Phoenix  contribution project
PHOENIX  CLUB JAPAN
Phoenix contribution
台湾にて、ポート事業説明会
2017年4月
福原 ヨシ子社長を先導に、
213名が参加

経営理念

フェニックスコントリビューションプロジェクトCONTRIBUTIONとは「社会貢献」を意味します。

我々は、社会貢献型(コントリビューション)プロジェクトで、加算ではなく乗算の貢献ポイントを増やしていきます。

あなたは主体性を持ってこのプロジェクトに参加する事で、見返りに多大な恩恵を受ける事ができるようになります。

フェニックス社は、人が人に対して貢献し、相互補助の精神で自分の夢を達成できる環境を提供します。

事業案内

我が社は、本物の事業・既に確実に形がある事業を世の中に紹介する事で、アフェリエイト収入が得られる仕組みを構築しました

いくつかある事業の中で、我々が最も注目するのはオフショアのセイシャル諸島に本社を構えるフェイシャル社です。アジア圏で特にバタム島、香港、コモロ諸島で不動産、金融などを手掛けている会社とタイアップして様々な事業を展開しています。

このように、本稼働している事業の中からセレクトして皆さんの広告収益にできるように、様々な情報を発信しております。

定期的に会員様に最新情報をお届けし、皆様が事業の広告活動をしていく事により、社会貢献に参加しながらご自身の人生の夢をかなえる事ができる仕事を提供します。

事業案内

我が社は、本物の事業・既に確実に形がある事業を世の中に紹介する事で、アフェリエイト収入が得られる仕組みを構築しました

いくつかある事業の中で、我々が最も注目するのはオフショアのセイシャル諸島に本社を構えるフェイシャル社です。アジア圏で特にバタム島、香港、コモロ諸島で不動産、金融などを手掛けている会社とタイアップして様々な事業を展開しています。

このように、本稼働している事業の中からセレクトして皆さんの広告収益にできるように、様々な情報を発信しております。

定期的に会員様に最新情報をお届けし、皆様が事業の広告活動をしていく事により、社会貢献に参加しながらご自身の人生の夢をかなえる事ができる仕事を提供します。

バタム島について

成長の三角地帯
シンガポールと国境を接するマレーシア南部ジョホール州、そしてバタム島を含むリアウ諸島州 の国境をまたぐ地域は 1990 年代以降、経済圏構想「成長の三角地帯」として注目を集めた地域だ。 しかし、 20 年以上を経た今、その名称を耳にすることは少ない。ただ、最近になってシンガポー ルの経営コストの高騰を受け、対岸のジョホール州に製造拠点を移す動きが再び加速している。そ して、 2000 年代に企業の撤退も相次いだバタム島でも近年、製造現場を取り巻く状況が変化しつ つある。成長の三角地帯とかつて呼ばれた地域の現状を、日系企業の動きを含めて報告する。

※本稿は、ジェトロの通商弘報に 2015 年 5 月 26~29 日に掲載された原稿をまとめたものである。

バタム島のインドネシア国内における経済的地位

バタム島は、リアウ諸島州を構成する島の 1 つで、スマトラ島の西海岸中央付近、また、 シンガポールの南約 20km に位置する。バタムの 2010 年の名目 GDP は 47.3 兆ルピア、イ ンドネシア全体の 1%程度の規模である。

シンガポールに隣接する地理的優位性から、バタム島はシンガポールへの輸出加工拠点 として発展してきた。1971 年に工業地域に指定され、当初、主に石油・ガス関連産業を中 心に開発が始まった。以後、1978 年にはバタム島全域が保税地区に、2007 年には自由貿易 地域(Free Trade Zone, FTZ)に指定され、輸出型産業向けの恩典を用意し、シンガポールや 日本企業をはじめとする外資企業の誘致を進めてきた。

インドネシア政府は、2006 年にバタム島および近隣のビンタン島、カリムン島の経済特 区化推進についてシンガポール政府と協定を結んでいる。投資手続の簡素化などで協力す ることを通じ、シンガポールの資金や技術の同地域への更なる誘致を狙うもので、シンガ ポールにとっては、近接するバタム島でインドネシアの安価な労働力を活用し、競争力を 高めることを狙いの一つとしている。

バタム島は、輸出産業にとっては税務上の恩典などがあり、進出のメリットがある。一 方で、バタム島から他の関税地域に商品を販売する場合には付加価値税等を納付する必要 があり、自由貿易地域としてのメリットは少ない。ジャカルタを中心に勢いを増す内需を ターゲットとする業態にとっては、消費地から遠いこともあり、現在のところはまだ魅力 は少ないと考えられる。

日系企業進出動向

2011 年 6 月までのバタム島への FDI 総額(実行ベース)は約 60 億ドル、進出外資企業数 は約 1,300 社である。代表的な工業団地としては、島中央部に位置する Batamindo Industrial Park は、シンガポールの政府系企業セムコープ社が開発・運営する工業団地で、総面積、 進出企業数でバタム島内最大級であり、日系企業も数多く進出している。

バタム島に進出している日本企業の業種では、電気・電子部品製造が多く、シンガポー ルを経由して日本やその他の国々に輸出している。

バタム島のインフラと物流

【電力】バタム島の電力供給は比較的安定しており、停電はあまり発生していない。ただ し、電圧は不安定で、そのまま精密機械を利用するには無理がある。また、電気料金が高 いとの声が多く聞かれた。

【水道】島内に大きな川や湖など天然の水源がないため、大規模な貯水池を作り、水道水 を供給している。バタム島内で現在稼動している貯水池は 6 ヶ所で、総貯水量は約 1 億m3、 供給能力は、1 秒あたり 2,640 リットルである。
【道路】道路事情では、ジャカルタのような渋滞が発生することはなく、車での移動はス ムーズである。バタム島自体がそれほど大きくなく、各工業団地から港や空港までの所要 時間も 30 分から 1 時間程度である。

【港湾】港湾については、4 つの商港があり、その中で最大の Batu Ampar 港は、水深 6~12m、 積載重量トン数 3.5 万トンのコンテナ船が入港可能である。
これらの商港の他に、シンガポールやマレーシア、他の国内港とをつなぐフェリーター ミナルが 6 ヶ所ある(1ヵ所は商港と併設)。 

【空港】バタム島には Hang Nadim 国際空港があり、ジャカルタを始めとする国内各都市と の間で航空便が就航している。ジャカルタ/バタム便は所要約 1 時間半で毎日数便が運航 されている。日本との直行便はなく、国際便としては、マレーシア航空と系列格安航空会 社のファイアフライ航空がクアラルンプール近郊のセバンとの間に共同運航便を運航して いる。

バタム島のインドネシア国内における経済的地位

バタム島は、リアウ諸島州を構成する島の 1 つで、スマトラ島の西海岸中央付近、また、 シンガポールの南約 20km に位置する。バタムの 2010 年の名目 GDP は 47.3 兆ルピア、イ ンドネシア全体の 1%程度の規模である。

シンガポールに隣接する地理的優位性から、バタム島はシンガポールへの輸出加工拠点 として発展してきた。1971 年に工業地域に指定され、当初、主に石油・ガス関連産業を中 心に開発が始まった。以後、1978 年にはバタム島全域が保税地区に、2007 年には自由貿易 地域(Free Trade Zone, FTZ)に指定され、輸出型産業向けの恩典を用意し、シンガポールや 日本企業をはじめとする外資企業の誘致を進めてきた。

インドネシア政府は、2006 年にバタム島および近隣のビンタン島、カリムン島の経済特 区化推進についてシンガポール政府と協定を結んでいる。投資手続の簡素化などで協力す ることを通じ、シンガポールの資金や技術の同地域への更なる誘致を狙うもので、シンガ ポールにとっては、近接するバタム島でインドネシアの安価な労働力を活用し、競争力を 高めることを狙いの一つとしている。

バタム島は、輸出産業にとっては税務上の恩典などがあり、進出のメリットがある。一 方で、バタム島から他の関税地域に商品を販売する場合には付加価値税等を納付する必要 があり、自由貿易地域としてのメリットは少ない。ジャカルタを中心に勢いを増す内需を ターゲットとする業態にとっては、消費地から遠いこともあり、現在のところはまだ魅力 は少ないと考えられる。

支援者の方々の声

子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 女性
若者たちからお年寄りまで、楽しく暮らせ、それぞれの夢を実現できる支援をしたいと思っています。
募金が、バタム島に関わる方々の支援になればと思い参加させて頂きました。
20代 男性
世界の成長三角地帯と言われるポート事業が盛んな バタム島を中心に、夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 賛同する日本企業も多く、事業の発展を期待してます。一般的に、募金はどのように使われるかは、まだ理解してませんが、現地からの報告から、今後、発展都市と成るでしょう。
海外不動産や港貨物事業、フィンテック等を勉強しながボランティア活動に貢献出来て、自分たちの夢も実現できれば良いなと思い参加いたしました。

20代 女性
海外不動産や港貨物事業、フィンテック等を勉強しながボランティア活動に貢献出来て、自分たちの夢も実現できれば良いなと思い参加いたしました。

20代 女性
港所有者とも課題を共有しながら
私たちは「焦らず、あわてず」前進します
私達の活動にご賛同いただける方は是非一緒に挑戦していきませんか
まずはお気軽にお問い合わせください