なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

米原市商工会女性部主催

「まいばら~未来に伝えたい風景~」
をテーマにした
フォトコンテスト
投票期間:
令和3年12月6日

令和4年1月28日
15:00
「まいばら~未来に伝えたい風景~」
をテーマに作品を募集しました。
ご投票お願いします。

投票受付中!
投票いただいた方の中から、
抽選で1名様に米原市の特産品をプレゼント


このフォトコンテストコンテストについて
米原市商工会女性部では、未来創造事業と題して地域振興のため様々な事業に取り組んでいます。今年度はフォトコンテストを開催し、米原市の魅力を再発見し、広く知っていただこうと思っています。

フォトコンテストの応募作品は、米原市商工会女性部で取り組む地域貢献活動で使用します。
たくさんの方のご投票お待ちしております。
米原市ってこんなことろ!
米原市は滋賀県東北部地域の中心に位置し、日本百名山のひとつである伊吹山とその南には霊仙山がそびえ、総面積の63%を占める森林にたくわえられた水は、清流姉川や天野川となって地域を流れ、母なる琵琶湖に注ぐという、水と緑に包まれた自然豊かな地域です。

米原市には、伊吹山のお花畑、姉川の清流、三島池のマガモ、天野川などのホタル、鮎、醒井のハリヨと梅花藻など美しい自然があり、貴重な動植物の宝庫です。気候は、日本海型気候で、冬季には北西の季節風と積雪がみられます。
伊吹山と醒井の居醒の水を舞台にしたヤマトタケル伝説や、古代豪族息長氏の舞台となるほか、中山道と各宿場、平安時代の高僧・最澄、室町時代の大名佐々木道誉(京極高氏)、戦国時代を代表する秀吉、三成などが活躍するなど歴史の舞台にも度々登場し、数多くの史跡を残しています。(米原市のホームページより引用)


投票方法

STEP
1
投票したい作品を選び、ページ下部「投票する」ボタンをクリック
エントリー作品の中から、投票したい作品を選んでください。
「投票する」ボタンをクリックして、投票ページに移動したら、作品を選んで必要事項を入力してください。


STEP
2
投票完了!
送信ボタンを押したら投票完了です。1回3作品まで投票できます。

プレゼント当選者は抽選で決定させて頂きます。投票ページで名前・住所が未記入の場合は、抽選の対象外とさせて頂きます。
STEP
2
投票完了!
送信ボタンを押したら投票完了です。1回3作品まで投票できます。

プレゼント当選者は抽選で決定させて頂きます。投票ページで名前・住所が未記入の場合は、抽選の対象外とさせて頂きます。
↓ 今すぐ投票 ↓

エントリー作品


No.1
「青龍の滝」

鎌刃城跡の近くにある神秘的な空間です。凛とした空気が漂う場所を撮影しました。アンダーで神秘的な感じを強調してみました。

(撮影場所:米原市番場)
No.2
初めて梅花藻を見たのですが川の中にたくさん咲いていてとてもきれいでした。
 川の水もきれいで太陽の光が差し込み輝いた梅花藻の写真を撮ることができました。
 夏の涼しさを感じることができるきれいな川、かわいい梅花藻をたくさんの方に見ていただきこれから未来にもずっと残ってほしいと思えるような景色でした。

(撮影場所:地蔵川)
No.3
「岩屋善光堂」

(撮影場所:米原市岩脇)
No.3
「岩屋善光堂」

(撮影場所:米原市岩脇)


No.4
(撮影場所:青岸寺)
No.5
伊吹山山頂から琵琶湖を望んで撮影
伊吹山の影が琵琶湖に映る

(撮影場所:伊吹山)
No.6
「醒井峡谷」

写真に写っている光芒は夏の強い日差しと湿度の高い日の早朝に川霧が発生していると光の屈折で見ることができるレアな自然現象です。
中央の一本の木の上から降り注ぐ光の美しさは自然の力強さや優美さを感じ、地元でこのような写真が撮れてうれしく感じました。
米原市は自然豊かな場所であり、このような美しい自然風景がいつまでも残ってほしいと強く思ったのでこの一枚を選びました。

(撮影場所:米原市上丹生)
No.6
「醒井峡谷」

写真に写っている光芒は夏の強い日差しと湿度の高い日の早朝に川霧が発生していると光の屈折で見ることができるレアな自然現象です。
中央の一本の木の上から降り注ぐ光の美しさは自然の力強さや優美さを感じ、地元でこのような写真が撮れてうれしく感じました。
米原市は自然豊かな場所であり、このような美しい自然風景がいつまでも残ってほしいと強く思ったのでこの一枚を選びました。

(撮影場所:米原市上丹生)


No.7

(撮影場所:三島池)
No.8
「米原市朝日からのコスモスと伊吹山」

(撮影場所:米原市朝日)
No.9
「夕方の琵琶湖 鳥帽子岩」
No.9
「夕方の琵琶湖 鳥帽子岩」


No.10
「朝の伊吹山と三島池、澄んだ空気と池の水、水鏡」

(撮影場所:三島池)
No.11
「地蔵川の春の夜」

(撮影場所:地蔵川)

No.12
「秋の青岸寺」

(撮影場所:青岸寺)
No.12
「秋の青岸寺」

(撮影場所:青岸寺)


No.13
「やさしさに包まれて」

辺りが明るくなるとともに、音も立てずにゆらゆらと現れだした毛嵐とともに、夜明けの日差しが森へとかかるとき、すっかり朝晩が冷え切るようになってきたせいなのか、昨夜遊び疲れたせいなのだろうか、池の鳥たちも、テント内の人達も、素敵な光景に包まれながら、ゆっくりとされていました。大らかな森に包まれた、対岸の一日の始まりを収めました。

(撮影場所:三島池)
No.14
「朝もやの伊吹山」

(撮影場所:米原市)

No.15
伊吹山から琵琶湖と夕陽を見る


(撮影場所:伊吹山8合目)
No.15
伊吹山から琵琶湖と夕陽を見る


(撮影場所:伊吹山8合目)


No.16
「茜色の波」

小さな川に覆いかぶさるように、眩しい程の赤色のグラデーションがひろがります。
ここは、桜や水仙の花も植えられていて、春も美しい場所です。
きっと地域の方々が、大切に手入れをされているんですね!

(撮影場所:米原市弥高)
No.17
「春色絨毯」

姉川沿いの桜を見に出かけたところ、芝桜の春色絨毯に出会いました
伊吹山の裾野に広がる春色がとても美しくてしばらく見とれていました

(撮影場所:米原市伊吹(道の駅伊吹の里近く))
No.18
よく訪れる三島池ですが、春の新緑・夏の入道雲・秋の紅葉・冬の雪景色と季節や気象条件や時間帯ごとに色んな風景が楽しめるスポットです。
撮影時は青空の下で燃える様な紅葉と伊吹山がスッキリと見えて気持ちよいロケーションでした。

(撮影場所:三島池)
No.18
よく訪れる三島池ですが、春の新緑・夏の入道雲・秋の紅葉・冬の雪景色と季節や気象条件や時間帯ごとに色んな風景が楽しめるスポットです。
撮影時は青空の下で燃える様な紅葉と伊吹山がスッキリと見えて気持ちよいロケーションでした。

(撮影場所:三島池)


No.19
「戦国ロマン 京極氏館跡、上平寺城跡、ここを通って伊吹山山頂まで」

(撮影場所:米原市上平寺城跡)
No.20
棚田の風景

(撮影場所:米原市甲津原)
No.21
「2度目の雪 晩秋の三島池」

(撮影場所:三島池)
No.21
「2度目の雪 晩秋の三島池」

(撮影場所:三島池)


No.22
(撮影場所:醒井養鱒場)

No.23
「~パッチワーク湯谷~」

米原曳山祭りは湯谷神社の秋季祭礼です。250年の伝統を今までもこれからも守り継いでいく大切な祭りです。そんな湯谷神社の秋は大銀杏、モミジ、イロトリドリの境内が素敵です。ドローンでちょっと違う景色を覗いてみました。

(撮影場所:湯谷神社)
No.24

60年以上続いている老舗の客席からの風景となります。

(撮影場所:醒井楼)
No.24

60年以上続いている老舗の客席からの風景となります。

(撮影場所:醒井楼)


No.25
「~苔むす峡谷~」

身近に自然の風景が楽しめるこの地を
100年先いや1000年先にも残していってほしいものです。

(撮影場所:醒井峡谷)
No.26
新雪の伊吹山と中山道の柏原宿の風景をドローンを飛ばして自宅の上空100m付近で撮影したもの。
真冬の澄んだ空気の中、朝日が綺麗に宿場町の柏原と伊吹山を映えさす。
JR東海の軌道が手前の山を西からクルリと東の柏原駅へとつながっている。

(撮影場所:滋賀県米原市柏原 上空)
No.27
「醒井保育園のお葉付きイチョウ」

色付く頃には21号線からでも一際目を引くほどの大きなイチョウ。
近くに行くとカメラの画面にもおさまらないほどの大迫力でした。

(撮影場所:米原市醒井)
No.27
「醒井保育園のお葉付きイチョウ」

色付く頃には21号線からでも一際目を引くほどの大きなイチョウ。
近くに行くとカメラの画面にもおさまらないほどの大迫力でした。

(撮影場所:米原市醒井)


No.28

「三島池の大きな灯籠と冠雪の伊吹山そして手前にある赤く色付いた紅葉」

11月28日の朝目覚めると天気は快晴でした。そこで秋の紅葉を求めて三島池に行くと伊吹山の頂上付近は冠雪で白くなっていました、三島池の畔にある紅葉が赤く色付いて居たので冠雪した伊吹山と赤く色付いた紅葉を一枚の写真に残しました。

(撮影場所:三島池)
No.29

ここには大きな銀杏の木があります。
その銀杏の木の下で落ち葉遊びをしました。

(撮影場所:米原市甲賀 白山神社)
No.30

早朝の朝日があたった真っ赤な紅葉が綺麗でした。

(撮影場所:米原市池下 三島池)
No.30

早朝の朝日があたった真っ赤な紅葉が綺麗でした。

(撮影場所:米原市池下 三島池)


No.31

朝の優しい光の中、くるくる表情を変える景色や、
水面に映る逆さ伊吹の美しさに癒されていました。
いつ訪れても感動を覚える場所。
これからも四季を通して眺めていたい素敵な三島池です。

(撮影場所:三島池)
No.32
朝靄の立ち込める早朝の新幹線、農地におかれていた農機具とともに田園風景を撮りました。

(撮影場所:米原市菅江からみる新幹線)
No.33

地蔵堂の屋根に落ちた銀杏の黄色い葉とオレンジ色の紅葉が色付いて綺麗でした。地域を見守って下さるお地蔵様、大切にしたいですね。

(撮影場所:米原市醒井 醒井地蔵堂)
No.33

地蔵堂の屋根に落ちた銀杏の黄色い葉とオレンジ色の紅葉が色付いて綺麗でした。地域を見守って下さるお地蔵様、大切にしたいですね。

(撮影場所:米原市醒井 醒井地蔵堂)


No.34

琵琶湖一面圧倒されるぐらいのひつじ雲 
夕日で水面がオレンジ色になりました。
なかなか見られない夕方の風景でした。

(撮影場所:米原市磯  烏帽子岩)

No.35
醒ヶ井の地蔵川を散策していたところ、とても大きく立派な銀杏の木がありま
した。日が当たって葉がとても綺麗でした。国の天然記念物ということでした
ので、思わずシャッタを切りました。

(撮影場所:米原市醒井 了徳寺)
No.36
伊吹山の広大な美しい景色を目の前にロードバイクで立ち向かう時、気持ちにスイッチが入る瞬間が気持ち良くて私のサイクリングコースにしてます。
肌で感じる広大なスケール感と達成感がたまらないです。

(撮影場所:米原市春照 いちかわ倉庫付近の県道)
No.36
伊吹山の広大な美しい景色を目の前にロードバイクで立ち向かう時、気持ちにスイッチが入る瞬間が気持ち良くて私のサイクリングコースにしてます。
肌で感じる広大なスケール感と達成感がたまらないです。

(撮影場所:米原市春照 いちかわ倉庫付近の県道)


No.37
真夏の早朝の醒ヶ井渓谷は湧き上がる川霧に朝日が射して幻想的でした。

(撮影場所:米原市上丹生 醒ヶ井渓谷)

No.38
米原のシンボルでもある伊吹山。
霊仙山から朝陽に照らされた伊吹山はとても美しい姿でした。
雪登山でホワイトアウトからのこの景色には感動しました。

(撮影場所:霊仙山)
No.39
(撮影場所:上丹生チューリップ畑)
No.39
(撮影場所:上丹生チューリップ畑)


No.40

「今日はママ業、OFFです。」

いつもは子供さんの姿を元気に追いかけるカメラママ。
今日は雰囲気違うね。今日はしっとり大人の撮影を。

(撮影場所:青岸寺)
No.41
緊急事態宣言下、密にならないこの場所で、県内のバイク仲間だけで集まりました。9月上旬でも秋の風を感じられ、気持ちの良い時間が過ごせました。

(撮影場所:米原市上野付近 伊吹山山麓)
No.42
米原市の春の風物詩となって来ました、上丹生のチューリップ畑です。
毎年、秋にボランティアやチューリップの区画オーナーの手によって植え付けられ、春には色とりどりの花で、多くの人たちをを出迎えてくれます。
癒やしと笑顔を与えてくれる、東洋一小さなチューリップ園です。条件が揃うと、桜、菜の花、チューリップの花が同時に楽しめます。

(撮影場所:米原市上丹生 上丹生チューリップ畑)
No.42
米原市の春の風物詩となって来ました、上丹生のチューリップ畑です。
毎年、秋にボランティアやチューリップの区画オーナーの手によって植え付けられ、春には色とりどりの花で、多くの人たちをを出迎えてくれます。
癒やしと笑顔を与えてくれる、東洋一小さなチューリップ園です。条件が揃うと、桜、菜の花、チューリップの花が同時に楽しめます。

(撮影場所:米原市上丹生 上丹生チューリップ畑)


No.43

「村花火」

8月志賀谷で打ち上げられた花火、行ってみると伊吹山には登山客の灯りがキラキラ。何より星が綺麗な村でした。

(撮影場所:米原市志賀谷)
No.44
平成元年に、地元の中学校卒業記念で植樹されました。
四季を通じ、世代を越えて、愛され癒される散歩道です。

(撮影場所:新庄桜並木道)
No.45
可愛らしい梅花藻の花がたくさん咲いていました。シーズンの終わりで他に人はおらず、川の流れる音だけが聞こえるという環境で、梅花藻を楽しむことができました。

(撮影場所:米原市・醒井地蔵川)
No.45
可愛らしい梅花藻の花がたくさん咲いていました。シーズンの終わりで他に人はおらず、川の流れる音だけが聞こえるという環境で、梅花藻を楽しむことができました。

(撮影場所:米原市・醒井地蔵川)


No.46
(撮影場所:甲津原集落内にある川)
No.47
松尾寺紅葉

(撮影場所:松尾寺)
No.48
成菩提院、歴史が変わった場所

(撮影場所:米原市柏原 成菩提院(円乗寺))
No.48
成菩提院、歴史が変わった場所

(撮影場所:米原市柏原 成菩提院(円乗寺))


No.49
氏神さま

(撮影場所:日撫神社)
No.50
2021はアマビエ、2022は?

(撮影場所:上丹生チューリップ畑)
No.51
醒ヶ井の梅花藻が咲いている小川で撮影しました。撮影は、水中カメラで行いました。
朝から撮影していたのですが、日が差してくると花が次々に開花していき、昼前にはたくさんの花が咲き、美しい光景でした。

(撮影場所:醒ヶ井)
No.51
醒ヶ井の梅花藻が咲いている小川で撮影しました。撮影は、水中カメラで行いました。
朝から撮影していたのですが、日が差してくると花が次々に開花していき、昼前にはたくさんの花が咲き、美しい光景でした。

(撮影場所:醒ヶ井)


No.52
五月連休のある日、琵琶田川沿いに琵琶湖までわんこと散歩に出かけ、夕焼けと水田に写し出された夕焼けの美しさにみとれてしまいました。コロナ渦で気分も沈みがちな頃、勇気づけてくれるような夕焼けでした。

(撮影場所:宇賀野の琵琶田川付近)


No.53
「赤伊吹」

(撮影場所:グリーンパーク山東の東野側)


No.54
空高く飛んで行こう

(撮影場所:三島池)
No.55
色とりどりの紅葉が出迎えてくれます。
是非、秋を満喫しに来てくださいね。

(撮影場所:醒ヶ井渓谷から醒ヶ井養鱒場に向かう道)
No.56
伊吹山に雪が積もる前の秋、夕日に照らし出され紅葉と共に黄金に輝く日本百名山伊吹山を米原市三島池より撮影。

(撮影場所:三島池)
No.57
黄金の紅葉

(撮影場所:青岸寺)
No.54
空高く飛んで行こう

(撮影場所:三島池)


↓ 今すぐ投票 ↓

フォトコンテスト概要

投票期間 令和3年12月6日~令和4年1月28日
プレゼント抽選賞品 米原市の特産品(投票いただいた方の中から抽選で1名様)
投票条件 ・ご投票は日本国内に在住の方に限らせていただきます。
・本コンテストの規約にご同意いただいた方。なお、投票された時点で本規約に同意したものとみなします。
個人情報の取扱いについて ・投票した際にご連絡いただく住所・氏名・電話番号は、当選後の連絡や賞品発送のために使用いたします。
・その他、個人情報に関しては、本コンテストの運営に必要な範囲内で利用します。
プレゼント抽選結果について ・投票締め切り後、抽選のうえ当選者を決定します。
・発表は当選者への連絡をもって代えさせていただきます。
・当選の権利はご本人様のもので、第三者への譲渡や換金はできません。
・賞品の換金・清算には応じられません。
投票結果 令和4年2月頃採用者に通知するほか、米原市商工会ホームページにて発表。
投票結果について ・投票締め切り後、投票結果と米原市商工会女性部にて審査を行います。
・発表は令和4年2月頃に受賞者に通知するほか、米原市商工会ホームページ(https://r.goope.jp/maibarasci)に掲載します。
・受賞の権利はご本人様のもので、第三者への譲渡や換金はできません。
主催 米原市商工会女性部
お問い合わせ先 米原市商工会
住所:〒521-0012 滋賀県米原市米原1016番地 米原市役所2階
電話:0749-52-0632
FAX:0749-52-3045
メール:info@maibara.net
ホームページ:https://r.goope.jp/maibarasci
開館時間:平日8:30~17:15
プレゼント抽選結果について ・投票締め切り後、抽選のうえ当選者を決定します。
・発表は当選者への連絡をもって代えさせていただきます。
・当選の権利はご本人様のもので、第三者への譲渡や換金はできません。
・賞品の換金・清算には応じられません。
プレゼント抽選結果について ・投票締め切り後、抽選のうえ当選者を決定します。
・発表は当選者への連絡をもって代えさせていただきます。
・当選の権利はご本人様のもので、第三者への譲渡や換金はできません。
・賞品の換金・清算には応じられません。