ファルマスタッフで大手調剤薬局に転職した体験談

私は39歳の男性薬剤師です。

大学を卒業後は大手ドラッグストアに入社し、複数の店舗に勤務して調剤業務などを経験してきました。

しかし、ドラッグストアでの仕事内容に悩みを抱くようになり、30代半ばで転職を考え、36歳で大手調剤薬局に転職しました。

その際に利用したサービスが、ファルマスタッフです。

こちらの体験談では、下記について紹介したいと思います。

  • コンサルタントと面談したときに私が相談した内容
  • コンサルタントがどのようなアドバイスをしてくれたか
  • どのような経緯で調剤薬局に転職することを決断したのか

私が転職を考えるようになった経緯

私は大学を卒業後、大手ドラッグストアに入社し、数年おきに複数の店舗に異動しながら、調剤業務や服薬指導などの薬剤師業務をこなしてきました。

しかし、ドラッグストアでの業務は、薬剤師としての仕事だけではありません。

病院やクリニックで処方箋をもらった患者さんの多くは、調剤薬局に出向いて薬を処方してもらいます。

ドラッグストアに立ち寄って、薬を処方してもらう患者さんは少ないです。

おそらく、病院やクリニックの患者さんの10%にも満たない比率でしょう。

このため、ドラッグストアでの薬剤師としての仕事だけでは、必然的に時間が余ってしまうのです。

しかし、遊んでいるわけにはいきませんし、ドラッグストアはできるだけ社員を効率的に働かせたいと考えています。

そのため、お昼休みの時間帯や夕方の休憩時間帯などは、交代で薬剤師もレジに立ち、販売業務をこなさなければなりません。

また、ドラッグストアは薬だけでなく、大量の日用品も扱っていることから、薬剤師も仕入れた商品の検品作業や棚への品出しを行っていました。

このような日常業務を10年近くこなしていたのですが、30代半ばになり「自分はいったい、なんのために薬学部を卒業して薬剤師になったのか…」と思い悩むようになりました。

薬剤師としては、1日あたり3~5人程度の患者さんの対応しかしていませんでした。

それだけドラッグストアには患者さんの来店が少ないのです。

30代になって自分の家庭を持つようになり、自分は何を目的として働いているのかというストレートな疑問が私の前に立ちはだかったのです。

そして、やはり「調剤業務や服薬指導などの薬剤師業務に専念したい」と強く考えるようになり、転職を決意したのでした。

ファルマスタッフのコンサルタントに相談

転職したいと決意しても、どのような職場で働くことがベストな判断なのか、自分では結論を出すことができませんでした。

そこで、ファルマスタッフに登録することにしました。

私の大学時代の同級生がファルマスタッフを利用して転職した経験があり、コンサルタントが良いアドバイスをしてくれると言っていたからです。

ホームページ上から登録したあと、さっそく担当のコンサルタントと面談することになりました。

私は率直に転職したい理由を説明し、自分ははたしてどのような職場で働けば良いのかを相談しました。

すると、コンサルタントからは「薬剤師の業務といっても、いろいろありますね。具体的にはどのような仕事内容を希望していますか?」と尋ねられました。

私はそれまで漠然と、調剤業務や服薬指導を念頭に置いていたため、そのように答えました。

コンサルタントは「医療業務に携わる考えはないということですね。例えば、病院に勤務して病院薬剤師となり、医師や看護師とともにチーム医療にかかわるなどです」と尋ねてきました。

私は「それは考えたことがないです。それにチーム医療に関与できるほどスキルはないと思います…」と答えました。

さらに、コンサルタントからは「それでは、薬剤師として在宅医療にかかわる考えもお持ちではないですね」と尋ねられたため、私は「はい」と答えました。

この時点で、私はあまり薬剤師として自分が何をやりたいのか、真剣に考えていなかったかもしれないと思い、恥ずかしくなりました。

自分が転職すべき職場は大手の調剤薬局だ

ファルマスタッフのコンサルタントとの面談は長引きました。今思えば、私の適性を見てくれていたのだと思います。

コンサルタントからは「調剤業務や服薬指導をメインの仕事にされるのでしたら、調剤薬局に勤務するか、開業医のクリニックや大病院に勤務する選択肢となりますね」と言われました。

私は「調剤薬局に勤務する場合と、病院やクリニックに勤務する場合では、どのような違いがありますか」と尋ねました。

すると、コンサルタントは「クリニックは経営者の医師が引退したら、あなたは再び転職することになるため、お勧めできませんね」と言いました。

「病院であれば経営破綻の可能性は低いですが、薬剤師としての年収が増えていくことも考えにくいですね。少子高齢化にともなって、政府は社会保障費を増やしたくないと考えていますから」とアドバイスしてくれました。

そこで、私は「すると、残る選択肢は調剤薬局ですか」と尋ねました。

コンサルタントは「とくに、大手調剤薬局なら経営面で安泰だと思います。企業規模が大きくなればなるほど、年々年収が増えていく可能性が高まりますし、倒産する可能性は低いです。それに、あなたが望む調剤業務や服薬指導に専念することができます」と言ってくれました。

ここまでコンサルタントと話し合ったうえで、私は自分が転職すべき職場は大手の調剤薬局だと確信を持つに至りました。

そして、複数の求人案件を紹介してもらい、無事、転職に成功することができたのでした。

ファルマスタッフのコンサルタントと1時間30分程度と長い時間話し合いましたが、じっくり相談したおかげで私は自分に適した職場に移ることができました。