑の症状がある人が適切な治療を受けていなかった場合は要注意です。肝斑の症状が出た部位に対して、光のパワーによる刺激で、余計に目立ってしまう可能性があります。

フォトフェイシャルは肝斑を改善するための美容治療ではないので、誤解のないように注意しましょう。
施術の流れは?
・初回来院・医師のカウンセリング

メール・電話で予約して約束の日時に来院し、医師からのカウンセリングを受けます。

肌の悩みにつて相談し、肌質チェックなどを行い、肌の症状に見合うフォトフェイシャルの方法について提案・決定します。

・施術前の準備

クリニックごとに対応が異なりますが、フォトフェイシャルの施術前に専用のジェルなどを肌に塗り、肌を守ります。

・フォトフェイシャルの光を照射

目をアイマスクで保護し、フォトフェイシャルの光を担当医が照射します。

肌質や光の出力レベルによっては、少し刺激を感じることがありますが、軽い程度です。

・施術後はクールダウン

フォトフェイシャルが終わったら、速やかに肌をクールダウンさせます。

ジェルをふき取った後、ひんやりとしたフェイスマスクで顔全体を覆い、肌を保湿します。

・アフターケア・セルフケア

医師の指導に従い、術後は肌に余計な刺激を与えないようにセルフケアが必要です。

紫外線による刺激を受けないように細心の注意を払い、肌を優しくいたわることが重要です。

万が一、術後に肌に異変が生じた場合は、速やかに医師に相談して、適切なアフターケアを受けます。

まとめ

この記事では、クリニックの美容治療としてフォトフェイシャル(IPL)の特徴・期待される効果・クリニック選びのポイントについて説明しました。

合わせてフォトフェイシャル(IPL)でおすすめのクリニック5選について一挙まとめて紹介し、施術内容・価格・実績・口コミについてお伝えしました。

ひとくちにフォトフェイシャルとはいっても、M22・フォトRF・フォトシルクプラスなどの種類があり、クリニックごとに名称が異なる場合もあります。

施術後に美しい肌を手に入れるためには、慎重にクリニックを選ぶことはもちろん、自分の肌の悩みに見合う医療機器を選択することが重要です。

光のパワーを用いたフォトフェイシャルは、肌の症状や肌質によって出力が調整されます。肌が敏感な方や弱い方は、事前に医師に相談しておくと安心です。

残念ながら、肌質・症状によってはフォトフェイシャルの美容治療には適さない人もいます。強い日焼けをした人や光に対するアレルギーがある人、アトピー体質の人、妊娠中の人にはフォトフェイシャルは不向きです。

このような例外的なケースを除き、フォトフェイシャルの施術を受けることはほぼ可能です。

肌への負担がきわめて低くダウンタイムも短時間、低出力の光で1回あたりの施術時間はわずか15分~20分程度です。

複数回に渡り通院が必要ではありますが、通院の頻度は低いので、多忙な方にも安心して続けられるという点では安心感があります。

施術料金や通いやすさなど、さまざまな要素から複数のクリニックを比較してみましょう。自分にピッタリのクリニックを選び、若々しい美肌を手に入れるための第一歩を踏み出してはいかがでしょうか。